【Looopでんき評判 最新】絶対知っておきたいメリット・デメリット

【Looopでんき評判 最新】絶対知っておきたいメリット・デメリット

公開日:2019/3/29更新日:2020/11/11
facebook
twitter
line

Looopでんきは、新電力の中では特に注目が集まっています。Looopでんきは、東日本大震災で甚大な被害を受けた石巻市・気仙沼市に、独立型ソーラー発電セットを無償設置したことがきっかけで設立した、太陽光発電による電気会社です。 中部電力と業務資本提携している安心感や、再生可能エネルギー中心の電力会社ということで、新電力の会社の中では最も勢いがあると言われています。沖縄を除く日本全国でサービスを提供していて、ほぼ全国で利用可能です。そんなLooopでんきが、自分にとってメリットがあるのか気になるひとも多いのではないでしょうか。 今回の記事では、Looopでんきのメリットやデメリット、評判などをまとめたうえで、どんなひとにおすすめなのかも紹介しています。ぜひ最後までチェックしてください。

0

Looopでんきのメリット

Looopでんきには、下記のような6つのメリットがあります。

業界トップクラスの広い提供エリアでの電気小売事業者

Looopでんきは、低圧・高圧ともに沖縄・離島を除く日本全国で展開している電気小売事業者です。2015年の電気小売事業開始以降、契約数は増加の一途をたどっています。特に低圧に関しては、2018年12月末には2017年12月末時点と比べて2倍以上にあたる、のべ15万件以上の契約数になりました。
低圧・高圧ともに全国展開している電気小売事業者は少なく、ほとんどの会社は都市圏や地域限定、または低圧・高圧いずれかで提供しています。低圧・高圧ともに全国展開していることはLooopでんきのメリットのひとつです。

ずっと基本料金0円で安い! シンプルでわかりやすい料金プラン

Looopでんきは、基本料金0円です。契約後数年間などの縛りはなくずっと0円なので、支払うのは使った電気の分だけで、エリアによって少しずつ料金が異なります。他社では基本料金が定められていることがほとんどで、旅行などで長期間不在にしても基本料金含めある程度料金がかかってしまいます。例えば東京電力の場合、最低月額料金は231円55銭と定められています。

Looopでんきでは、家庭用電力の料金は下記の通りです。

エリア 従量課金
北海道電力 29円(税込) / kWh
東北電力

東京電力

中部電力

26円(税込) /  kWh
北陸電力 21円(税込) / kWh
関西電力 22円(税込) /kWh
中国電力

四国電力

24円(税込)/ kWh
九州電力 23円(税込) / kWh

家庭用の電気であっても、使用量が多い場合はビジネスプランになることもあります。
さらに、下記のような割引プランもあります。

ソーラー割 1kWh当たり1円値引き 住宅用太陽光発電システムを持っているひと
ソーラー割L 1kWh当たりさらに1円値引き Looopでんきの住宅用太陽光発電システムであるLooopSolarを購入したひと
Looopでんち割 1kWh当たり3円値下げ 住宅用蓄電池のLooopでんちを購入したひと

基本料金がないためずっとわかりやすい料金プラン設定で契約できるうえに、太陽光発電をしているひとならさらに割引を受けられると評判の新電力会社です。

契約期間のしばりなくいつでも解約可能! 解約違約金や手数料もなし

Looopでんきは、家庭用に関しては契約期間の実質的なしばりがありません。解約した場合も解約手数料や違約金を支払う必要がなく、気軽に申し込みできます。他社では契約期間内に解約すると違約金が発生する場合があり、契約に慎重になってしまうひとも多いものです。契約期間のしばりがないこと・違約金の設定がないとの評判から気軽に申し込め、契約者数が急増しています。
まずは何カ月か試してみて、やはり高いなと判断したり、サービスが合わないと感じたりしても、違約金なく他の電力会社に契約変更が可能です。
興味があるなら、まずは1カ月だけでも試せるのが、Looopでんきのメリットといえます。

ブレーカーが落ちることがない

Looopでんきは、使用した分だけの電気料金を支払えばいい「実量性」を採用しています。従来の「アンペアブレーカー契約」のように、同時に使用できる電力に上限があるわけではないため、電力の使い過ぎになることもなく、ブレーカーが落ちることはありません。(しかし、関西電力、 中国電力、 四国電力、 沖縄電力はアンペアブレーカー制度以外の料金体系です。)
基本的には契約アンペア数が高くなるほど、基本料金も上がります。例えば東京電力の基本料金は下記の通りです。

契約アンペア数 基本料金
10A 280円80銭
15A 421円20銭
20A 561円60銭
30A 842円40銭
40A 1,123円20銭
50A 1,404円00銭
60A 1,684円80銭

契約アンペア数を超えると、使用量に合わせて課金されます。契約アンペア数が決まっている場合、季節や時間帯によって契約アンペア数に見合わない多くの電気を同時使用してしまうとブレーカーは落ちやすくなっていました。
Looopでんきは使用可能な電力量の上限がないため、電力使用量が多くなりがちな寒い冬の朝でも、ブレーカーが落ちる心配なく電気を使えると評判です。

無料アプリを使えば使用量の確認も簡単

たくさん電気を使ってもブレーカーが落ちないとはいえ、使い過ぎも心配です。もし使い過ぎてしまうと、想定を超える電気代が請求されかねません。Looopでんきでは、使い過ぎを防ぐために、アプリで電力使用量をチェックできます。30分毎に細かく使用量をチェックできるので、使い過ぎの原因も把握しやすいと評判です。

アプリの詳細は下記の通りです。

アプリ名 Looopでんきアプリ
対応機種 スマートフォン

iOS 8.0以上、Android 5.0以上

内容 30分毎の電力使用量

節約額

請求情報

電力使用量だけでなく請求情報もアプリで確認できることで、月々の支出も把握しやすくなります。

トラブル時のサポートも充実

Looopでんきには相談窓口があるので、万が一トラブルが起こった場合でも安心です。日中の相談は、Looopでんきコンタクトセンターで対応してくれます。
低圧の場合:0120-707-454(年中無休 9:00~20:00)
高圧の場合:0120-606-861(平日 9:30~17:30)
※IP電話・国際電話不可

また夜間停電・広域停電などは、東京電力などの一般送配電事業者が対応してくれます。

さらにwebからの問い合わせも受け付けているので、緊急性が低い問い合わせの場合に便利と評判です。
https://looop-denki.com/low-v/contact/

東京電力エリア内では、技術員が24時間365日電気トラブルに対応してくれる「かけつけるーぷ」が無償です。トラブル時には通常9,000円~13,000円程度の料金がかかる技術サービスを無料で受けられるので、安心して利用できます。

Looopでんきのデメリット

Looopでんきには、下記のような3つのデメリットがあります。

電気使用量が少ないと料金が高くなってしまう可能性がある

Looopでんきは基本料金が0円なので、従来の電気料金に比べると安くなることがほとんどです。ただし電気の使用量が極端に少ない場合、かえって高くなってしまうことがあります。

電気料金の計算式は、下記の通りです。
電気料金=基本料金+従量料金×電力使用量

Looopでんきの公式サイトでは、現在の利用状況をもとにシミュレーションが可能です。
毎月の電気使用量の検針結果を入力するだけでシミュレーションでき、これにより電気使用量が少ないひとが現在より電気料金が高くなることを防げます。

Looopでんきに替えることで電気料金が安くなる場合がほとんどと評判なので、まずはシミュレーションしてみましょう。

申し込み方法はインターネット窓口からのみ

Looopでんきの申し込みは、webサイトからとなっているため、電話や申込書での受付は行っていません。 最新の検針票を準備して、必要事項を入力するだけで簡単に申し込みできます。

入力事項

    • ・管轄の電力会社
    • ・供給地点特定番号
    • ・現在の使用場所の住所
    • ・契約者名
    • ・現在の契約番号・電力プラン・契約電力
    • ・契約者の連絡先
    ・申込者情報 など

入力は選択するだけのものも多く、パソコンやスマートフォンの操作に慣れているひとであれば何の問題もありません。そして、インターネットの操作ができないひとや苦手なひと
も、電話窓口でのサポートがあるので安心と評判です。

お客様窓口:0120-707-454(年中無休 9:00~20:00)

webからの申し込みに少しでも不安があるなら、まずは問い合わせてみましょう。

お支払い方法はクレジットカード決済のみ

支払い方法は、クレジットカード決済のみです。支払い方法をクレジットカード決済に限定し、料金収納業務を簡素化することで電気料金を低く抑えられるよう工夫しています。

支払いに利用可能なクレジットカードは下記の通りです。

    • ・Visa
    • ・MasterCard
    • ・American Express
    • ・DinersClub
    ・JCBカード

クレジットカードの券面に上記いずれかのロゴが入っていれば使えるため、ほとんどのクレジットカードで支払いできます。

クレジットカードで支払いすることで、支払い額に応じてポイントが貯まります。貯まったポイントはキャッシュバックや他社ポイントや商品などへ交換可能です。現金払いや銀行引き落としでは付かないポイントが、クレジットカードで支払いするだけで付くので、お得に利用できます。

Looopでんきはこんなひとにおすすめ!

基本料金が0円のわかりやすい料金体系が評判のLooopでんきは、沖縄・離島を除くほとんどのエリアでサービスを提供しています。1人暮らしなど電気の使用量が極端に少ない場合を除くと、ほとんどの場合に従来より電気料金が安くなるとの評判から、沖縄・離島地域以外で家庭用の電気を使用するほとんどのひとにおすすめです。

2人以上で暮らしている場合や、広い家に住んでいるひとならLooopでんきに変えるほうが電気料金を抑えられる可能性が高いでしょう。

自分がLooopでんきに変えた場合の料金を確認したければ、Looopでんきの公式サイトでシミュレーションできます。

毎月の電気料金を抑えるためにも、まずはチェックしてみましょう。

まとめ:Looopでんきは基本料金が0円! 広い家に住んでいるなら乗り換えを検討しよう

Looopでんきは沖縄・離島を除く日本のほとんどのエリアで利用できます。1人暮らしなど電気の使用量が少ない場合を除いたら、多くのひとが電気料金を抑えられます。2人以上で暮らしているひと、広い家に住んでいるひとなど、一定以上の電気代を毎月支払っているなら、メリットの大きい新電力会社です。
まずは対象エリアかどうかを確認したうえで、前月の電気の検針票をもとに公式サイトでシミュレーションをしてみてください。
解約しても違約金は発生しないので、メリットが大きいと判断したら、気軽に申し込んでみましょう。

0