MNPで簡単に!他社キャリア・格安SIMへ番号そのまま乗り換える方法を伝授!

MNPで簡単に!他社キャリア・格安SIMへ番号そのまま乗り換える方法を伝授!

公開日:2018/2/7更新日:2020/12/22
facebook
twitter
line

新しくスマホを買い替える時、多くは同じキャリア(携帯会社)でそのまま機種変更をするかと思います。

しかし自身の気持ちの変化や、家族間で切り替えることになったりすると、他社へ変えることもあるのではないでしょうか。

そんな他社への乗り換えをする時に、必ず出てくるのが、番号そのままで乗り換える「MNP」という手続きです。

よく聞くけど「MNP」って何?という方へ、今回は「MNP」について詳しく解説します。

0

MNP(ナンバーポータビリティ)とは?

「MNP」とは、Mobile Number Portability(モバイルナンバーポータビリティー)の頭文字を取ったもので、ナンバーポータビリティとも言われます。

これは携帯電話の電話番号を変更することなく、別の通信事業者(携帯会社)に乗り換えができるという仕組みです。

今まで使っていた電話番号を、別の会社へ切り替えても継続して使いたいという場合には、必ずMNPが必要となってきます。

最近注目の「MVNO」とは?

また最近では、ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手携帯会社へのMNPではなく格安SIMへの乗り換えをする方が増えています。

格安SIMの普及とともに、「MVNO」という言葉も広く使われるようになりました。

「MVNO」とは、Mobile Virtual Network Operatorの頭文字を取ったもので、日本語では『仮想移動通信業者』と訳されます。

MVNOは、他社(ドコモやauなどのキャリア)から通信インフラを借りて、サービスを提供している会社のことを指します。つまり格安SIMを提供している企業のことです。

スマホや携帯電話は、各キャリアが持っている基地局と繋げて使います。

しかし格安SIMなどでは、音声通話などで使う基地局を持っていないため、キャリアが持つネットワークを借りており、そこからインターネットに繋がる部分を独自で対応して運営しています。

これにより格安SIMでは通信料を小分けにして販売することができるため、月額利用料が安く済んでいるという仕組みです。

格安SIMのおすすめ

ドコモ回線の格安SIMならDTI SIM

回線速度も気になる方はOCN モバイル ONEがおすすめ

ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリア対応!nuro mobile

安心のドコモ回線 エキサイトモバイル

ドコモなら端末そのままで料金はお得に!GMOとくとくBB×ドコモSIM

J:COM MOBILE

TOKAIグループの格安モバイル【LIBMO(リブモ)】

BIGLOBEモバイル

MNPに必要なもの・注意点

MNP手続きに必要なもの

MNPの手続を行う際に必要となるのが、以下の4点です。なかでも「MNP予約番号」は、今使っている会社で発行し、乗り換え先への提出が必要となるので、忘れず取得しておきましょう。

  • MNP予約番号(10桁)
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポート)
  • クレジットカードまたは預金通帳 ※印鑑も
  • 手数料(キャリアごとで違う)

なお、手数料は、登録した口座やクレジットカードから引き落としになります。

MNPの注意点

基本的な流れとしては簡単なMNPですが、乗り換え前に必ず確認しておきたい注意点があります。

MNP予約番号には有効期限がある

MNPで乗り換える際「MNP予約番号」を取得しますが、実はこの予約番号には有効期限が設けられています。

事前に予約番号だけ取得して、切り替え先へ後日持って行くことはできますが、発行してから15日の期限内に手続きをしないと、再発行となりますのでご注意ください。

MNP予約番号の再発行は、15日以上経過していないと行えないため、もし15日以内に番号を紛失したなどあっても、15日を過ぎないと手続きが出来ません。

MNPを行うのであれば、すぐに手続きができるタイミングで予約番号を発行するようにするのがベストです。

MNPの手数料や解約料

MNPに限ったことではないですが、他社へ乗り換える際に気をつけたいのが、手数料や利用中サービスの解約金です。

MNPで乗り換える際に、必要となる費用は主に3種類あります。

解約金・契約解除料

携帯電話会社の多くは、2年間の自動更新契約となっていることがほとんどです。

そのためMNPで他社に乗り換える際も、更新月でなければ契約解除料が発生します。主要キャリア3社(docomo・au・Softbank)の場合、2年契約であれば税抜き9,500円の解除料が発生します。

またスマホの端末代金を支払い終わる前に解約する時は、端末代金の支払いのみ継続されます。ただし契約自体は既に解約となっているため、これまで毎月端末代金の割引サービスなども無くなるので、本体代金は丸々かかってしまいます。

キャリアによって、解除料や端末代金の支払い方法などが変わるため、事前に確認しておくことをオススメします。

MNP転出手数料

MNPをして、今のキャリアから番号を持って出ていくために必要な費用です。docomoの場合は2,000円、au・Softbankの場合は3,000円発生します。

契約事務手数料

新しい携帯電話会社と契約する際に、3,000円が発生します。

これ以外にも、スマホや携帯電話を乗り換える際には注意が必要です。

今まで使っていたスマホに入っているデータや電話帳などは、ドメインが変わるために移行できないことがほとんどです。

とくに格安スマホ(MVNO)へ変える場合は、ドメインを持たないところもあるので、事前に必要なものは別途保存しておく方がいいでしょう。

MNPの最適なタイミングは?

一番良いタイミングでMNPをするには、やはり現在のキャリアの更新月に行うのがベストといえます。

解約金も発生しないため、乗り換え時にお客様にかかる負担も一気に軽減できます。

更新月でなくても、会社によっては乗り換えキャンペーンを行っているところも多く、利用中キャリアの解約金キャッシュバックなどがあるので、更新月まで期間がある方は、乗り換えキャンペーンを活用するのも1つの方法です。

格安SIMに変えた際などは、利用開始月は日割りになっていることが多いので、月末に切り替えるのがベストといえます。

スマホ乗り換えのおすすめ

ドコモ回線の格安SIMならDTI SIM

回線速度も気になる方はOCN モバイル ONEがおすすめ

ずーっと月額1,980~円(税別)使えるスマホ【UQモバイル】

ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリア対応!nuro mobile

安心のドコモ回線 エキサイトモバイル

ドコモなら端末そのままで料金はお得に!GMOとくとくBB×ドコモSIM

Y!mobile正規代理店!お得な特典付きの「ヤングモバイル」!

J:COM MOBILE

TOKAIグループの格安モバイル【LIBMO(リブモ)】

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

BIGLOBEモバイル

MNP予約番号の取得方法

ではMNPの予約番号は、どのように取得すればよいでしょうか。大手キャリア3社・格安SIM(MVNO)での、予約番号取得方法をご紹介します。

ドコモ・au・ソフトバンクのMNP番号取得方法

ドコモのMNP予約番号取得方法

電話で取得する場合

電話で取得する際は、スマホ・携帯電話からと一般電話からで、連絡先が変わりますので注意しましょう。

ドコモ公式のMNP予約番号受付の窓口電話番号

スマホ・携帯電話から

151

※受付時間9時~20時・年中無休

一般電話から

0120-800-000

※受付時間9時~20時・年中無休

ドコモショップで取得する場合

MNP予約番号は、ドコモショップへ直接行っても取得することができます。ただしドコモショップで取得する場合は、契約者本人が身分証明書を持って行く必要がありますので注意しましょう。

My docomoから取得する場合

24時間受け付けてくれるのが、My docomoからの手続きです。

MNP予約番号の手順は以下のとおりです。

  • My docomoへログイン
  • 「ドコモオンライン手続き」
  • カテゴリから探す「携帯電話番号ポータビリティ予約」
  • 携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)「お手続きへ」
  • 申込み完了

申込み完了後は、予約番号と有効期限が表示されるので、メモを取っておきましょう。スマホで手続きをしたなら、スクリーンショットを取っておくのもよいかもしれません。

auのMNP予約番号取得方法

電話で取得する場合

電話で取得する際は、契約者本人から連絡するようお願いします。電話番号は、スマホ・一般電話ともに同じ番号となっています。

au公式のMNP予約番号受付の窓口電話番号

0077-75470

(無料)

受付時間

9:00~20:00

auショップで取得する場合

auのMNP予約番号は、auショップへ直接行っても取得することができます。契約者が確認できる身分証などを必ず持って行くようにしましょう。

EZweb(My au)から取得する場合

どうしても店舗に行けない、電話する時間がないという人は、EZwebからでも手続き可能。9:00~21:30の間であれば、webでお申込みができます。

My auからMNP予約番号を取得する手順は以下のとおりです。

  • My auへログイン
  • 「申し込む / 変更する」
  • 「au 携帯電話番号ポータビリティ (MNP)」
  • 申込み完了

ソフトバンクのMNP予約番号取得方法

電話で取得する場合

電話で取得する際は、スマホ・携帯電話からと一般電話からで、連絡先が変わりますので注意しましょう。

ソフトバンク公式のMNP予約番号受付の窓口電話番号

ソフトバンク携帯電話・スマホ

*5533

一般電話

0800-100-5533

フリーコール

受付時間

9:00~20:00

ソフトバンクショップで取得する場合

MNP予約番号は、ソフトバンクショップへ直接行っても取得することができます。契約者が確認できる身分証などを必ず持って行くようにしましょう。

またプリペイド携帯の方が、MNP予約番号を取得する際は、必ずショップでのお申込みとなりますので注意が必要です。

My SoftBankから取得する場合

3Gケータイをお持ちの方は、My SoftBankより申込みが可能です。受付時間は9:00~21:30なので、日中お仕事などで連絡出来ない方にも対応できます。

ただしiPhoneやその他スマートフォン、4Gケータイ、AQUOSケータイをご利用の方は、My SoftBankからの受付はできません。

My SoftbankからMNP予約番号を取得する手順は以下のとおりです。

  • My Softbankへログイン
  • 「設定・申込」
  • 「設定・変更」
  • 契約者情報の変更「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」
  • 「番号ポータビリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」
  • 申込み完了

格安SIMで取得する方法

格安SIMを既に使っている方のMNP方法は、大手キャリアとほとんど変わりません下記で紹介したもの以外にも、格安SIM会社は多数あるため、会社によって電話受付であったり、Web受付であったりとさまざまなので、事前に確認しておきましょう。

マイページより取得する場合

格安SIMを申し込む場合、ほとんどがWEBから申し込みを行います。その際、マイページが用意されていることが多いため、各種手続きはマイページから行う必要がある企業がほとんどです。

MNP予約番号の申請や取得関連のメニューを見つけて、画面に指示されるとおりに進んで行きましょう。

電話で取得する場合

格安SIMを提供している企業の一部には、電話でのMNP予約番号を申請・取得できるところもあります。電話での申請・取得をしたいという方は一度調べてみると良いでしょう。

OCNモバイルONEの公式MNP予約番号申請の受付窓口

NTTコミュニケーションズが運営する「OCNモバイルONE」は、下記カスタマーズフロントでの電話受付か、OCNマイページの会員サポート「解約の手続」から手続きを行います。

OCNモバイルONE公式の受付窓口電話番号

0120-506506

もしくは

050-3786-0506

受付時間

10:00~19:00(日曜・祝日・年末年始を除く)

MNPの手順

ではMNPで他社に乗り換える場合の流れを、解説してまいります。今回は、乗り換え先として人気のソフトバンクと格安SIMのビッグローブモバイルについて解説してまいりますので、参考にしてみてくださいね。

ソフトバンクにMNPする手順

  • 現在利用中の携帯会社から「MNP予約番号」を取得する
    ※有効期間は15日間
  • ソフトバンクショップまたはオンラインショップで申込み
    ※来店時には、本人確認書類・支払い手続きに必要なクレジットカードや通帳、印鑑を持って行くこと

もしSoftbankへのMNP乗り換えについて不明な点があれば、他社からの乗り換え(MNP)のお客さま専用問合せ窓口(0800-100-5533)へ問い合わせを行いましょう。

最近では、コロナによる影響で店舗での申し込みは事前予約制になっているなど、ショップや店舗では何かと不便な状況のため、オンラインショップで行う方が増えています。

WEBでのソフトバンクへの乗り換えはこちらから

ビッグローブモバイルにMNPする場合

  • 現在利用中の携帯会社から「MNP予約番号」を受け取る
    ※有効期間は15日間
  • ビッグローブモバイルから申し込み

ビッグローブモバイルをはじめ、ほとんどの格安SIM会社への申し込みはWEBからの申し込みとなっています。

その理由としては、店舗や人件費にコストをかけないかわりに月額料金をおさえる工夫をしているためです。

毎月の利用料金を安くするのをとるか、月額料金は高くてもたまにしか利用しない店舗での相談できる仕組みを優先するかはご希望にあわせて選択してくださいね。

なお、格安SIM会社でもチャットや電話での問い合わせは受け付けてくれるところが多いですし、訪問による初期設定などを行ってくれる格安SIM会社もいくつかあるため、しっかり比較して申し込みを行うと良いでしょう。

ビッグローブモバイルへの乗り換えはこちらから

まとめ

いかがでしたか?MNPの手順についてしっかり理解していただけたのではないでしょうか?

MNPには、事前にMNP予約番号の取得が必要となり、現在ご利用中の事業者にて発行してもらうことになります。

キャリアのMNPでは、ショップでの申し込みの他にWEBでの申し込みが可能です。

格安SIMへのMNPでは、WEBからの申し込みがほとんどです。この機会にWEBでの申し込みを行ってみましょう。各社ともチャットなどで適切にフォローしてもらえますので、思ったよりもカンタンに申し込みが可能になっています。

スマホ乗り換えのおすすめ

ドコモ回線の格安SIMならDTI SIM

回線速度も気になる方はOCN モバイル ONEがおすすめ

ずーっと月額1,980~円(税別)使えるスマホ【UQモバイル】

ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリア対応!nuro mobile

安心のドコモ回線 エキサイトモバイル

ドコモなら端末そのままで料金はお得に!GMOとくとくBB×ドコモSIM

Y!mobile正規代理店!お得な特典付きの「ヤングモバイル」!

J:COM MOBILE

TOKAIグループの格安モバイル【LIBMO(リブモ)】

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

BIGLOBEモバイル

スマホのオススメ

docomo

docomo

いまのスマホそのままで料金はお得!ドコモユーザーにおすすめ!

UQmobile

UQmobile

auユーザーやご家族での乗り換えにおすすめ!UQモバイル

ソフトバンクスマホ

ソフトバンクスマホ

ソフトバンクへのスマホ乗り換えにおすすめ!

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

エンタメフリーオプションもあり!ドコモ・au回線から選択できるBIGLOBEモバイル

楽天モバイル

楽天モバイル

1年月額料金が無料!楽天経済圏ユーザーに最適な楽天モバイル!

  • エラスタモ
  • UQモバイル(スマホ)
  • 楽天モバイル(スマホ)
  • ソフトバンクスマホ
0