WiMAXが遅くなる原因7選!解約する際の問い合わせ方法は?

WiMAXが遅くなる原因7選!解約する際の問い合わせ方法は?

公開日:2019/3/21更新日:2020/11/11
facebook
twitter
line

WiMAXを使っていると、速度が遅くなったと感じたことはありませんか? またWiMAXは気になっているけど、情報を調べていると目に入る「速度が遅くなる」という評判が気がかりという人もいるかと思います。WiMAXが遅くなる理由にはいくつかの原因が考えられます。 今回は、WiMAXが遅いと感じる時に挙げられがちな原因を7つ紹介します! 原因だけではなく対処法も一緒にお伝えするので、お使いのWiMAXが遅いと感じる時にぜひ試してみてください。それでもWiMAXの速度問題が解決しなかった時のために、解約する際の問い合わせ先や方法、乗り換え先におすすめの回線についても紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

0

WiMAXの特徴

無線通信技術の規格のひとつであるWiMAX。いわゆるモバイルルーターの一つで、簡単な設定をするだけでインターネットが楽しめる通信端末として注目を集めています。WiMAXには以下のような特徴があります。

    • ・固定回線とは異なり、屋内だけではなく外出先でも利用できる。
    • ・開通工事が必要ないので、入手したその日からインターネットが利用できる。
    • ・料金も固定回線に比べると安い。
    • ・配線がないので屋内がゴチャゴチャせず、スッキリとした印象が与えられる。
    ・通信速度も高速を売りにしており、動画視聴やダウンロードも快適に行える。

これらの特徴を踏まえ、固定回線ではなくWiMAXを選ぶ人も年々増えているようですね。

WiMAXを提供する企業も増えていますが、とくに人気が高いのはUQコミュニケーションズ株式会社の『UQ WiMAX』です。UQ WiMAXはWiMAXの本家本元とも言える存在で、どこで契約してもUQ WiMAXが管理している回線を使うことになります。

現在では旧WiMAXのサービスは終了しており、次世代規格である『WiMAX 2+』が主流となっています。WiMAX 2+は上り30Mbps/下り440Mbpsの速度を誇り、旧WiMAXと比較するとさらなる高速通信を実現しています。

WiMAXが遅くなるのはどんな時?

WiMAX 2+はベストエフォート型サービスで、上り30Mbps/下り440Mbpsという数値はシステム上の通信速度です。受信環境・接続方法・利用機器など、さまざまな要因によって通信速度が低下してしまうこともあるでしょう。WiMAXが遅いと感じた時には、まず速度が遅くなる時の特徴を書き出してみてください。主に以下のような条件で速度が遅くなる時があるのではないでしょうか。

    • ・特定の曜日・時間帯に遅くなる
    • ・特定の地域や場所に行くと遅くなる
    • ・特定のサイト(動画サイトなど)を見ている時に遅くなる
    ・今までは問題なく使えていたのに急に遅くなった(原因不明)

どの条件に該当するかによって有効な対策は異なってきます。原因によって改善するべきポイントや、場合によっては乗り換える必要があるのか分析できるようになります。有効な対策を立てるためにも、まずは条件を書き出して原因の特定を行ってください。

回線速度を測ってみる

また「遅い」と感じる場合にも、実際にはどれくらいの速度が出ているのかを知っておくといいですね。人によって遅いと感じる速度は異なりますが、一般的には以下のような基準で判断されています。

遅い 0~3Mbps
普通 4~10Mbps
速い 11~20Mbps
非常に速い 20Mbps~

計測は以下のサイトやアプリで行えます。
PC
Speedtest.net by Ookia

iPhone/iPad
iTunes StoreSpeedtest.net Mobile Speed Test

Android
Google Play Speedtest.net

ネットをサクサク快適に利用したいのであれば、10Mbpsの速度が出ていれば問題ないと言えるでしょう。もしも10Mbps以下だった場合は一般的な基準から見ても「遅い」に分類されるので、これから紹介する方法を試してみてください。

WiMAXが遅くなる7つの要因

それではWiMAXが遅くなる原因と対策について解説します。

旧回線の「WiMAX」を使い続けている

現在UQ WiMAXが提供している最新の規格はWiMAX2+です。WiMAX2+の拡張と共に旧WiMAXの周波数帯域は減少しており、下り最大速度が40Mbpsだったエリアも順次13.3Mbpsエリアへと切り替わっています。そのため旧WiMAXを使用している方は、通信速度がかなり遅くなっているのではないでしょうか。ちなみに2013年以降に契約した人はWiMAX2+の契約となっていますが、それ以前の契約だと旧WiMAXになります。

解決策

WiMAXの利用を続けるのであれば、速やかにWiMAX2+への機種変更を行いましょう。UQ WiMAXの公式サイトでも機種変更が推奨されており、現在WiMAXを契約中の方なら無料で機種変更できるキャンペーンが行われています。お好きなWiMAX 2+対応機器に無料で変更できるので、この機会に乗り換えておくといいですね。

サービスエリア外

WiMAXのサービス利用圏外だとインターネット接続はできません。UQ WiMAXの公式サイトではサービスエリアを検索できるので、普段お使いのエリアがエリア圏内であるかチェックしましょう。

WiMAX(ルーター)のサービスエリア
https://www.uqwimax.jp/wimax/area/

圏内であっても山が近くにある自然の多い地域や、地下鉄などでは速度が遅くつながらなくなることもあるので覚えておいてください。

解決策

エリア圏外だった場合は、速やかにエリア圏内に移動しましょう。またはau 4G LTEを使った「ハイスピードプラスエリアモード」を使うという手段もありますが、WX04を除いたWXシリーズでは対応していないので注意が必要です。さらにハイスピードプラスエリアモードには以下のような問題も発生するので留意しておいてください。

    • ・当月内は1,000円前後の追加料金が発生する。
    • ・当月内は「ハイスピードモード」に戻せない。
    ・当月内の速度制限が7GBになり、7GBを超えると128kbpsの速度制限がかけられる。

使い過ぎで速度制限にかかっている

WiMAXは短期間に多くのデータ通信を利用すると、混雑回避のため通信速度制限が発生してしまいます。WiMAX 2+とau 4G LTEのデータ量を合計して、直近3日間で10GB以上のデータ通信量を使用すると速度制限がかけられるので注意してください。なお制限後の最大通信速度は約1Mbpsになりますが、YouTubeの標準画質動画なら問題なく視聴が可能ですよ。

解決策

制限時間は翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃~翌2時頃)で、それ以降は解除されます。制限が解除されるまで待つか、普段から大量のデータ通信を行う人は固定回線への乗り換えをオススメします。

他の電波と干渉している

Wi-Fiは他のWi-Fi電波や電子レンジなど、あらゆる種類の電波の干渉を受けやすい性質があります。マンションやカフェ、オフィスビルなど大勢の人がネットを利用する状況下では、他の電波と干渉して通信速度低下の原因になることも考えられます。

解決策

他の電波干渉によって通信速度が遅くなっている場合には、802.11ac(5GHz)を使用してみましょう。WiMAXは2.4GHzと5GHzの二つの電波数を選べるようになっており、それぞれの違いは以下のようになります。5GHzは障害物に弱いという側面がありますが、電波干渉には強いので使い分けてみるといいですね。

電波が届く範囲 障害物 速度 電波干渉
2.4GHz 広い 強い 遅い 受けやすい
5GHz 狭い 弱い 速い 受けにくい

WiMAX の置き場所が悪い

WiMAXで使用されている電波は直進で進むという性質があります。設置場所付近に壁や遮蔽物などの障害物が多くあると電波が弱くなり、結果的に速度が遅くなってしまうこともあります。たとえばバッグなどに覆われた場合でも電波が弱くなってしまうので、設置状況を確認してWiMAXにとって良い環境で利用してください。

解決策

置き場所が悪くて速度低下を招いている場合は、場所を変えるだけで改善するケースが多いようですね。WiMAXの電波の特徴を考えると、以下のような場所なら電波が届きやすく快適に利用できる場所だと言われています。

    • ・窓際
    • ・高い位置
    • ・通信機器との間に障害物が少ない
    ・バッグなどで覆われていない

機器の省電力機能がオンになっている

パソコンやタブレットでは電池の消費が少なくて済む省エネモードがありますが、その状態では通信速度の低下を招いてしまう恐れがあります。ちなみに「Windows Vista」「Windows 7/8」はデフォルトで省エネモードになっており変更できないので、モバイルWi-Fiルーターに接続すると通信速度が遅くなる場合もあるとMicrosoft社が発表しています。なおWiMAXにも省エネモードが用意されており、こちらを利用すると通常に比べると速度が遅くなりやすいので注意してください。

解決策

機器が省エネモードになっていて速度が遅い場合は通常のモードに戻す必要があります。お使いの機器がWindowsパソコンの場合、以下の手順で省エネモードがオフになりますよ。

    • ・モバイルPCを電源に接続する
    • ・デフォルトの省電力電源プランを変更する
    ・高パフォーマンス電源プランに変更する

ルーター機器に問題がある

今までは問題なく使えていたのに突然通信状況が悪くなった場合には、ルーター機器そのものに問題があることも考えられます。WiMAXはたまにフリーズがあることも報告されているので、まずはフリーズが起きていないか、電源はちゃんと付いているかを確認しましょう。

解決策

ルーターに問題があった場合は再起動や、RESETボタンで初期化するといった対策が有効です。ただし初期化を行うと初期設定を最初からやり直すことになり、多少の手間がかかってしまうので注意してください。それでも改善されない場合にはサポートセンターや製造元へのお問い合わせをオススメします。

自宅で使うなら固定回線への乗り換えがオススメ!

上記の方法を試してもどうしても速度が改善せず、快適なインターネットが楽しめない場合には、他社サービスへの乗り換えを検討してみるのも一つの手段です。

インターネットを自宅で使用することが多く、外ではあまり使わないというのなら固定回線への乗り換えがオススメですよ。光回線なら1Gbps(1,000Mbps)もの速度が出せるので、WiMAXと比較すると通信速度が約2倍も速くなります。光回線なら自宅まで有線でつながっているので安定率も高く安心して利用できるでしょう。乗り換え先にオススメの光回線を3つ紹介させていただきます。

フレッツ光

フレッツ光はNTT東西が提供するインターネット接続サービスです。回線事業者として長い歴史を持ち、高いシェア率を誇るのでご存知の方は多いかと思われます。フレッツ光の特徴としては提供エリアが広く、利用者数も多いのでサポート体制が充実していることが挙げられます。また速度も安定しており、信頼性も高いので安心して利用できるでしょう。フレッツ光の料金プランは以下のようになっています。

フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ<戸建て>

月額料金 5,700円

フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ<マンション>

月額料金
プラン2(16契約以上) 3,350円
プラン1(8契約以上) 3,750円
ミニ(4契約以上) 4,350円

ドコモ光

ドコモ光はNTTドコモが提供する光インターネットサービスです。フレッツ光の回線や設備を利用して提供される光コラボレーションの一種で、品質や速度はフレッツ光と変わりません。フレッツ光よりも料金を押さえて利用できる上に、ドコモのスマホとのセット割や利用年数に応じてスマホ代が割引されるサービスなども充実しているので、ドコモユーザーにオススメです。ドコモ光の月額料金プランは以下のようになっています。

戸建て

月額料金
タイプA 5,200円(契約期間なし:6,700円)
タイプB 5,400円(契約期間なし:6,900円)
単独タイプ 5,000円(契約期間なし:6,500円)
ドコモ光ミニ 2,700円~5,700円

(契約期間なし:4,200円~7,200円)

マンション

月額料金
タイプA 4,000円(契約期間なし:5,000円)
タイプB 4,200円(契約期間なし:5,200円)
単独タイプ 3,800円(契約期間なし:4,800円)

ソフトバンク光

ソフトバンク光も光コラボレーションの一つなので、通信の品質や速度はフレッツ光と変わりません。ソフトバンク光も料金を押さえて利用できる上に、スマホとのセットでスマホ代が永年割引されるキャンペーンを行っています。

さらに他社からの乗り換え時の違約金・撤去工事費が全額キャッシュバックされる「あんしん乗り換えキャンペーン」や、乗り換え新規でキャッシュバックまたは月額利用料が割引されるキャンペーンも行っています。ソフトバンクユーザーにオススメなので、現在ソフトバンクスマホを利用中の方はこちらを検討してみてはいかがでしょうか。ソフトバンク光の月額料金プランは以下のようになっています。

ホーム(戸建住宅)

月額料金
ファミリー・ギガスピード

ファミリー・ハイスピード

ファミリー

5年自動更新プラン:4,700円

2年自動更新プラン:5,200円

ファミリー・ライト 2年自動更新プラン:3,900円~5,600円

マンション(集合住宅)

月額料金
2年自動更新プラン 3,800円

解約の際の問い合わせ先は?

UQ WiMAXを解約する際には「UQお客さまセンター」への問い合わせを行うことになります。

UQお客さまセンター
電話番号:0120-929-818
受付時間:9:00~21:00(年中無休)

インターネット上での解約手続きには対応していないので注意してください。ただし電話での連絡が困難な場合にはメールフォームでのお問い合わせが可能です。

お問い合わせメールフォーム
https://faq.uqwimax.jp/helpdesk?category_id=8&site_domain=wimax&_ga=2.155407675.1811565438.1529992464-1650737746.1498385640

また契約プランや期間によっては2,000円~9,500円の契約解除料が発生することがあります。契約満了月または更新月に解約する場合には解除料が発生しないので、なるべく出費をおさえたいのならそのタイミングを狙って解約するといいですね。

まとめ

今回はWiMAXが遅くなる原因と対処法を7つ紹介しました。

WiMAXが遅いと感じる原因には複数の理由が考えられ、それぞれ対処法も異なります。まずは原因を特定してから、今回お伝えした方法を試してみてください。どうしても速度が改善せず使い勝手が悪い時には固定回線への乗り換えをオススメします。

モバイルルーターのオススメ

ギガwifi

ギガwifi

ソフトバンク・ドコモ・au回線でどこでも接続できるクラウド型Wi-Fi

クラウドWiFi

クラウドWiFi

契約縛り・違約金なし!無制限クラウドWi-Fiなら世界中で使い放題!

それがだいじWi-Fi

それがだいじWi-Fi

業界最安級の月額3,250円!トリプルキャリア対応のモバイルWi-Fi【それがだいじWi-Fi】

BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAX 2+のギガ放題なら、1年契約&自動更新なし

縛りなしWiFi

縛りなしWiFi

契約期間縛りのない永年月額3,300円のモバイルWi-Fi【縛りなしWiFi】

  • 光コラボ比較
  • フレッツ光
0