光コラボから光コラボへ乗り換える際の手順・方法や注意点は?

光コラボから光コラボへ乗り換える際の手順・方法や注意点は?

公開日:2018/11/7更新日:2020/11/10
facebook
twitter
line

現在光コラボレーションを利用していて、他社の光コラボレーションに乗り換えをしようとお考えではないですか? せっかく乗り換えをするならお得にしたいものですよね。今回は、光コラボボレーションから光コラボレーションへの乗り換えについてや注意点について解説していきます。

0

光コラボレーションとは

光コラボレーションは、NTTの東日本やNTT西日本が提供しているフレッツ光を、事業者が買い取って独自のプランやキャンペーンをつけ、ユーザーに販売しているものです。ですので光コラボレーションの製品は、フレッツ光と同じものになります。

転用扱いにはならない!?

通常、フレッツ光の利用者が光コラボレーションに乗り換えるときは「転用扱い」となります。転用の場合は、新規契約と異なり、工事やモデムの交換はありませんし、工事費や解約金などは発生しません。しかし、光コラボレーションから光コラボレーションへの乗り換えの場合は、「転用」ではなく「新規扱い」となります。新規扱いとなる場合の注意点は次の通りです。

1)工事費

転用では発生しませんでしたが、新規扱いとなるので工事費が必要になります。乗り換え先の光コラボレーションで工事費のキャッシュバックや月額料金からの割引などを実施している場合があるので、工事費を浮かせられる可能性もありますよ。

2)電話番号は継続できる?

光コラボレーションで電話サービスを契約している方は、電話番号が継続できるかが気になるところですよね。基本的に乗り換え時は、ひかり電話が一旦解約となるので番号移行はできません。

しかし、光コラボレーション利用前に所有していたNTTアナログ回線の電話番号を光コラボレーションでも継続利用していた場合では、他事業者でも引き継いで電話番号の利用が可能となっています。

最初からひかり電話だったか、それともNTTのアナログ回線だったかで電話番号移行ができるかが変わるということです。NTTアナログ回線だった場合は、手数料2,000円ほどでアナログ戻しができますので、NTT(116)に問い合わせをしてみてください。

3)メールアドレスがなくなる

プロバイダから発行されていたメールアドレスは、乗り換えをすると消滅します。使い続けたい場合は、月額数百円で利用し続けることが可能なところもあります。

4)ネットを使えない期間ができる

乗り換え先の光コラボレーションを開通する前に利用中の光コラボレーションを解約してしまうと、インターネットが利用できない期間ができてしまいます。開通日を確認してから解約するとよいでしょう。

乗り換えの流れ

光コラボレーションから他の光コラボレーションに乗り換えるための手順は以下の通りです。

1、乗り換え先の契約

希望する光コラボレーション事業者に契約をしましょう。

2、工事日の調整

インターネット申し込みの場合は、後日電話で工事日の日程について事業者からかかってくると思いますので、立ち会える日を調整してください。通常は2〜3週間後、混み合っているときは1〜2ヶ月後に工事となります。

3、利用中の光コラボを解約する

開通日を確認したら、現在利用している光コラボレーションの解約日を決定し、解約手続きをしましょう。工事費が決まる前に解約してしまうと、インターネットが使えない期間ができてしまうので、開通日かその翌日くらいに解約手続きをするのをオススメします。

4、モデムなどの機器を返却する

返却の必要がある機器は、指定の日時までに郵送で返却しましょう。解約手続きのときに、機器の返却方法について指定があるはずです。

光コラボ事業者選び

光コラボレーションは、事業者によってサービスが異なります。100社以上が参入しているので、「どこを選んだらよいかわからない」と思われる方も多いことでしょう。ここでは、事業者選びのポイントについてご紹介します。

1、キャンペーンの実施やキャシュバック率が高い

キャンペーンやキャッシュバックに力を入れているところを選ぶとお得に乗り換えができます。充実している事業者は、auひかりやmarubeni光、ソフトバンク光、NURO光、ビッグローブ光、コミュファ光、ピカラ光などです。

2、速度が速い事業者

光コラボレーションの乗り換え理由の一つに、「速度が遅いから」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。速度が遅い原因は、設備に対してユーザーが多すぎたり、夜の時間帯に通信が混雑したりするなどが挙げられます。オススメの事業者は、ソフトバンク光、ドコモ光、ビッグローブ光、OCN光、nifty光、SO-net光です。

3、携帯電話とのセット割引がある事業者

ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光などの大手キャリアでは、光コラボレーションと携帯電話のセット割引を提供しています。また、格安SIMを提供しているU-NEXTやOCNなどの事業者でも、光コラボレーションとのセット割引を実施している場合があります。ご自身が利用している携帯電話会社に合わせて光コラボレーションを契約すると、月額料金を節約することができますよ。

4、安い事業者

事業者によっては、月額料金が1,000円程の差があります。安さを重視する人は、excite光やぷらら光がオススメです。しかし、速度が遅い、回線が不安定などのデメリットがあるので、動画を視聴したり、ゲームを楽しんだりする方にはあまりオススメできません。

まとめ

光コラボレーションから光コラボレーションへの乗り換えは、解約と新規契約が必要になり、工事費などが必要になるので注意しましょう。インターネットを使えない期間をなくすためにも、解約と契約のタイミングにも注意が必要です。新しく契約する光コラボレーションは、自分に合った事業者を選択してみてくださいね。

「解約するときの違約金が気になる」、「お得に乗り換えがしたい」とお考えの方は、本サイトの無料相談をご利用ください。解約のプロが、お得な解約と契約についてご提案させていただきます。

固定回線のオススメ

NURO

NURO

回線速度重視ならNUROで決まり!下り最大2Gbpsの超高速!

フレッツ光

フレッツ光

対応エリアが広く、キャンペーンでお得に利用できる!

auひかり

auひかり

auスマホユーザーにおすすめ!スマートバリューでさらにお得!

  • 光コラボ比較
  • フレッツ光
  • NURO光
0