【2019年最新版】引っ越しにどのくらいの準備期間が必要?賃貸物件と実家で異なる?

【2019年最新版】引っ越しにどのくらいの準備期間が必要?賃貸物件と実家で異なる?

公開日:2018/10/26更新日:2020/11/9
facebook
twitter
line

転勤や転職するとき、同時に考えなければならないのが引っ越しではないでしょうか。いざ引っ越しするとなると、さまざまな点で大変な部分も生じてくるはず。今回は、「引っ越しにどのくらいの準備期間が必要なのか知りたい」「引っ越しのときにどういう失敗が考えられるのか知っておきたい」「引っ越し後の手続きはどうすればいいのか知りたい」といった人向けに、引っ越しの準備期間や引っ越しの際に失敗しがちなこと、さらには引っ越し後にしなければならない準備について解説します。引っ越しをする場合、さまざまな準備が必要です。ぜひこの記事を参考にして、引っ越しのときに焦らないよう、しっかり準備しておきましょう。

0

引っ越しにおける準備期間の平均ってどのくらい?

引っ越しをする際、どのくらいの引っ越し期間が必要なのか悩んでしまう人も多いはず。平均すると、およそ1ヶ月の準備期間が必要になります。ですが、引っ越すときの荷物の多さや家族の人数によって、引っ越しにかかる準備期間が短く済んだり、または長くなってしまうこともあるので注意が必要です。引っ越しの準備期間をあらかじめ想定るすのは非常に大切で、しっかりスケジューリングしていない場合、引っ越し当日になっても引っ越し準備が終わらない可能性も考えられます。そうなってしまうと、引っ越し業者に荷造りなどを手伝ってもらうことにもなりかねません。引っ越しが決まったのであれば、できるだけ余裕を持って引っ越しの準備にとりかかるのをおすすめします。

ちなみに、引っ越しの準備で大きな要素を占めるのが荷造りです。荷物量が少ない人や単身での引っ越しの場合だと、1週間ほど前から荷造りしても終わる可能性があります。ですが、引っ越し当日になって焦らないためにも、荷造りに関しても1ヶ月前から始めておくのがいいでしょう。

引っ越し準備で失敗することも?

引っ越しの際には、思いもよらないことに遭遇しやすいのも大きな特徴です。まず大きな失敗として挙げられるのが、荷造りでものをどこに入れたのかわからなくなってしまうこと。引っ越し当日は、ダンボールの数も非常に多くなりがちで、どこに何を入れたのかわからなくなりやすいです。ダンボールに何を入れたのか記載しておくと、引っ越し先でダンボールからものを取り出すときに非常に便利ですよ。そのほかにも、引っ越し準備で考えられる失敗はさまざま。下記の表にていくつかご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

引っ越しで失敗しがちなこと
引っ越し前に冷蔵庫の中身を使い切れなかった
引っ越しの見積もりを1社しかお願いせず、あとでもっと安い引っ越し業者を知った
引っ越し先に家具が入らなかった
引っ越し先に照明がなかったため、夜は真っ暗な状態で過ごした
荷物がトラックに入らなかった
引っ越し先にカーテンがなかったため、外から丸見えの状態だった
希望した日に引っ越しできなかった
家具家電につけたガムテープがきれいに剥がれなかった

失敗しがちなことをあらかじめ想定しておいて、よりスムーズな引っ越しを実現させましょう。
引越し先のインターネット環境を無料で調べてくれる【引越しラクっとNAVI】



賃貸物件から引っ越しするときの準備は?

これから引っ越しを控えている大学生や社会人の場合、賃貸物件から引っ越す人が多いはず。ここでは、賃貸物件から引っ越しする際の準備について解説します。

新居を選ぶのにかかる時間について

賃貸物件に住んでいる人にとって、新居を選ぶのにかかる時間がどのくらいなのか気になる人も多いでしょう。一人暮らしの人も家族で住んでいる人も、基本的には引っ越しする日の2〜1ヶ月前から新居選びへの着手にとりかかるのをおすすめします。あまりにも前から探し始めてしまうと、二重に家賃が発生してしまい、経済的な負担を強いられてしまう可能性もあります。

ちなみに一人暮らしの場合であれば、間取りがシンプルな部屋が多いので、1回もしくは2回の下見で負担なく部屋を決められるでしょう。一方で、家族がいて遠くへ転勤になった場合などは、下見は1回で済ませなければならないので注意してくださいね。下見をする際は、必要な部屋数や間取りを大まかに決めておくだけで、非常にスムーズに決まりやすいです。

引っ越し準備にかかる期間はどのくらい?

新居が決まったあとは、実際に引っ越し準備にとりかかります。家族の人数などによりますが、賃貸物件の場合も引っ越し準備には1ヶ月ほどみておくのをおすすめします。引っ越しの際は、荷造り以外に考えなければならないこととして、引っ越し業者の選定と公的期間の手続きが挙げられます。

引っ越し業者を選定する場合は、見積もりをお願いする必要があります。可能であれば、1社だけでなく複数の引っ越し業者で見積もりをお願いすれば、より安く引っ越ししやすくなりますよ。

公的機関の手続きについては、電気やガスなどの連絡はもちろんのこと、転出届や国民年金の手続きなども必要です。基本的には1ヶ月以内に行うのをおすすめします。

実家から引っ越しするときの準備は?

大学に進学する人や新社会人として、実家から出て一人暮らしをする人も多いです。ここでは、実家から引っ越しする場合の準備についてお届けします。

新居を選ぶのにかかる時間は?

実家から引っ越しする場合、大半の人が20代などの若者。そのため、間取りも複雑ではないので、新居選びは比較的はやく決まる場合も多いです。実家の場合も、賃貸同様2〜1ヶ月半前から新居選びの準備にとりかかるのをおすすめします。

実家から引っ越しをする人の場合、気をつけなければならないのが引っ越し時期。どうしても引っ越しの繁忙期と重なってしまうことが多く、すぐに決めないとほかの人に決まってしまう可能性も考えられます。あまりに迷ってしまうと、いつまで経っても物件が決められなくなってしまう場合も。基本的には、1回もしくは2回の下見で新居を選ぶことをおすすめします。

実家における引っ越し準備かかる期間

実家における引っ越し準備期間についても、基本的には賃貸同様1ヶ月前から始めましょう。大学や配属先が前々から決まっていても、転出届を取得するのは引っ越しの2週間前になります。それまでに自治体などで必要になる手続きを洗い出しておくと、引っ越しもスムーズにいきやすいです。

実家から引っ越す場合、ものを揃えなければならないことも大きな特徴として挙げられます。新しい生活を始める場合、家具や家電など購入しなければならないものはさまざま。あとになって焦らないためにも、必要なものはできるだけ早めに購入しておきましょう。

引っ越し後の手続きにも注意しよう

引っ越し準備だけしっかりすればいいわけではありません。引っ越し後にしなければならない手続きも非常に多いです。引っ越し後は、荷物の整理だけでなく、転入届の提出、免許証の住所変更など、公的機関の手続きも必要になるのであらかじめ頭に入れておきましょう。引っ越し後の手続きは、基本的に2週間以内に済ませることをおすすめします。

また、国民健康保険に加入している人は、住所変更の手続きを早めにするようにしましょう。転出届を提出するまで、一時的に国民健康保険がない状態になってしまい、どうしても生活している中で不安に感じてしまいがちに。引っ越し後の手続きはどうしても後回しにしてしまうかもしれませんが、基本的に引っ越し後2週間以内に手続きを済ませましょう。

なるべく時間をかけない引っ越し方法も

引っ越しをする際、どうせならなるべく引っ越しに時間をかけたくないですよね。ここでは、引っ越しになるべく時間をかけない方法をご紹介します。

不用品のリサイクル業者

まずおすすめしたい方法として挙げられるのが、リサイクル業者にお願いすること。引っ越しをする場合、必ずといっていいほど不用品が出てきますよね。中には処分に困ってしまうものもあるかもしれません。そんなときは、無料で出張買取してくれるリサイクル業者に依頼すれば、荷物も少なくなり引っ越ししやすくなりますよ。

ハウスクリーニング業者

引っ越しの際、荷造りばかりに追われてしまい、部屋の掃除がしっかりできないことがあります。そんなときにおすすめしたいのがハウスクリーニング業者。業者に依頼すれば、部屋の掃除をする必要性もなくなるため、荷造りなどに専念できます。ハウスクリーニング業者もさまざまなので、なるべく安くお願いしたいときは一括見積もりもおすすめです。

エアコンの取り外しもしくは取り付け業者

賃貸の場合であれば、はじめからエアコンがついている部屋も多いですが、場合によってはあとから備えなければならない可能性も考えられます。そんなときは、エアコンを取り付けもしくは取り外ししてくれる業者に依頼しましょう。

固定回線やWiFiルーター等、通信費も見直しチャンス

引っ越しをする際は、家具や家電だけでなく、固定回線やWiFiルーター等、通信費も見直す大きなチャンスです。冷蔵庫やテレビなど、買い換えで電気代などがお得になることもありますが、通信費についても、インターネットの環境によって通信費が節約できる可能性があります。今までずっと同じ固定回線を使用していた人は、回線を変更するとインターネットがよりお得にそして便利に利用できるかもしれません。ぜひ引っ越しの機会に、あわせて回線やWiFiルーターの乗り換えも検討してみましょう。

引っ越しの準備期間をしっかり頭に入れて、スムーズな引っ越しを実現しよう

ここまで引っ越しにおける準備期間の平均や、引っ越し準備で失敗しがちなこと、さらには、賃貸物件や実家から引っ越す場合の新居選びや準備にかかる時間、そして引っ越し後の手続きや効率的に引っ越すための方法について解説しました。引っ越しをする場合は、事前にさまざまな準備が必要です。スケジュールに余裕がない場合、最悪引っ越し当日までに引っ越し準備が終わらない可能性も考えられます。ストレスなくスムーズに引っ越すためにも、ぜひこの記事を参考にして、しっかりとした準備をしておきましょう。
かしこいお引越し。
引越し屋



0