インターネットや携帯の解約を迷ったとき、チェックすべき9つのこと

インターネットや携帯の解約を迷ったとき、チェックすべき9つのこと

公開日:2016/8/25更新日:2019/12/3
facebook
twitter
line

携帯電話やインターネット回線の解約や買い替えなどで、事前に確認しておくべきことは多々あります。
安易に解約や変更手続きを進めてしまって、あとで後悔しないためにも、きちんと確認をして手続きに進みましょう。
今回は解約する前に確認すべきことをご紹介していきます!

0
新規・乗り換えを検討中の方必見!月額料金が安くなったケースやお得な乗り換えになったケースが多数ございます。必ず乗り換え手続きの前にお申し込みくださいね。
メールでのお申し込みはこちらから
お電話でのお申し込みはこちらから
お得に乗り換えたい!」とお伝え下さい。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

※解約手続き申請や契約内容の確認などは公式連絡先にてご確認ください。

インターネット回線の解約で確認すべきこと

1. 解約金・契約更新月

インターネット回線やプロバイダーには、最低利用期間が定められていたり、24ヶ月契約となっていたりすることが多いです。この期間を満たさずに解約をしてしまうと、解約金や初期工事費用の残債分が請求されます。初期工事費用を例に例えると、回線を新規で申し込んだ場合、初期工事費用という費用が15,000円~30,000円前後で発生します。回線の契約者はこの費用を、24ヶ月間や30ヶ月間といった分割払いで払っているのですが、この費用を払い終えない利用期間で解約する場合に、残りの初期工事費用を一括で請求されることになるのです。
例えば初期工事費用30,000円を24ヶ月払いの予定であるのに1年間(12ヶ月)で解約してしまった場合、支払い期間が半分残っていますので初期工事費用の残債分である15,000円が一括で請求されるということです。
ちなみに初期工事費用は基本的に解約金とは表現されませんので、支払い期間を満たしていない場合、解約金はかからなくても初期費用残債が発生することは多々ありますのでご注意ください。

解約金や工事費用などの目安として重要なのが契約更新期間です。回線やプロバイダーでは、自動更新タイプのものがあります。例えば2年間毎の自動更新タイプであれば、契約更新月という期間に解約しなければ、また新たに2年間契約となります。極端な話、2ヶ月間だけの利用でも26ヶ月間利用していても同じ扱いで解約金が発生してしまいますので、ご注意ください。
以上の点から、事前にご自身の契約日や契約タイプ、契約更新月などを確認しておくことは非常に重要です。

解約費用はできるだけ払いたくないですよね?そんな方は解約費用を実質0円にするための無料相談窓口を是非ご活用くださいね。解約金以外にも撤去工事費も実質0円になった事例も多数ございます。
メールで気軽に無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから
「解約費用を実質0円にできるか無料診断してください」とお伝え下さい。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

2. メールアドレス

基本的に契約時にプロバイダーもしくはインターネット回線側から、メールアドレスが発行されています。このメールアドレスは、解約時に消失します。プロバイダーのメールアドレスに関しては、プロバイダーを解約してもメールアドレスコース(有料)などへのコース変更としてメールアドレスを残すことはできます。その場合も必ずプロバイダー側にその旨伝えなくてはなりません。ただし、メールアドレスを残すことのできないプロバイダーもありますので必ず解約する前にメールアドレスを残すことができるかどうかは確認しましょう。
プロバイダーやインターネット回線から発行されているメールアドレスを昔から使用していたり、頻繁にこのメールアドレスを使用している方がプロバイダーや回線を解約したりする場合は、メールアドレスを消失してしまわないよう事前に確認、メールアドレスコースへの変更をしましょう。

3. 引っ越し先でも使えるか

インターネット回線を引っ越しの都合で解約する場合、選択肢は解約だけではありません。引っ越し先でも引っ越し前のインターネット回線やプロバイダーを継続利用して利用できることが多々あります。
利用期間を満たしていない場合での解約の際には上記で述べた解約金や初期工事費用残債が請求されます。引っ越し先でも契約を引き継いで利用できる回線が多くありますが、もちろん利用できない場合もありますので、引き続き使えるかどうかをまずは現在の回線元に確認してみましょう!

引っ越しの場合は、更新月以外での解約になる可能性が高いですよね。しかし、解約金は払いたくないと思いませんか?乗り換えなら解約金を0円にすることも可能です。
メールでのお申し込みはこちらから
お電話での相談はこちらから
「インターネット回線の乗り換えがお得にできるか無料診断してください」とお伝え下さい。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

4. 固定電話番号

光回線で固定電話(光電話)もセットで使っている方の中で、その電話番号に加入権を持っていない場合、回線変更をする場合に電話番号は変わってしまいます。
もともと加入権というNTTの固定電話番号の権利を購入してその番号を変わらずに持っている方は回線変更をした場合でも電話番号は変わりません。
ですが、光電話から始めた、固定電話番号に加入権を持っていない方は回線を変更する
合は固定電話の番号も変わりますので、頻繁に現在の番号を使っている方などはご注意ください。解約前に、必ず電話番号は引き続き変わらずに使用できるのかを確認するようにしましょう。

5. 貯まったポイント

解約をする前に確認するべきことで見落としがちなのが、インターネット回線やプロバイダーで毎月利用額などに応じて付与されているポイントです。長年使っている方は、このポイントがたくさん貯まっているはずです。ポイントは、様々な商品やサービスと交換できるようになっていますので、これを知らずに解約してしまうのはもったいないですよね。解約する前に貯まったポイントを交換するようにしましょう。

通信費が高くて乗り換えを検討中ではありませんか?そんな方は、通信費の見直しを回線を熟知したプロに相談してみませんか?実際に、月額料金が数千円お安くなった事例もございます。
メールでの通信費削減無料相談はこちらから
お電話での相談はこちらから
※「通信費削減の無料診断をしてください」とお伝え下さいね。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

※この番号はChurn(解約・乗り換え手続きの達人)の通信費削減無料相談窓口です。
※解約手続き申請や契約内容の確認などは公式連絡先にてご確認ください。

インターネット回線乗り換えを検討中の方にオススメ!

auスマホユーザならauひかりへの乗り換えを行いませんか?
auスマホユーザにオススメのauひかり、月額2,550円~

愛知、岐阜、三重、静岡にお住まいならコミュファ光
コミュファ光の月額2,558円~

対応エリアが広いく、信頼のフレッツ光。
対応エリアが広く、信頼あるフレッツ光月額2,200円~

ドコモスマホユーザならドコモ光への乗り換えがオススメ
ドコモ光へのお得な乗り換えはこちらから最大31,000円お得!

携帯電話の解約で確認すべきこと

6. 解約金・端末代金残債

上記インターネット回線で解約金や初期工事費用残債についてご紹介しましたが、これは携帯電話の解約においても同じことが言えます。
携帯電話でも最低利用期間や機種端末代金を利用期間中に分割払いで支払っています。この期間の途中に解約をしてしまうと解約金や残りの機種端末代金が一括で請求されてしまいます。ご自身の最低利用期間や契約更新期間などを事前に確認の上、極力無駄な費用が発生しないようにしましょう。
最近では、他社への乗り換えなどで解約金など解約に伴う費用を乗り換え先の会社などが負担してくれるサービスを行うところもあるので、それらをうまく利用するのもいいでしょう。

解約費用はできるだけ払いたくないですよね?そんな方は解約費用を実質0円にするための無料相談窓口を是非ご活用くださいね。解約金以外にも撤去工事費も実質0円になった事例も多数ございます。
メールで気軽に無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから
「解約費用を実質0円にできるか無料診断してください」とお伝え下さい。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

7. MNPでメールアドレスは変わる

携帯電話を他社へ乗り換える際、現在の携帯電話番号をそのまま移行することを可能とするMNP(番号ポータビリティ)への認識も定着してきています。ですが、このMNPは携帯電話番号に関してはそのまま移行できますが、携帯電話会社から発行されているドメインのメールアドレスは消失します。上の『<インターネット回線の解約で確認すべきこと>』で述べた、プロバイダーの解約時のようにコース変更などでメールアドレスを残すということは携帯電話ではできませんので昔から同じメールアドレスを使用している方はこの点を踏まえて変更、解約しましょう。

8. 貯まったポイント

携帯電話でも、利用額などに応じてポイントが貯まるサービスがありますよね。こちらも解約する前に商品やサービスと交換してしまいましょう。中には豪華な電化製品と交換もできるようです。せっかく貯まったポイントは有効活用しましょう!

9. セット割

現在は、ドコモ・au・SoftBankの携帯主要3キャリアとインターネット回線とのセット割引を行えるようになっています。このセット割を適用させるためにインターネット回線と携帯電話の会社を合わせている方は多いですよね。
セット割を適用させていた方が携帯電話のキャリアを変える場合、このセット割引も自動的になくなってしまいます。それとは反対に、これまでインターネット回線と携帯キャリアを別々の会社で契約されていた方は同じ会社で契約することでセット割が適用されるようになります。
そのことを踏まえて、契約変更、解約をしましょう!

通信費が高くて乗り換えを検討中ではありませんか?通信費削減ならおまかせください!
メールでの通信費削減無料相談はこちらから
お電話での相談はこちらから
※「通信費削減の無料診断をしてください」とお伝え下さいね。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

※この番号はChurn(解約・乗り換え手続きの達人)の通信費削減無料相談窓口です。
※解約手続き申請や契約内容の確認などは公式連絡先にてご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はインターネット回線や携帯電話を解約する際に確認すべきことをご紹介してきました。解約や契約変更が完了してしまった後に損や後悔をしないよう、上記でお伝えしたことをご確認くださいね!

その他、なにかわからないことなどあればこちらのサイトにもお気軽にご相談ください!

お得な回線乗り換えをプロに無料相談!

固定回線のオススメ

NURO

NURO

回線速度重視ならNUROで決まり!下り最大2Gbpsの超高速!

フレッツ光

フレッツ光

対応エリアが広く、キャンペーンでお得に利用できる!

auひかり

auひかり

auスマホユーザーにおすすめ!スマートバリューでさらにお得!

  • 光コラボ比較
  • フレッツ光
  • NURO光
0