OCNモバイルはIPv6接続は可能?気になる評判や通信速度を徹底調査!

OCNモバイルはIPv6接続は可能?気になる評判や通信速度を徹底調査!

公開日:2018/5/1更新日:2020/11/10
facebook
twitter
line

数多くあるインターネットサービスプロバイダの中でも、国内大手のOCN。光回線の「OCN光」だけでなくMNVOサービス「OCNモバイルONE」も提供しているOCNは、業界内では会員数トップを誇る人気プロバイダです。

そんなOCNですが、ユーザーからは「回線速度が遅い」という声もあがっているようです。実際のところ、インターネット環境の使い心地はどうなのでしょうか?今回の記事では、OCNは速いのか遅いのか、口コミやデータを元に解説します。また通信速度が遅いときに試したい対策方法についてもご紹介します。すでにOCNユーザーの方も、これからOCNへの加入を検討している方も、どうぞご一読ください!

0

OCNとはどんな会社?

誰でもきっと一度は耳にしたことがあるOCNという名前。しかし具体的にどんな企業なのか知らない人も多いのではないでしょうか?OCN光・OCNモバイルONEについて解説する前に、OCNとはどんな会社なのかについてご紹介します。

大手のインターネットサービスプロバイダ

近年はインターネットサービスプロバイダの数もだいぶ増えてきましたが、なかでもOCNはサービスを開始して20年以上の実績を持つ老舗プロバイダです。NTTコミュニケーションズ運営の元、光回線やADSL、また高速モバイルといった様々なインターネットサービスを提供しています。

実はOCNは、国内だけでなく世界レベルで大手のプロバイダーだということをご存知でしょうか?その理由は、OCNが世界で10ほどしかない「Tier1プロバイダ」の1社だということ。Tier1プロバイダとは、世界規模でネットワークを保有しているプロバイダのことで、Tier1が世界中のインターネット通信を支えていると言っても過言ではありません。

なんと会員数は業界ナンバーワン!

OCNは会員数ナンバーワンのプロバイダとしても知られています。人気の秘密はやはり、大手企業であるNTTコミュニケーションズがOCNを運営しているということ。安心・信頼のNTTが運営しているとだけあり、回線品質やサポートの面でも評価されているプロバイダなのです。長年実績を持つプロバイダですから、もしどのプロバイダを選んだらよいか分からない場合には、OCNを選択肢に入れてみるのも良いかもしれませんね。

ユーザーの増加に設備拡張が追いついていないのでは? という指摘もある

大手が運営しており、長年の実績から信頼度も高いため、会員数が多いOCNですが、ユーザー数が多いOCNは、通信速度が遅いと言われています。特に20〜22時の時間帯は、遅いという声が多く聞かれています。速度が遅い原因は、ユーザー数が多いために回線が混雑してしまうからです。

OCNでは、速度の遅さにたいして、適宜増設工事をするなどして対応しています。しかしユーザー数に合わせた設備増設は、まだ十分ではありません。近年、インターネットの普及が目覚ましく、増設工事が追いついていないからです。

OCN以外の有名なプロバイダでも、混雑による速度低下がみられており、増設工事に取り組んでいるので「OCNだけが遅くなっている」というわけではありません。

OCN増設工事の最新情報は、こちらから確認できます。
http://support.ntt.com/ocn/information/detail/pid25000002e8

OCN光の気になる通信環境は?

OCN光はフレッツ光回線を利用したサービスです。そのため現在フレッツ光を契約している場合、OCN光へ乗り換えても固定電話番号や光電話がそのまま利用できるという便利さがあります。また乗り換え時、「にねん割り」の違約金が発生しないというのも特徴です。

OCNでは通信速度上り下り最大1Gbpsの光回線を提供しています。また2017年の7月以降からは、ネットワーク混雑緩和や通信環境向上のために、IPv4通信に加えてIPv6通信も導入されました。しかしOCNが提供しているサービスは「ベストエフォート型」であるため、インターネットの利用環境や、使用している機器の能力、また時間帯などによっては通信速度が低下する可能性もあるということは覚えておきたいですね。

携帯セット割でOCNモバイルONEもお得に利用できる!

ここ数年の間に広く普及するようになった格安SIM。キャリアと契約するよりも月額料金が抑えられるので、興味がある人も多いのではないでしょうか。実はOCNは光回線サービスだけでなく「OCNモバイルONE」というMVNOサービスも提供しているのです。

しかもOCN光の利用者であれば、OCNモバイルONEの月額料から毎月200円割引される「OCN光モバイル割」というお得な携帯セット割プランもあるのですよ。最大5契約まで割引が適用されるので、家族みんなでOCNモバイルONEを使って、お得に格安SIMを運用することも可能ですね。

OCNユーザーからの評判は良い?悪い?

老舗プロバイダのOCNですが、実際に利用しているユーザーからの評判はどうなのでしょうか。OCN光を利用しているユーザーの口コミを調べたところ「信頼性が高い」、「回線品質が良くトラブルがほとんど無い」、「電話サポートが丁寧」といったコメントが多く見られました。通信速度については「早い」と評価しているユーザーがいる一方で、「遅い」と感じているユーザーも少なからずいるため、やはりインターネットの利用環境や時間帯によっては速度遅延が起こっている可能性が考えられます。利用料金については「可もなく不可もなく」もしくは「少し高い」と評価しているユーザーが多いようですね。

またOCNモバイルONEを利用しているユーザーの多くは、通信速度が遅い時間帯があるものの、キャリア契約時に比べて月々の電話代が安くなったので「おおむね満足」と評価する口コミが多数見られました。

OCN光&OCNモバイルONEの速度計測結果は?

では実際にOCN光とOCNモバイルONEの速度計測を行った場合、どの程度の速度結果が出ているのでしょうか。それぞれの実測結果について見てみましょう。

インターネットの通信速度は、ユーザーの利用環境や機器によっても大きく異なる場合がありますので、あくまで参考の一つとしてご覧ください。

OCN光

通信速度の目安としては、30Mbpsの速度が出ていれば通常画質の動画視聴やネットショッピング、大きなデータの伴うメール送受信を行うことができます。そして100Mbps以上の速度があれば、高画質モードの動画視聴やオンラインゲームを行えるといわれています。

スピードサイトで直近1ヶ月の平均スピードについて調べた結果、OCN光は平均値102Mbpsの速度が計測されているようです。しかし他のスピードサイトの結果も合わせて比較したところ、必ずしも平均値の速度が出るわけではなく、都道府県や利用時間帯によっても測定値に大きく差が出ることが分かりました。

OCNモバイルONE

2018年4月上旬の速度計測結果について調べたところ、朝8時台の時間帯では下り速度3.01Mbps・上り速度5.63Mbpsという結果が出ています。またお昼の時間帯では下り速度0.32Mbps・上り速度4.81Mbpsという結果に。ランチタイムは1日のうちでも特に回線が混雑する時間帯ですから、どうしても速度が低下してしまうようです。

夕方18台の計測では、下り速度1.35Mbps・上り速度5.44Mbpsと昼の時間帯に次いで回線混雑による速度低下が計測されています。夜間23時台では下り速度4.12Mbps・上り速度6.24Mbpsという計測結果でした。

通信速度の目安としては、1.5~2Mbpsの速度が出ていればストレスを感じることなくWeb閲覧ができ、3~5Mbps以上の速度が出ていれば比較的スムーズにアプリをダウンロードできるといわれています。上記の計測結果を「遅い」と感じるか「早い」と感じるかは、ユーザーが普段どのような用途でスマホを使うかによっても異なってくるでしょう。

通信速度が遅い!考えられる原因とは

インターネットを日頃から利用しているユーザーにとって、通信速度の低下はストレスになりますよね。OCN光回線が遅いときに考えられる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

通信制限がかけられている

OCNでは、特に通信料を多く利用しているユーザーに対して、回線が混みあった場合一時的に通信制限をかける仕組みを導入しています。これは、他のユーザーが回線混雑時でも快適にインターネットを利用できるようにするための措置で、通信制限は混雑が緩和されると解除される仕組みです。ちなみに通信制限がかかると、光回線であっても下り5Mbps程度のスピードまで落ちてしまうようですから、かなりストレスを感じる通信速度だといえるでしょう。

同じマンションにOCNユーザーが集中している

マンションタイプの接続プランを利用している場合、同じマンション内にユーザーが集中していると、回線が込み合い、速度低下の原因になることがあります。会員数ナンバーワンのOCNですから、同じマンション内にも加入者が多い可能性は充分にありますね。

光回線を夜間に使用している

夜間は多くの人が仕事や学校から帰宅し、ゆっくりリラックスしながらインターネットを楽しむユーザーが増える時間帯です。そのためどうしても回線が混雑し、光回線であっても通信速度の低下が起こりがちです。中でも休日の夜間は特に混雑するといわれています。

時間帯だけでなく天候によっても、回線の速度は大きく変ることがあります。例えば休日に雨や雪が降っていると、外出せずに家で過ごすという人も多くなるため、ネットがつながりにくくなってしまう状況が考えられるのです。

インターネットをもっと快適に!すぐに試せる対策とは

インターネットをより快適に使うために、どのような対策を実践できるでしょうか。OCN光・OCNモバイルONEそれぞれの対策についてまとめましたのでご紹介します。

OCN光をもっと快適に使うためにできること

光回線の通信速度が思うように出ない場合、使用している機器や使用環境が原因になっていることもあるようです。主に考えられる原因と対策についてご紹介します。

ルーターやハブを交換してみる
使用している機器が古かったり、不具合が出ていたりすると、回線速度低下の原因になります。まずはインターネットが込み合う時間を避けて、通常の通信速度とハブやルーターを外した状態の通信速度を測定し、比較してみましょう。速度に差が出るようなら、使用機器側に問題があることが考えられますので、買い替えを検討してみましょう。買い換える場合には光回線の規格に合わせて、1Gbps対応の機器を選ぶことをお忘れなく!

買い替えのおすすめはこちら

無線から有線に変えてみる
速度低下の原因となる理由について幾つか取り上げましたが、そのいずれにも思い当たらない場合、家電の発する電磁ノイズが通信の妨げとなっている可能性も考えられます。

今無線を利用しているのであれば、ノイズの影響を受けにくい有線へ変えてみましょう。

OCNモバイルONEをもっと快適に使うためにできること

月々の格安料金が魅力のMVNOですが、ちょっとした対策でインターネットをもっと快適に使えます。3つのポイントをご紹介します。

無料のWi-Fiスポットを利用しよう
OCNモバイルONEのユーザーは、全国各地にある86,000ものWi-Fiスポットを無料で利用できます。アプリ更新といった大容量通信をWi-Fiスポットで行うようにすれば、容量の節約になりますね。また速度制限がかけられている時や、朝夕の回線混雑時でも、高速通信できるためとっても便利!モバイルデーター通信と上手に使い分けることで、より快適にインターネットを楽しめますよ。

ターボ機能を活用して通信料削減!
OCNモバイルONEには、通信速度を手動で切り替えられる「ターボ機能」があります。低速に切り替えると上下200kbpsの速度になりますが、メールやSNSの送受信や、ちょっとしたニュースのチェックには十分です。普段から通信容量を節約しておけば、動画や音楽を楽しみたいとき、アプリをダウンロードするときにストレス無くインターネットを使えますね。

知っておくと便利!バースト転送機能
「バースト転送機能」とは、低速通信時でも通信開始後の数秒間だけ、高速通信できる機能のことです。OCNモバイルONEはこのバースト転送機能のお陰で、速度制限中でもちょっとしたサイトの閲覧などであれば、比較的快適に行えるのです。格安SIMを選ぶときには、バースト転送機能の有無もチェックしておきたいですね!

【まとめ】サポートへの電話も対策の一つ!それでもダメなら他社乗り換えを視野に

改善策を試したけれど回線速度が思うように出ない場合は、サポートに相談してみるのも方法のひとつです。OCNのサポートは親切・丁寧とユーザーの間でも評判ですから、親身に対応してもらえることでしょう。実際サポートに電話したことでネット環境が改善された事例もあるため、試してみる価値はあるでしょう。

それでも改善が見られないようであれば、思い切って他社へ乗り換えるのも方法の一つです。最近は契約解除によって発生してしまう違約金を、代わりに負担するプロバイダもありますから、一度検討してみてはいかがでしょうか。

固定回線のオススメ

NURO

NURO

回線速度重視ならNUROで決まり!下り最大2Gbpsの超高速!

docomo

docomo

いまのスマホそのままで料金はお得!ドコモユーザーにおすすめ!

フレッツ光

フレッツ光

対応エリアが広く、キャンペーンでお得に利用できる!

UQmobile

UQmobile

auユーザーやご家族での乗り換えにおすすめ!UQモバイル

auひかり

auひかり

auスマホユーザーにおすすめ!スマートバリューでさらにお得!

  • エラスタモ
  • UQモバイル(スマホ)
  • 楽天モバイル(スマホ)
  • ソフトバンクスマホ
  • 光コラボ比較
  • フレッツ光
  • NURO光
0