【iOS12でも!】iPhoneが「遅い」「重い」のはなぜ?!原因と簡単解消方法!

【iOS12でも!】iPhoneが「遅い」「重い」のはなぜ?!原因と簡単解消方法!

公開日:2018/3/6更新日:2020/11/10
facebook
twitter
line

iPhone利用者が多く使うのが、種類豊富なアプリです。無料でも使える便利なアプリが続々と登場し、ついインストールしたくなりますよね。最新情報が入手できるニュースアプリや、投稿や閲覧を楽しむSNSアプリなど、毎日利用していても飽きないものばかり。

お店選びやショッピングもiPhoneがあれば、すぐに調べられて予約まで完了できます。防災のためのアプリもあるので、避難具に電池の簡易充電器を入れておくのもおすすめです。知らない土地で道に迷っても、地図アプリがあればナビまでしてくれます。iPhoneは利用範囲が広い分、動作が遅いとイライラしてしまいますが、その原因は使い方にあるかもしれません。

iPhoneが遅い、重いと感じる原因別に解消方法を確認していきましょう。

0

アップルがiPhoneを意図的な低速化を謝罪

各国で騒ぎとなったiPhoneの意図的な低速化問題。発端は「旧機種の劣化したバッテリーを交換したら動作が快適になった」という報告が相次いだことです。これを受けて、アップルは2017年12月に、古くなったバッテリーのiPhoneのパフォーマンスについて正式に謝罪しています。

バッテリーが劣化したiPhoneの速度低下が発生

アップルは意図的に寿命を縮めたのではなく、バッテリーの劣化が激しい、古い機種でアップデートを行うと、意図的に速度抑えるようにしています。これはiPhoneの予期せぬシャットダウンを防ぐためと説明。パフォーマンスを管理し速度低下が発生したと発表しています。

この管理によって動作に影響が起きています。そのため、バッテリー交換で改善する場合もあります。

アップルがバッテリー交換の値下げ

疑念を感じたユーザーの信頼を取り戻すため、アップルがバッテリー交換の値下げを決定しました。対象は、iPhone6以降でバッテリー交換が必要な保証対象外のiPhoneです。8,800円から値下げし、3,200円でバッテリー交換を実施。全世界で2018年12月まで継続されます。

2019年1月からのバッテリー交換代は、iPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXS MAX、iPhoneXRは7,800円、その他のモデルは5,400円になっています。

iPhoneの「重い」「遅い」原因と解消方法1~5

iPhoneの動作が重くてフリーズしたり、遅くてなかなか進まないとイライラしますよね。原因によっては、簡単な解消方法で改善することも。どんな原因と解消方法があるかチェックしていきましょう。

原因1:よく使うアプリの強制終了

iPhoneでマルチタスク状態のアプリは起動したままだからバッテリーが減ってしまうと思い、強制終了させていませんか?アップルの公式ページには、アプリは開いたままの状態ではなくマルチタスクで操作できるようにスタンバイモードになっていると明記されています。いつも使っているアプリを強制終了したり起動したりすると、そのたびに画面が点灯してバッテリーを消費することになり逆効果です。

解消方法1:反応しなくなったアプリのみ強制終了
反応しなくなったアプリに関しては、アップルの公式ページで強制終了をすすめています。ホームボタンを2回押すとアプリが表示されるので、強制終了したいアプリ選んで下から上に向かってスワイプさせれば完了です。

原因2:不要なファイルがメモリを圧迫

iPhoneにファイルを大量に入れているとメモリを圧迫します。どれくらいストレージが空いているか確認してみましょう。1GB以下になっていたら、メモリがパンパンでiPhoneの動作に影響が出ている原因かもしれません。

解消方法2:不要なメモリを解放
メモリがいっぱいになったiPhoneを軽くするためには、2つの方法があります。1つ目は、「ストレージを増やす」方法です。有料でストレージを増やすことができます。2つ目は、メモリを解放する方法です。メモリを圧迫している大容量ファイルを削除し、ストレージの容量を空けましょう。

原因3:アプリのバックグラウンド更新が通信量に影響

たくさんのアプリを使っている場合は、「バックグラウンド更新」に注意しましょう。アプリを起動していないときにもバックグラウンドで更新され、メモリやデータ通信量に影響します。

解消方法3:アプリのバックグラウンド更新をオフ
更新が必要ないアプリについて、バックグラウンド更新をオフにしましょう。設定から一般を選択し、「APPのバックグラウンド更新」に進みます。アプリが表示されるので、不要なものをオフにしてください。

原因4:視覚効果による負担

iPhoneには、モーションエフェクトという視差効果が利用されていて、動作に影響している可能性があります。また、iPhoneには背景が透けて見える視覚効果も使われているので、端末に負荷をかけているかもしれません。どちらもオフにして負荷を軽減しましょう。

解消方法4:視覚効果をオフ
視差効果を減らすためには、設定の一般からアクセシビリティに進みます。「視差効果を減らす」をオンにすれば完了です。透明度を下げるには、「コントラストを上げる」を選択して「透明度を下げる」をオンにしましょう。

原因5:iCloudの同期によるメモリ消費

iCloudは、写真やビデオなどを安全に保存でき、デバイスで最新状態を保存できる機能です。iPhoneを紛失したときにも使えて万が一のときに便利ですが、定期的に同期してバックアップしメモリを消費するのが難点。iPhoneが重い原因はiCloudの同期による可能性があります。

解消方法5:iCloudの同期をオフ
iCloudの同期が原因で重くなっている場合は、機能をオフにすることで対処できます。まず設定からiCloudを選択します。iCloudを使用しているAPPが一覧で表示されるので、必要ないものをオフにしましょう。写真をオフにすると共有できなくなったり、メモが削除されたりするので注意してください。

iPhoneの「重い」「遅い」原因と解消方法6~10

iPhoneが重くなったり遅くなったりする原因は、まだあります。iPhoneは機能が充実している分、使わないものも少なくありません。必要ない機能が通信機能を使っていると、iPhoneの動作に影響を与えるもとになります。

原因6:SpotlightやSiri検索、AppのGeniusが影響

Spotlight検索は、iPhone内のアプリや連絡先などをすぐに検索できるツールです。iOS9以降のiPhoneには、ユーザーに合わせて検索候補を導き出す「Siriの検索候補」という機能がついています。また、App Storeでおすすめアプリが表示される「Genius for Apps」という機能にも注意が必要です。この機能が位置情報サービスを使用するため動作が重くなります。

解消方法6:SpotlightやSiri検索、App Geniusを無効化
設定から一般を選択し、Spotlight検索に進みます。検索結果に必要ないものをオフにしましょう。Siri検索もこちらで無効化が可能です。Genius for Appsのようなおすすめ表示の機能オフは、 iTuens Store/App Storeから行います。Apple IDを表示し「パーソナライズされたおすすめ」をオフにすれば完了です。

原因7:Safariによるメモリ消費

iPhoneではSafariを使っているときに不具合が起こることも。Safariで気になる記事をたくさん開いたままでアプリを終了していると起こりやすい現象です。開いておいたタブをすぐに読めるので便利ですが、メモリを大きく消費するので動作に影響が出る可能性があります。

解消方法7:Safariのキャッシュをクリア
まずSafariで開いたままのタブを全て閉じ、次にキャッシュをクリアします。設定からSafariを選び、「履歴とWebサイトデータを消去」をタップすれば完了です。最後に画面一番下の詳細からWebサイトデータを選び、「全Webサイトデータを削除」をタップ。保管されたCookieのデータも全て削除できます。

原因8:キーボードの機能と変換学習で動作に影響

iPhoneのキーボードは、変換学習の機能があり予測変換データが溜まっていきます。使い続けるほど、データの蓄積量が増えるので、遅いと感じたり重くなったりする原因となるのです。

解消方法8:キーボードの機能オフと変換学習のリセット
機能オフは設定から一般、キーボードへと進み、不要な項目を全てオフにすれば完了です。変換学習で蓄積されたデータのリセットは、設定から一般、リセットに進みます。キーボードの変換学習をリセットを選択し、キーボードの変換学習をリセットしてパスコードを入力。「辞書をリセット」をタップすれば完了です。

原因9:バッテリーの劣化

iPhoneのバッテリーの劣化が動作に影響して動作が遅くなることもあります。iPhoneの設定からバッテリーを選択し、「バッテリーの状態(ベータ)」で現状を確認しましょう。

解消方法9:バッテリーの交換
バッテリー交換はApple Storeで行います。Appleの製品限定保証もしくは、AppleCare+の保証対象となっていれば、無料で交換可能です。AppleCare+の加入有無は、サポートページ「保証状況を確認する」に端末のシリアルナンバーを入力して調べられます。バッテリー交換するときは、Apple Storeに行く前にAppleサポートに連絡してバッテリーを予約しましょう。
バッテリー交換することで、速度が改善する場合もあります。

原因10:はっきり原因がわからない場合

iPhoneが重くなる原因と予想して解消方法を試しても改善しなかった場合、どうしたら良いのか困ってしまいますよね。アップデートした直後に動作が遅くなることもあり、はっきりとした原因がわからないケースは少なくありません。

解消方法10:再起動と初期化を試行
原因がわからない場合は、再起動と初期化を試行してみましょう。再起動で改善されないときは、初期化して設定をリセットします。初期化する前にバックアップを取っておきましょう。iPhoneの初期化を実施することで、データが全て消去され工場出荷時の設定に戻ります。

iPhoneの通信速度が遅い原因

iPhoneは、データ通信が規定量に達すると通信速度に制限がかかります。ドコモ・ソフトバンク・auともに同じ条件が設定されている規制です。1つ目は、「3日間で1GBの通信をすると、翌朝まで通信速度制限をかける」こと。2つ目は、「1カ月間に7GBの通信をすると、請求の締日まで通信速度制限をかける」ことです。通信速度制限がかかると携帯キャリアからメールが届くので確認してみましょう。

iPhoneの通信速度が遅いときの解消方法

通信速度制限の解除を待てない場合の1つ目の解除方法は、「有料オプションを使って通信使用料をチャージする」ことです。有料でデータ使用量をチャージできます。2つ目の解除方法は、「キャリアのデータ通信を使わずにWi-Fiを利用する」こと。制限量をオーバーすることが多く通信速度が遅い場合は、ポケットWi-Fiを持つなど、Wi-Fiで通信するのがおすすめです。

最新のiOS12端末の「遅い」を解決する方法

iOS12は、2018年9月18日に配信された最新のiOSです。さまざまな機能が追加されましたが、iPhoneXやiPhone8以前に発売された旧機種では、「動作が遅くなった」「アプリが落ちてしまう」などのストレスを感じることがあるようです。ここでは、上述した解決方法を実施してみても遅いと感じた方向けに、iOS12端末の動作低下の対処法について解説していきます。

解決方法1:アプリを再インストールする

FacebookやYouTube、TikTok、ゲームなどは動作が重くなりやすいアプリの代表です。動作を改善するためには、アプリを削除し、再インストールしてみてください。

解決方法2:アプリのアップデートを確認する

動作の低下はアプリの不具合によって引き起こされている場合があります。アプリが最新版にアップデートされているかどうか確認しましょう。

解決方法3:Bluetoothをオフにする

旧機種でBluetooth機能を使うとメモリと電池を多く利用するため、動作が遅くなりがちです。Bluetooth機能を使用しないときは、「設定」から「Bluetooth」をタップし、接続を解除しておきましょう。

解決方法4:不要なアプリを削除する

不要なアプリがストレージを圧迫し、動作が遅くなっている場合があります。どのくらい圧迫しているかは、「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」から確認できます。不要なアプリを削除すると動作が改善します。

解決方法5:iOSデバイスを初期化する

さまざまな対策をしても動作が改善しない場合には、初期化するのも一つです。「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」の操作で初期化してみてください。初期化前には、データのバックアップをとっておきましょう。

解決方法6:iOSをダウングレードする

旧機種は、最新のiOSにすると動作が遅くなりがちです。動作低下がひどい場合は、iOS11.4にダウングレードすることをオススメします。ダウングレードするには初期化が必要になるので、データのバックアップをとっておきましょう。

iPhoneだけではダウングレードができないためパソコンが必要になります。ダウンロード前には、iOS11.4のファームウェアをパソコンにダウンロードしましょう。

まとめ

iPhoneの動作が遅い、重いと感じる10の原因と解消方法をご紹介しました。iPhoneの使い方が原因になるものが多くて驚きますね。一度も見たことのない設定が原因になっているケースもあるかもしれません。すぐにできる簡単な解消方法ばかりなので、気になるものはぜひ試してみてください。ご紹介した以外に、通信会社を変更するのも解消方法の1つです。Apple Storeでは、SIMフリー対応のiPhoneが発売されています。海外での使用が多い人や、毎年のiPhoneを買い換えている人におすすめです。

スマホのオススメ

docomo

docomo

いまのスマホそのままで料金はお得!ドコモユーザーにおすすめ!

UQmobile

UQmobile

auユーザーやご家族での乗り換えにおすすめ!UQモバイル

ソフトバンクスマホ

ソフトバンクスマホ

ソフトバンクへのスマホ乗り換えにおすすめ!

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

エンタメフリーオプションもあり!ドコモ・au回線から選択できるBIGLOBEモバイル

楽天モバイル

楽天モバイル

1年月額料金が無料!楽天経済圏ユーザーに最適な楽天モバイル!

  • エラスタモ
  • UQモバイル(スマホ)
  • 楽天モバイル(スマホ)
  • ソフトバンクスマホ
0