スマホや携帯電話を解約する際に起こり得る、注意すべき3点

スマホや携帯電話を解約する際に起こり得る、注意すべき3点

公開日:2016/10/5更新日:2020/11/9
facebook
twitter
line

スマートフォンや携帯電話を解約や機種変更する際、思わぬ高額な費用が発生してしまったことはないでしょうか。解約金であったり、端末費用であったり、詳しく知らないと解約後に高額な費用が請求されてしまっては困りますよね。また、メールアドレスの変更や、インターネットとのセット契約で毎月受けていた割引もなくなってしまったなど。
今回は、スマホや携帯電話の解約時で起こり得る、注意すべき点をご紹介していきます。

0
新規・乗り換えを検討中の方必見!月額料金が安くなったケースやお得な乗り換えになったケースが多数ございます。必ず乗り換え手続きの前にお申し込みくださいね。

1. 解約金だけじゃない解約に関する費用

スマートフォンの解約では、解約金や端末代金残債が発生する場合があります。
料金プランだけに関して言えば、契約更新期間に解約すれば特には問題ありません。端末代金に関して、料金プランの契約更新月までにちょうど良いタイミングで払い終わるパターンもありますが、解約時までに払い終えなかった端末代金残債がある場合は解約後に一括払いで請求されることが多いです。とくにスマホはもともとの端末代金が高額でもあるので途中解約などをしてしまうと、端末代金残債として基本的に一括での支払いが待ち受けているのです(※キャリアなどによっては引き続き分割払いでも可能な場合もあります)。

以上のように、解約や機種変更、キャリア変更などで新たな気分になろうとしているところで、解約に伴って高額な費用がかかってしまうのは残念ですよね。
まずは料金プランなどの契約更新期間や、ご自身の端末代金が何回払いで契約しているのかを確認してみましょう。料金プランの契約更新期間までに端末代金も払い終える契約なら、その契約更新期間に解約すれば問題ありません。

ただし、そうではない場合、1点注意すべき点があります。料金プランの契約更新月まで端末代金を払い終えない回数払いなどにしている場合です。例えば料金プランは24ヶ月間契約だけど端末代金は36ヶ月払いの場合、12ヶ月間の差がありますよね。この場合、一括で請求されるのは嫌だから払い終えるまで待とうと考える方もいるかもしれません。ですが、そうすると料金プランのほうが自動更新されてしまい、端末代金を払い終える36ヶ月目での解約は途中解約として、料金プランのほうで契約期間の解約として、解約金が発生してしまうのです。
料金プランなどのほうで解約金が発生してしまうのであれば、端末代金はどちらにしても支払うものなので一括で支払って料金プランの解約金を発生させないほうが無駄な出費にはなりませんよね。

ただし、これらを解決できる方法もあります。
他社への乗り換え(MNP)や新規契約などの場合、乗り換えに関わる費用を全額負担してくれるサービスを行うキャリアが多いので、そういったキャンペーンを活用するのが一番お得です。事前にキャリアや携帯販売ショップ、代理店などの情報を集めて一番お得なところを探すのが理想的です。
ぜひ、お試しくださいね。

スポンサーリンク

2. MNPで番号は変わらないけど、メールアドレスは変わる

番号ポータビリティという、携帯電話番号を変えずに携帯キャリアを変更できるMNPという制度も浸透しています。とても便利な制度ではありますが、それでもメールアドレスは変更となってしまいます。今は、連絡手段としてラインなどのツールやアプリが主流になりつつありますが、携帯メールでのやり取りをしている方も依然として多いですよね。

その場合、MNPで番号が変わらないからアドレス帳登録している人に連絡する手間が省ける!!と思いきや、メールアドレスは変わってしまうので、連絡しなければなりません。また、解約した後、新しい携帯に新規契約するにしてもMNPにしても、番号なりメールアドレスは確実に変わります。連絡先として登録している公共機関や会社、サイトなどにも連絡することをお忘れなく!!
でもこの問題は、同じキャリアで機種変更をする以外に現状で解決方法はなさそうです。

3. セット割もなくなってしまう

携帯主要3キャリアでは、インターネット回線とのセット契約で割引が適用されるサービスがあります。毎月500円から3,000円の割引が適用されます。家族の方が同じキャリアでその台数分、割引されている方も多いのではないでしょうか。
これらのセット割引に関しても、解約をしてしまうと割引の適用がなくなってしまいますのでご注意くださいね。もし解約する場合は、インターネット回線もその携帯キャリアとのセット割引を行える回線に変更することをお勧めします。その場合にも、インターネット回線やプロバイダーのほうで解約金や初期工事費残債が発生する場合がありますので、社への乗り換え費用を負担してくれるキャンペーンをやっているところを探して、申込みましょう!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はスマホや携帯電話の解約に伴う問題点をご紹介してきました。
こちらのサイトでは様々な解約に関する情報を多くご紹介しています。是非、他にページもご覧になってみてくださいね!

なにかご不明点などあれば、こちらのサイトにもお気軽にお問い合わせくださいね。

スマホを乗り換えるなら、ネット回線もスマホに合わせて乗り換えた方がお得!

スマホのオススメ

docomo

docomo

いまのスマホそのままで料金はお得!ドコモユーザーにおすすめ!

UQmobile

UQmobile

auユーザーやご家族での乗り換えにおすすめ!UQモバイル

ソフトバンクスマホ

ソフトバンクスマホ

ソフトバンクへのスマホ乗り換えにおすすめ!

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

エンタメフリーオプションもあり!ドコモ・au回線から選択できるBIGLOBEモバイル

楽天モバイル

楽天モバイル

1年月額料金が無料!楽天経済圏ユーザーに最適な楽天モバイル!

  • エラスタモ
  • UQモバイル(スマホ)
  • 楽天モバイル(スマホ)
  • ソフトバンクスマホ
0