So-netは遅い?!その原因や乗り換え前に試したい改善方法を紹介!

So-netは遅い?!その原因や乗り換え前に試したい改善方法を紹介!

公開日:2018/3/30更新日:2020/11/10
facebook
twitter
line

どんどんユーザーを増やしている「光コラボレーション」。今回は数多くある光コラボレーションの中から、So-netが提供しているサービス「So-net光コラボレーション」のあれこれについてご紹介します。

すでに利用している方の口コミでよく目にするのが、「So-netは遅い!」というもの。So-netの光回線は本当に遅いのでしょうか?通信速度が遅くなってしまう原因は…?So-netの回線が遅くプロバイダの乗り換えを検討している人に、一度は試していただきたい速度改善方法についても解説します。現在So-net光コラボレーションを利用している人も、これから契約を考えている人にもおすすめの記事です。

0

So-netとはどんな会社?

So-netとは、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の子会社が運営している、インターネットサービスプロパイダーです。かつて電子メールソフト「PostPet(ポストペット)」を発売し話題になったことを覚えている人もいるのではないでしょうか。PostPetメインキャラクターであるピンク色のクマ「モモ」は、今もSo-netのメインキャラクターとして現役です。

So-netでは、光回線だけでなく高速モバイルやADSLといった様々なインターネット接続サービスを提供しています。

今回の記事では光回線サービスの一つである「So-net光コラボレーション」について取り上げます。

So-netの気になる回線速度口コミ!

プロバイダを選ぶ上で重要なポイントとなる、回線速度。So-net光コラボレーションの口コミについて調べたところ、「回線が不安定で遅い」、「ISDN並みに遅い」、「遅すぎて解約した」といった回線速度への不満を述べる口コミが多数ありました。中でも多くのユーザーが不満を感じているのが、夜間帯の回線速度です。

「夕方から深夜にかけて通信速度が500kbps以下にまで落ちる」といった口コミから「夜になると数MBのファイルをダウンロードするのさえ数分かかる」、「遅すぎて動画の再生が止まる」といった口コミがいくつもあります。

通信速度最大1Gbpsのフレッツ光回線を使用しているはずのSo-net光コラボレーションですが、どうしてここまで回線速度に対する不満の声が多く上がっているのでしょうか?速度が遅い原因についてご紹介します。

So-netは夜になると速度が遅い?!

夜になると回線速度が遅くなるのは、夜間の時間帯にインターネット利用者数が増加することと関係があります。一般的にネット回線は、18時以降から利用者が増え始め、22時頃にかけて混雑のピークを迎えることが分かっています。

また、エリア内のユーザーが増えすぎて回線が混雑を起こしている可能性も考えられるでしょう。それに加えエリア内ユーザー数の増加に対して、プロバイダ側の設備増強が追いついていないという点も、速度遅延の要因となっています。

インターネット利用者数がピークになる時間帯に、エリア内の回線混雑が相まって、さらに夜間帯の速度遅延を悪化させていることが、「So-netは夜になると遅い」という口コミの原因になっていると考えられます。

光コラボが遅い理由の一つ「ベストエフォート型」サービス

So-net光コラボレーションが遅いと言われている別の理由として、提供しているのが「ベストエフォート型」サービスであるという点も挙げられます。初めてこの言葉を耳にする人もいるかもしれませんね。

ベストエフォートという言葉は、直訳するとBest(最善)Effort(努力)という意味があります。つまり「通信状況や通信速度について提供者として最善の努力をしますが、場合によっては通信不安定・速度低下が生じることもあります」という意味の提供サービスなのです。

光回線が掲げている「通信速度最大1Gbps」は、あくまで提供者が最大限の努力をして得られる場合の理論値。実際の速度はユーザーがインターネットを使う環境やエリア、時間帯によって大きく異なるということなんですね。

ちなみに、日本で提供されているインターネット回線の多くは、このベストエフォート型サービスで提供されていることがほとんどです。つまり通信速度が起きる可能性は、So-net光コラボレーションだけでなく、他のプロバイダでも起こりえるというわけです。

通信速度が遅いときに考えられるその他の原因

通信速度が遅くなってしまう大きな原因について取り上げましたが、ユーザーがインターネットを使用している環境や機器の状態によっても、通信速度は左右されます。通信速度が遅くなっているときには、下記の原因が考えられるかもしれません。

ルーターなどの利用機器の問題

無線LAN機器や、ブロードバンドルーターを使用している場合、機器自体の処理速度及び通信規格、また電波の状況によって、本来出るはずの速度が出ないことがあるようです。例えば、周波数帯が2.4GhZのルーターは家電が発する電波の影響を受けやすいため、通信速度が不安定になりがちです。

また、機器の調子が一時的に悪くなり、通信速度が落ちていることも考えられます。速度遅延の原因として機器の誤作動が疑われるときは、機器の電源を入れ直してみましょう。

パソコンやスマホといったデバイス側の問題

回線速度に問題がなくても、使用しているスマホやパソコンの性能が低いと速度遅延が生じてしまうことがあります。自宅に複数のデバイスがある場合、それぞれの機器で通信速度を比較してみましょう。

また、使用しているパソコンやスマホが高性能だったとしても、メモリ容量の圧迫などが原因で機器自体の処理速度が落ち、通信速度に影響を与えている可能性も考えられます。パソコンであれば、定期的にディスクのクリーンアップを行うことでハードディスクを最適化でき、速度が改善されることがあります。使用している機器がスマホであれば、バックグランドアプリの停止、キャッシュの削除を行うことでメモリ容量に余裕を持たせることができます。通信速度だけでなく、全ての動作においてスマホが重たいと感じている場合には、ひと手間かかりますが思い切って初期化することも方法の一つです。

ウィルスソフトやソフトウェアの問題

使用しているパソコンの常駐型ウィルス対策ソフトやファイアウォールが、回線速度を低下させてしまうこともあるようです。ウィルスソフトは、インターネットからウィルスが入らないよう常に通信を監視しています。しかし、使用しているウィルスソフトによっては、ソフトウェア自体が重く常にパソコンの処理能力を圧迫してしまうため、パソコンの動作を遅くすることがあるのです。その結果、回線速度自体には問題がなくても、速度遅延が起こってしまうのです。

速度が遅い原因として、ウィルスソフトが考えられる場合には、動作が軽い対策ソフトへ変えることができるかもしれません。もしくは現在使用しているウィルスソフトをサクサク動かせるスペックの高いパソコンへ買い換えるのも手です。

回線やサーバーといった通信環境の問題

インターネットは、いくつものネットワークが互いに接続し合って形成されています。そのため、アクセス先のサーバー環境や回線に問題があったり混雑したりすると、通信の不具合や速度低下が起きてしまうのです。アクセスが集中する時間帯を外して、改めて別の時間にアクセスすると速度が改善されることがあるので試してみましょう。

いつでも快適な通信を目指してSo-netも対応中

このように今からSo-netに申し込みしても、利用者が多ければ、インターネットが遅くなってしまうのでは?と不安に思われる方もいるかと思います。

ですがご安心ください!So-netでも、通信速度が遅くなるといった問題を解決するため、さまざまな対策が行われています。

速度遅延対策として、同一エリア内で利用者が増えても速度遅延が起こらないよう、回線の増設工事を常に行い、速度維持や品質の向上に努めています。この増設工事の状況をSo-net側でも公表しているため、気になった方は以下のWEBサイトよりご確認いただけます。

ひかりサービス回線設備の増設工事予定・完了状況のお知らせ

このページからは「これから工事予定の地域と工事する日」「これまで工事が完了している地域」を確認できるため、利用中のプランと合わせてご確認いただけます。

このほか利用中のサービスごとのトラブルシューティングも、So-net公式で掲載していますから、光ファイバーやモバイルなど、用途ごとに詳しく調べたいという方は、1度目を通してみてはいかがでしょうか。

So-net公式トラブルシューティング

通信速度が遅いときに試したい!3つの改善方法

So-netに限らず、インターネット通信速度が遅い原因には様々な理由が考えられます。しかし、ユーザーとしては何とかして通信速度を早くして、ストレスなくネットライフを送りたいですよね。それで、インターネットの通信速度が遅いときに試したい改善方法を3つご紹介したいと思います。

接続方法を無線から有線へ変えてみる

インターネットを使う場所を選ばない無線LAN。やはり家のどこでもネットが使えるのは大きなメリットですよね。しかし、無線接続は通信速度が電波の届き具合に影響されるため、速度が遅くなったり不安定な状態になることも。

一方、有線接続はインターネットを使う場所が限られるというデメリットはあるものの、通信速度の速さや安定性では無線接続よりも高い品質を提供することができます。また、セキュリティ面でも無線接続より強いという別のメリットもあります。まず、インターネットの接続方法を無線から有線に変更してみて、通信速度に変化があるか試してみてはいかがでしょうか。

V6プラス(IPoEオプション)を試してみる

インターネット通信速度が遅い原因の一つにネットユーザーの増加が挙げられていましたが、実は現在の多くのネットユーザーはPPPoE (IPv4)という接続方式を利用しています。現在、この通信方式の利用者がほとんどであるため、利用者の混雑により快適にインターネットを楽しめないという状況が生じています。そこで、新しいインターネット接続方式であるIPoE (IPv6)を利用してみるのはどうでしょうか。IPoE (IPv6)は、次世代のインターネット接続方式でまだ利用者が少なく、快適にインターネットを楽しむことができます。

So-netでは、2018年4月17日より新しいIPoEサービス「v6プラス」の提供を予定しています。So-netを利用されている方であれば、マイページにログインし、簡単に申し込み手続きを行うことができます。公式サイトを見ると追加費用も一切かからないようです。詳しい情報については、サービス提供開始日以降、So-netホームページで確認してみてくださいね。

利用環境をもう一度確認してみる

先に取り上げた、通信速度が遅いときに考えられる点についてもう一度確認してみましょう。無線LAN機器やルーターに不具合が生じていませんか?ウィルスソフトがパソコンの処理速度を邪魔していないでしょうか?使用しているデバイスの性能はいかがですか?思い当たる点があれば、改善策を試してみましょう。

速度が改善されないなら乗り換えも検討しよう

通信速度の低下がプロバイダ側の原因であるなら、乗り換えを検討するのもよいでしょう。乗り換えと聞くと「面倒だな」と思う人もいるかもしれませんが、実はそのまま同じプロバイダと契約しつづけるより、2~3年毎に乗り換えた方がお得になる場合もあるのです。光回線の料金プランの中には、利用開始後の月額料金は安いものの、徐々に高くなる契約内容になっていることがあります。

他社と比較して利用料金が高いようであれば、乗り換えたほうがお得だといるでしょう。ただ乗り換える前には、現在使用しているプロバイダとの契約更新期間をよく確認しておくことが大切です。契約期間中の解約によって違約金が発生すると、お得どころでは無くなってしまうかもしれません。

乗り換えは各社回線を比較して決めるのがオススメ

現在多くの事業者が光回線のサービスを提供しているので、顧客獲得のために様々なキャンペーンを行っています。乗り換えるプロバイダを選ぶときにはキャンペーンのキャッシュバック額や、契約の縛り年数を比較してお得に乗り換えましょう。もちろん各事業者の通信速度の口コミも忘れずにチェックしてくださいね。また、最近は全体として光コラボレーションの回線が遅いという現象が起きているようです。So-net光コラボレーションから別のプロバイダが提供する光コラボレーションへ乗り換えを検討している場合には、設備増強に積極的な事業者であるかどうかを調べておくのも良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?今回はSo-netが提供するSo-net光コラボレーションを取り上げて、インターネットの通信速度についての情報をまとめてみました。速度が遅いとの口コミが見られるSo-net光コラボレーションですが、記事の中でも取り上げたように、通信速度が遅くなる原因には単にプロバイダ側の問題ではないこともあります。現在 So-net光コラボレーションを契約し、回線速度に不満を持っているユーザーの方も、乗り換えを考える前に、まず今回ご紹介した速度改善法を試してみるのはいかがでしょうか。

光コラボのオススメ

ビッグローブ光

ビッグローブ光

auスマホユーザーにおすすめ!スマートバリューでスマホ代がお得に!

ソフトバンク光

ソフトバンク光

ソフトバンクスマホユーザーならソフトバンク光!

ドコモ光

ドコモ光

ドコモスマホユーザーやDカードユーザーにおすすめ!

  • 光コラボ比較
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光
  • ビッグローブ光
0