ソネット光引越し手続きまるわかりガイド!解約?移転?費用や注意点も詳しく解説

ソネット光引越し手続きまるわかりガイド!解約?移転?費用や注意点も詳しく解説

公開日:2018/10/26更新日:2019/12/5
facebook
twitter
line

引っ越しが決まると、各契約先の住所変更手続きなどやることがたくさんあります。水道やガスなどを優先して、見逃してしまいがちなのがインターネット回線。インターネットを引っ越し先でも利用するためには、移転の手続きをしなければなりません。So-net光を利用している場合は、引っ越し先のエリアによって手続きや費用が異なります。引っ越し先の住所がわかったらエリアを確認しておきましょう。手続きは引っ越しの2カ月前から可能です。撤去工事と開通工事を行うため、希望の工事日を確保するためにも早めに申し込みをするのがおすすめです。本記事では、引っ越しに伴うSo-net光の手続きについて流れを解説していきます、工事費についても紹介しますので引っ越しの手続きガイドとして利用してください。

0

So-net光の引っ越し手続きと準備を解説

So-net光を利用していて引っ越しが決まったら、移転の手続きが必要です。So-net光は引っ越し先の新居があるエリアによって手続きや料金が異なります。そこで新居が東日本と西日本どちらのエリアに該当するか事前に確認しておきましょう。それぞれの都道府県は次のとおりです。
東日本エリア

北海道 北海道
東北 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
関東 茨城、栃木、群馬、山梨、埼玉、千葉、東京、神奈川(静岡の一部含む)、山梨、長野
北陸 新潟

西日本エリア

北陸 富山、石川、福井
東海 静岡、岐阜、愛知、三重
近畿 滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
中国 鳥取、島根、岡山、広島、山口
四国 徳島、香川、愛媛、高知
九州 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
沖縄 沖縄

So-net光のお引っ越しを考えている方引越しを機にネットの見直しを考えている方は、手続きの前に一度ご相談ください。本サイトでは、乗り換えのプロに無料でご相談いただけますので、ぜひ、ご活用くださいね。
メールでの無料相談はこちら

お電話での無料相談はこちらから
So-net光をおトクに引っ越したい!
とお伝え下さいね。

サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

※連絡先のお間違いにご注意ください。

解約手続き申請契約内容の確認などは公式連絡先にてご確認ください。

So-net光の引っ越しをするときの手続きと流れを解説

So-net光の引っ越し手続きはインターネットで行ないます。引っ越し先の住所が決まったら手続きが可能です。引っ越しの2カ月前から申し込みができるので早めに済ませましょう。
申し込みが完了してから工事日程などの連絡が入りますが、連絡が取れないと取り消し処理となるので注意してください。引っ越し手続きから新居でインターネットが開通するまでの流れを解説していきます。

手続きに必要なものと申し込みの手順

So-net光の引っ越し手続きをするときは、手元にSo-netのユーザーIDとパスワード、引っ越し先の住所、引っ越し先で利用する固定電話の番号を準備します。固定電話を設置しない場合や電話番号が未定のときは、引っ越し先住所の最寄りにある店舗などの電話番号を代用してください。
ユーザーIDとパスワードがわからない場合は、電話発信での本人認証が必要です。登録している電話番号から電話発信を行なった後に再設定の方法の案内を受けられます。電話発信での本人認証ができない場合は、So-netのメールアドレスか連絡先に登録しているメールアドレスを利用して再設定が可能です。
ホームページにSo-netのユーザーIDとパスワードでログインしたら、引っ越し先で同じコースを利用するか選択して、引っ越し先(移転先)のエリアを確認します。画面に表示される案内に沿って情報を入力すると申し込み完了です。回線移転の連絡メールが届くので内容を確認しましょう。

引っ越し先でインターネット開通するまでの流れ

引っ越し手続きが完了するとSo-netから連絡が入るので、撤去工事と引っ越し先での開通工事について希望の日程を伝えましょう。その後、NTTの工事担当者から連絡があり、回線の撤去工事を実施します。回線撤去工事が無派遣で行われる場合、工事日の連絡は入りません。また、引っ越し前の住所に返却用の伝票が送られてくるので、レンタル機器を返却してください。
引っ越し先での開通工事に関しては、事前にNTTの工事担当者から訪問時間や工事確認のための連絡が入ります。当日は工事担当者が訪問し自宅内で工事を行うため、立ち会いが必要です。開通工事は1〜2時間ほどで完了します。無派遣工事の場合は、自宅内での工事は不要です。
回線移転や工事完了の連絡メールが届いたら、So-netの接続IDを使用してパソコンや端末装置の設定を行ないインターネットに接続します。

So-net光の引っ越しにかかる費用

So-net光の引っ越し費用は、エリア内での引っ越しか異なるエリアをまたぐ引っ越しかによって異なります。同じエリア内で引っ越す場合は、初期費用としてかかるのが移転工事費のみなのでお得です。戸建・マンションともに移転工事費は9,000円となります。
異なるエリア間で引っ越しをする場合は、初期費用として事務手数料と回線工事費が必要です。戸建・マンションともに、事務手数料が3,000円、回線工事費が800円×30カ月分で24,000円となります。
土日祝日に工事を行う場合は、初期工事費の総額が3,000円増となるので注意してください。

引越しの場合、同じ契約の移転よりも乗り換えの方がおトク?詳しくは無料相談まで!

So-net光の解約でかかる違約金

So-net光の解約をする際は、長割を利用していると注意が必要です。契約更新月に解約すれば問題ありませんが、更新期間以外で解約すると違約金が発生します。長割は、一定期間の継続利用を条件に月額基本料金が割引されるサービスです。継続利用期間が終了した翌月から2カ月間を契約更新期間としています。
長割の契約更新月はマイページから確認可能です。アクセス後に料金・キャンペーン・ポイントのページから長割の利用状況に進みます。詳細をクリックすると、契約更新期間が表示されるので確認しましょう。
サービス別の解約金は次のとおりです。

サービス名 継続利用期間 解約金
So-net 長割 for フレッツ 24カ月(2年) 3,000円
So-net 長割 for コミュファ 36カ月(3年) 8,000円
So-net 長割 for So-net 光 30カ月(2年6カ月) 7,500円
So-net 長割 for 光 アクセス 24カ月(2年) 3,000円

引越しにともない、インターネットの乗り換えを検討中の方必見!月額料金が安くなったケースやお得な乗り換えになったケースが多数ございます。
お乗り換えや見直しを考えている方は、窓口で「引越しタイミングでおトクにネット乗り換えたい!」とお伝え下さい。

メールでのお申し込みはこちらから

無料相談はこちら

※連絡先のお間違いにご注意ください。

※解約手続き申請や契約内容の確認などは公式連絡先にてご確認ください。

So-net光の引っ越し手続きをするときの注意事項

So-net光の回線工事当日や前日はキャンセルができないので、工事日程の変更は早めに連絡してください。また、利用環境によっては希望の回線にならない場合があります。
So-net光×東京ガストリプル割を利用している場合、適用中に引っ越し手続きをすると割引サービスが終了となるので注意してください。また、So-net光電話やSo-net光テレビを利用していて同じエリア内で引っ越しする場合は基本的に継続利用が可能で、別途工事費が必要です。異なるエリアにまたがる場合は、一度解約してから改めて申し込みを行ないましょう。
引っ越し先での工事費は一括払いとなり、分割工事費を支払い中の場合は残額分が継続される仕組みです。So-net 長割 for So-net 光を契約している場合、契約開始日は適用中のまま引き継がれます。

auセット割を利用している場合の手続き

So-net光×auセット割は、指定のパケット定額サービスで契約しているauのスマホとの同時利用によって、So-net光の月額基本料金が割引になるサービスです。利用中に引っ越し手続きを行うことで割引サービスの適用が終了となります。
また、So-net光×auスマートバリューは、So-net光(auひかり)やSo-net光、So-net光(コミュファ光)を利用している人向けの割引サービスです。利用中に異なるエリアへの引っ越し手続きを行うことで終了となるサービスです。引っ越し後も利用するためには、引っ越し先で回線が開通したらauの契約情報変更を行ないauショップで申し込みをします。

移転手続きだと逆に時間や費用がかかる?おトクな引越しはプロに相談!

ほかの光回線への乗り換えも選択肢の1つ

引っ越しに伴いSo-net光が継続できない場合は、ほかの光回線へ乗り換える方法も選択肢の1つです。例えば、So-net光×auセット割やSo-net光×auスマートバリューを利用している人には、auひかりに乗り換えるのがおすすめ。auスマートバリューに申し込みができるので、auのスマホとセット利用でお得になります。
au以外にも、契約している携帯電話とセット割引になる光回線への乗り換えが可能です。携帯電話がDocomoの場合はドコモ光、SoftBankの場合はソフトバンク光への乗り換えることでお得に利用できます。
携帯電話とのセット利用のほかにも、乗り換え先の選び方はさまざまです。好みのコンテンツが充実した光回線やお得なキャンペーンを実施している光回線など、条件を比較して適した回線会社を選びましょう。

So-net光の引っ越しはエリア確認がポイント

So-net光の引っ越しについて解説しました。移転手続きでポイントとなるのがエリア確認です。現住所と新居の住所が東日本と西日本それぞれの同じエリア内か、エリアをまたぐかによって費用や手続き方法が異なります。
東日本と西日本のエリアをまたいだ引っ越しでは、手続きによって利用しているサービスが終了となる場合があるので事前に確認しておきましょう。移転手続きを行わずに、光回線を乗り換える方法も選択できます。

サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

※連絡先のお間違いにご注意ください。

解約手続き申請契約内容の確認などは公式連絡先にてご確認ください。

光コラボのオススメ

ビッグローブ光

ビッグローブ光

auスマホユーザーにおすすめ!スマートバリューでスマホ代がお得に!

ソフトバンク光

ソフトバンク光

ソフトバンクスマホユーザーならソフトバンク光!

ドコモ光

ドコモ光

ドコモスマホユーザーやDカードユーザーにおすすめ!

  • 光コラボ比較
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光
  • ビッグローブ光
0