ドコモに続きソフトバンクからも新プラン!携帯電話料金の値下げ競争がいよいよ本格化!

ドコモに続きソフトバンクからも新プラン!携帯電話料金の値下げ競争がいよいよ本格化!

公開日:2020/12/4更新日:2020/12/22
facebook
twitter
line

新内閣設立後、菅総理が掲げる携帯電話料金の引き下げに向け、政府は多くの携帯キャリアに向けて主力ブランドの値下げを求める動きが進んでいます。大手携帯キャリアは、まず着手した値下げ対応として、サブブランドにて新料金プランの提供を発表しました。 こうした中、NTTドコモがメインブランドにて新プランの発表を行い、大きな注目を集めています。

0

NTTドコモが月額2980円の新プラン発表!

NTTドコモは、2020年12月3日、新料金プランの「ahamo(アハモ)」を発表。「ahamo(アハモ)」は、月間のデータ量20GBを月額2,980円(税別)で提供する新プランで、2021年3月から提供開始するとしています。

新政府の主張を受けた形で、ドコモは「しっかり納得して契約いただくことをめざした料金プラン」として、契約事務手数料やMNP手数料をはじめ、細かい割引条件などをなくし、シンプルな料金体系を作りました。

特徴

「ahamo(アハモ)」の主な特徴は、以下の通りです。

・月額料金:2,980円(税別)
・月間データ容量:20GB
・事務手数料:なし
・キャリアメール:なし
・5分間まで通話料無料
・サポート、手続き:オンラインのみ

これまで50GBなどもあった月額データ容量は、20GBになります。ただし20GB超過したあとでも、最大1Mbpsの通信速度で利用することができます。この月間データ容量は、国内だけでなく海外82ヵ国でも追加料金なく利用可能です。
また4Gだけでなく5Gネットワークにも対応しており、高速・大容量の『瞬間5G』が「ahamo」でも体験できます。1回あたり5分間まで通話無料ですが、通話回数や時間が多い場合は、月額1,000円で「かけ放題オプション」が用意される。

「ahamo」になると、これまで大手キャリアが設けていたキャリアドメインのメール提供がなくなります。また契約も20歳以上の個人のみが可能になるので、法人契約はできません。契約をする際は、dアカウントが必須で、口座振替とクレジットカード払いになります。

先行エントリー開始

2021年の提供開始に先立ち、12月3日から提供開始前日まで、先行エントリーの受付を開始しました。「ahamo」の専用ホームページから、電話番号とメールアドレスを登録するだけです。そして提供開始後に「ahamo」を契約することで、期間限定のdポイントが、なんと3,000ポイントもらえます。

参照:「ahamo」ホームページ

携帯電話料金値下げ政策とは

携帯電話料金の引き下げは菅義偉政権の看板政策の一つである。菅首相のかねての持論で、国民にも強くアピールしてきました。
総務省は、携帯電話料金値下げに向けて「アクションプラン」を発表し、乗り換えの際にSIMカードの差し替えが不要な「eSIM」といった機能を普及させるなど、さまざまな政策をまとめました。この「アクション・プラン」には、3つの柱をもとに各携帯電話会社へ値下げを促す政策が明記されています。

柱①:分かりやすく、納得感のある料金・サービスを実現する

1つ目は、現状お料金プランやサービスが複雑なため、わかりにくいということがないよう、料金プランの詳細や変更、契約先の乗り換え手続きなどを分かりやすく解説するため、専用のホームページを設けることを挙げています。
また販売店が、価格に上乗せする手数料と「頭金」と表示したり、わかりにくい説明をしていないか、同じ端末でも販売店によって価格が異なる場合があるという説明をしているかなども、確認を行います。

柱②:事業者間の公正な競争を促進する

2つ目は、各事業者間での競争を通じ、魅力的で多様なサービスを生み出していくとしています。
これに向けて、格安スマホ会社が大手携帯電話会社に支払っているデータ接続料金を、今年度から3年間で半分程度まで下げるようにするほか、音声通話用の回線を借りる料金に関しても、さらに引き下げていく方向で考えられています。

柱③:事業者間の乗り換えを円滑化する

3つ目には、各事業者間での契約乗り換えをしやすくするため、円滑化していくことを挙げています。
総務省は、契約者のデータが書き込まれたSIMカードの機能を内臓させた「eSIM」を普及させるよう、来年の夏までに指針の策定を行います。またキャリアメールを事業者乗り換え後も、継続して利用できるようにするといった仕組みの検討も行われています。

総務省としても、今回のプランを通じて利用者がよいサービスで、より安い料金プランの携帯電話会社を選ぶことで、事業者間がお互いに競争意識をもち、料金の改定やサービスの質向上に繋がるのではと考えているようです。

KDDIは「UQ Mobile」を値下げ

政府からの値下げ要請を受け、KDDIでは2021年2月以降に、auの別ブランドである「UQモバイル」にて新料金プランの提供を開始すると発表しました。

新料金プランは「スマホプランV」で、月間データ容量は20GBで、月額3980円となっています。通話オプションや各種割引が適用になれば、もっと安価で利用することができます。家族で加入した場合には、2回線目以降は3,480円で利用できます。
KDDIでは、auで月額7,650円のデータ使用無制限プランはありましたが、UQモバイルだと10GBのプランまでしかなかったため、auとUQモバイルの間を埋める容量のプランを作った形になります。

参考:KDDIプレスリリース

ソフトバンクは「ワイモバイル」で値下げ競争参入

一方、ソフトバンクはサブブランドである「ワイモバイル」にて、新料金プランを発表しました。
UQモバイル同様、月間データ量20GBで月額4,480円という「シンプル20」というプランです。2020年12月下旬から提供開始予定で、大容量の高速データ通信とシンプルな料金体系が特徴となっています。
このプランも、ソフトバンクの50GB大容量プラン(月額7,480円)と、ワイモバイルの14GBまでのプランの間に位置づけられています。なお国内通話は1回あたり10分まで無料なので、あまり電話をしない人には嬉しいプランと言えます。

参考:ワイモバイル新料金プラン「シンプル20」

※追記(2020/12/22)

ソフトバンクは、2021年3月以降に、データ容量20GBで月額2,980円で提供する新料金プラン「SoftBank on LINE」を発表。ソフトバンクの4Gと5Gが利用できeSIMにも対応しています。
1回あたり5分以内の国内通話が、無料で何度でも利用でき、月額1,000円で5分を超える国内通話がかけ放題になるオプションをつけることもできます。またLINEモバイルを完全子会社化し、LINEのサービスは使い放題になる「LINE がギガノーカウント」を提供することになります。手続きはWebサイトやLINEのオンラインからのみとなり、キャリアメールアドレスは提供しません。

さらにソフトバンクは、4G・5G向けの新料金プラン「メリハリ無制限」を発表。これは月間のデータ容量が無制限で、月額6,580円で提供されるもので、2021年3月からこちらも開始予定です。従来からある50GBのデータ容量と「動画 SNS 放題」がついたプランと比べても、1,900円の値下げとなっています。
なお当プランは、月間の使用量が3GB以下の場合はさらに1,500円引きになるほか、光回線とのおうち割適用で1,100円の割引となるだけでなく、3人以上の「新みんな家族割」で3GB以下の利用であれば月額2,980円の請求となります。

参照:Softbank プレスリリース

まとめ

今回、ドコモより発表された新プラン「ahamo」。これを受けて、サブブランドで新プランを展開している、他キャリアはどう動いていくのでしょうか。
auやソフトバンクも、サブブランドで新料金プランを発表しましたが、政府からの強い要望もあることから、今後はメインブランドでも新料金プランが登場してくるかもしれません。

スマホのオススメ

docomo

docomo

いまのスマホそのままで料金はお得!ドコモユーザーにおすすめ!

UQmobile

UQmobile

auユーザーやご家族での乗り換えにおすすめ!UQモバイル

ソフトバンクスマホ

ソフトバンクスマホ

ソフトバンクへのスマホ乗り換えにおすすめ!

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

エンタメフリーオプションもあり!ドコモ・au回線から選択できるBIGLOBEモバイル

楽天モバイル

楽天モバイル

1年月額料金が無料!楽天経済圏ユーザーに最適な楽天モバイル!

  • エラスタモ
  • UQモバイル(スマホ)
  • 楽天モバイル(スマホ)
  • ソフトバンクスマホ
0