最新iPhoneのお得な乗り換え術とは!?キャリアごとの特徴もご紹介

最新iPhoneのお得な乗り換え術とは!?キャリアごとの特徴もご紹介

公開日:2018/3/30更新日:2020/10/15
facebook
twitter
line

iPhoneの乗り換えを行うには、実にさまざまな方法があります。その中から、自身のニーズを満たしてくれるお得な方法を見つけることが大切です。この記事では、機種選びの参考になるiPhoneの特徴から、各キャリアの打ち出しているお得なキャンペーンまで、幅広く取り上げ、詳しく解説していきます。iPhoneへの乗り換えに際して、お得な方法というのは、個々で違ってくる可能性もあります。他社製スマホからの乗り換えや、機種変更を検討している場合には、ぜひ参考にしてみてください。では、順にご紹介していきます。 iPhoneからの乗り換えを負担なく、さらにおトクに行うには・・・プロのスタッフが詳しい相談受け付けます!

0

乗り換えたい方へ!iPhoneについてもっと知ろう

iPhone 7/8にお得に乗り換える方法

2016年9月16日に発売されたのがiPhone7。約1年後の2017年9月22日にはiPhone8が発売されました。ディスプレイはどちらも4.7インチですが、本体のサイズと重量については7と8では異なります。

    ・iPhone7 サイズ(高さ×幅×厚さ):138.3mm×67.1mm×7.1mm/重量:138g
    ・iPhone8 サイズ(高さ×幅×厚さ):138.4mm×67.3mm×7.3mm/重量:148g

サイズに関しては0.1~0.2mmの差があり、重量に関してはiPhone8の方が10g重い仕様になっています。
また、容量についても違いがあり、iPhone7は32GB・128GBなのに対して、iPhone8は64GB・256GBと容量がより大きくなっています。
さらに、iPhone8ではQi規格の充電器に対応したワイヤレス充電機能を搭載していることに加え、高速充電に対応していて、2017年8月にAppleが実施したテスト結果によると30分で最大50%充電できたというデータもあります。

最新機種でなくてもいいという場合には、iPhone7やiPhone8に乗り換えるというのも1つの方法です。乗り換える際のポイントは以下の2点があり、損をしないために事前にチェックしておくことをおすすめします。

    ・現在のスマホに機種変更してからどのくらい経っているか
    ・現在使っているスマホの端末代金に残債はあるのか

まず、1点目の「現在のスマホに機種変更してからどのくらい経っているか」について説明します。基本的に、機種変更などをする際には端末の購入代金に対する値引きが2年という単位で適用になっている場合が多くあります。ですから、乗り換えを検討している場合には、その値引きを最大限活用するために現在のスマホに機種変更してから2年経過していることが大切になってくるのです。もっと細かくいえば、最後の1ヶ月を無駄にしないために、24ヶ月ではなく25ヶ月以降というタイミングで機種変更するのがいいでしょう。

次に、2点目に挙げた「現在使っているスマホの端末代金に残債はあるのか」についてです。多くの人は、機種変更して新しいスマホにする場合、端末の代金を分割払いにしたうえで月々の通信費とあわせて支払っています。2年契約なら、24回の分割払いにしているということですね。もし、現在使っているスマホの残債がある場合には、乗り換えた場合に新しいiPhoneの端末代に加えて、残債分の支払いも行わなければならないことになります。

ただし、上記でご紹介したような2年のくくりがあると、機種変更したいというお客さんの意欲をそぐことにつながる可能性もあります。そこで、各キャリアでは2年を待たずに機種変更できる以下のようなプログラムも用意されています。

    ・Softbank「機種変更先取りプログラム」
    ・au「アップグレードプログラムEX」
    ・docomo「機種変更応援プログラム」

以前の機種変更から2年経過していないけど機種変更したいという場合には、上記のような仕組みについても把握し、よりお得な方法を選択するといいでしょう。また、キャリアによって細かい内容は異なってきますので、詳しく知りたいという場合には一度お近くのショップに行って相談してみることをおすすめします。

iPhone Xにお得に乗り換える方法

iPhone8の発売からあまり時を経ることなく、2017年11月3日に発売されたiPhoneX。発売日が近かったこともあり、8とXのどちらを選ぶか迷った方もいるのではないでしょうか。iPhoneへの乗り換えを検討するうえで、iPhone8とiPhoneXの違いを把握しておくことは大切です。

まず、サイズと重量から比べてみましょう。

    ・iPhone8 サイズ(高さ×幅×厚さ):138.4mm×67.3mm×7.3mm/重量:148g
    ・iPhoneX サイズ(高さ×幅×厚さ):143.6mm×70.9mm×7.7mm/重量:174g

iPhoneXはiPhone8よりサイズが大きくなり、重量も重くなりましたね。また、ディスプレイに関しても、iPhone8の4.7インチからiPhoneXは5.8インチへとグレードアップしました。iPhoneXではホームボタンがなくなったというのも大きな変更点です。さらに、指紋認証から顔認証(Face ID)に変わったこともiPhoneXの特徴ですね。

端末代金に関してはiPhone8よりiPhoneXの方が高くなっています。ですから、iPhoneXへの乗り換えを検討している場合には、各キャリアで行われているキャッシュバックキャンペーンなどを上手に活用すると、その分お得に乗り換えることができるでしょう。

キャリア毎の新型iPhoneに使えるキャンペーン

現在発売されている最新のiPhone機種は、iPhone XSとiPhone XRです。iPhone XSの発売は2018年9月、同年10月にiPhone XRが発売となりました。
可能であれば、新型iPhoneを購入する時もお得に購入したいものですよね。各携帯キャリアでは、新型iPhone向けのキャンペーンを実施しています。ここではキャリアごとに使えるキャンペーンをご紹介します。

ソフトバンク
ソフトバンクで新型のiPhoneを購入するときは「iPhone XRハッピープライスキャンペーン」が利用できます。このキャンペーンを活用すると、機種代金が10,800円割引になるのでお得です。

au
auでは「iPhone交換プログラム」が利用できます。これはiPhone XS、iPhone XS MAX、iPhone XRが対象で、利用しているiPhoneを下取りにだすと、最大71,720円還元されるキャンペーンです。詳しくは後述します。

docomo
NTT docomoでは、iPhone XRにおいて機種代金が割引になる「端末購入サポート」が利用できます。またdocomoオンラインショップで利用できる、期間限定の「スペシャル特典」もあり、これはiPhone XS・iPhone XS MAX・iPhone XRの機種代金が、5,184円割引になるキャンペーンとなっています。

使ってるiPhoneがもう限界!!
新しい機種への変更を、負担なくおトクに行うには・・・プロのスタッフが詳しい相談受け付けます!
無料相談はこちら

※解約手続き申請や契約内容の確認などは公式連絡先にてご確認ください。

AndroidからiPhoneに乗り換える場合に知っておきたいこと

AndroidからiPhoneに乗り換える際に必要な準備

iPhoneへの乗り換えを検討している方の中には、AndroidからiPhoneへ乗り換えたいと思っている場合もあることでしょう。そこで気になってくるのは、AndroidからiPhoneに乗り換えた場合、上手く使いこなせるのかという点ではないでしょうか。せっかくiPhoneに乗り換えても、使い勝手が悪いと本末転倒ですよね。しかし、iPhoneを使いこなすのは決して難しいことではありません。

AndroidからiPhoneに乗り換える際に気になるのが、「Androidにあるデータはどうなるのか」ということです。実は、AndroidからiPhoneに変わる際に、特別なデータの保存作業を行わないといけないということはありません。するべきことは、Google playストアから「Move to IOS」というアプリをダウンロードするということ。このアプリを通してAndroidのデータをiPhoneに移動できるのです。

AndroidからiPhoneに乗り換えると得られるメリットとは!?

では、Androidユーザーの方に向けて、iPhoneに乗り換えた場合のメリットについてご紹介していきます。iPhoneに乗り換えるメリットはたくさんありますが、特にご紹介しておきたいのが、セキュリティや個人情報の保護の観点からみたiPhoneの安全性についてです。まず、iPhoneのセキュリティについてです。iPhoneを開発したAppleでは、Apple Storeで取り扱うアプリケーションに対して厳正な審査を行っています。つまり、Appleによって安全性が確認されたアプリでないとユーザーに提供されないということなのですね。次に、個人情報の保護に関してです。iPhoneにあるデータは常に暗号化されており、パスワードだけでなくTouch IDやiPhoneXに搭載されているFace IDによって保護されています。これらの理由により、iPhoneは情報漏洩などから自身の身を守りたいという方におすすめできる製品なのです。

iPhoneの乗り換え手続きを進める前にまずは無料相談を活用!少しでも解約金負担を減らせる方法と次の乗り換え先を達人がご案内!

Apple Storeで行われている下取りプログラムについて

iPhoneの下取りプログラムを上手に活用しよう

iPhoneへの乗り換えを検討している場合にぜひ活用したいのが、Apple Storeで行われているiPhoneの「下取りプログラム」です。このプログラムを活用すると、現在使っているiPhoneや他社製のスマホが一定の条件を満たせば、新しく購入するiPhoneの金額が割引になるというお得なものです。ちなみに、アップルストアではその場で割引され、オンラインストアではApple Storeのギフトカードをもらうことができます。

Apple Storeよりもおトクに乗り換え。詳しくは専門スタッフに相談してみよう!

MNPを使った乗り換えをお得に実行するコツとは!?

乗り換えでキャッシュバックをもらおう

MNPとは「モバイル・ナンバー・ポータビリティ」のことで、電話番号を変えずに現在とは別のキャリアに乗り換えることを指します。MNPを通じて乗り換えを行うことによって、キャッシュバックがもらえるというキャンペーンは、これまでに各キャリアで行われてきたことで、近年では「どこでMNPによる乗り換えを行うとお得か」というユーザーの関心が集中したこともあり、MNPによるキャッシュバック金額については、各キャリア間で一種の競争のようになっていた面もありました。
ただし、MNPに関しては、2015年に総務省が「スマートフォンの料金負担の軽減及び端末販売の適正化に関する取組方針」にて、「MNP 利用者等に対する端末購入補助について、端末の価格に相当するような行き過ぎた額とならないよう、適正化に向け取り組むこと」を携帯電話事業者に要請するに至ったという経緯があります。
今後、MNPのキャッシュバックについてはどのような流れになっていくのか、不明瞭な部分がありますが、乗り換えを検討している場合には、MNPによるキャッシュバックがお得に行える時を逃さず、賢く利用するのもポイントになるでしょう。MNPで1つ注意しなければならないのは、違約金が発生しないタイミングで行うということです。

MNPでも解約金はかかってしまう!余計な負担をなくすには・・・まずは相談!

Softbankで行われているキャンペーンやプランの内容について

「スマホデビュー割」と「みんな家族ご紹介キャンペーン」について

Softbankの公式サイトでは、現在行われているキャンペーンを確認することができます。先にご紹介した「機種変更先取りプログラム」もその一部です。他にiPhoneが対象になっているキャンペーンを、ここでは2つご紹介します。「スマホデビュー割」と「みんな家族ご紹介キャンペーン」です。前者は、初めてSoftbankでiPhoneなどのスマホを契約する方に限り、毎月の通信料金から2,420円が割引されるというもの。後者はSoftbankで携帯電話を利用中のユーザーからの家族紹介で1人につき10,000円がキャッシュバックされるというもので、最大5人まで適用させることが可能。ただし、データ定額 50GBで新規契約する家族に限られます。(キャンペーン内容は2018年3月16日時点のもの)

自分にあったプラン内容の選び方

iPhoneに乗り換える際にあらかじめチェックしておきたいのが、料金プランについてですね。携帯電話の料金プランというと、細かく分かれていて分かりにくいという方も多いのではないでしょうか。Softbank公式サイトでは、機種ごとに適用されるプランを確認することができます。機種と容量を選択すれば、ネットをよく使う場合と電話をよく使う場合とでおすすめのプランが表示されます。

auで行われているキャンペーンやプランの内容について

「iPhone交換プログラム」について

auの公式サイト公式サイトでも、現在行われているキャンペーンを確認することができます。先にご紹介した「アップグレードプログラムEX」の他に、iPhoneが対象になっているキャンペーン情報もたくさんありますので、iPhoneへの乗り換えを検討中の方はこまめにチェックしておくことをおすすめします。例えば、現在iPhoneを使っている方が機種変更したい場合におすすめのキャンペーンに「iPhone交換プログラム」があります。これは、指定されるiPhoneの機種を新たに購入した場合、下取りによるキャッシュバックと、au WALLET プリペイドカードへの最大5,000円のキャッシュバックが受けられるというものです。(キャンペーン内容は2018年3月16日時点のもの)

自分にあったプラン内容の選び方

auの公式サイトでも「料金シミュレーション」というものがあり、自分に合う料金プランを調べることができます。契約方法や機種、容量などを選んで入力すると、それに応じた料金プランが提示されるのでとても便利です。月々の機種代金についても表示されるので参考になりますね。

機種変更や乗り換えを負担なく進める方法を徹底伝授!詳しくはプロのスタッフに相談しよう!

サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

docomoで行われているキャンペーンやプランの内容について

「春のiPhoneデビュー割」と「端末購入サポート」について

docomoでは、機種変更・MNP・新規契約によってキャンペーンの内容が分かれており、公式サイトでそれぞれのキャンペーンについて確認することができます。例えば、2018年2月1日から開催されているのが「春のiPhoneデビュー割」。こちらは、お得にiPhone8またはiPhone8 Plusに乗り換えたいという方におすすめのキャンペーン内容となっています。対象機種を購入したうえで、docomoの提示する「端末購入サポート」の条件に当てはまる場合に、機種代金を8,424円割引してもらえるというものです。(キャンペーン内容は2018年3月16日時点のもの)

自分にあったプラン内容の選び方

Softbankやauと同様に、docomoの公式サイトでも自分に合った料金プランを調べることができます。プランやオプションの内容について細かく説明してくれていますので、携帯の料金プランがややこしくて苦手という方にもおすすめ。「ずっとドコモ割コース」か「フリーコース」といったコース選択の項目があるというのがdocomoならではですね。

iPhoneの乗り換えなら、各キャリアのキャンペーンを確認しよう!一番おトクな申込み方法をお教えします!

MVNOが提供する格安SIM・SIMフリー端末を賢く活用しよう

MVNOとは!?格安SIM・SIMフリー端末ってお得なの?

MVNOという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。MVNOとは「仮想移動体通信事業者」という独自の回線を持たない通信会社のこと。格安SIMとは、MVNOが発行しているSIMカードを指します。SIMカードは、さまざまな情報が入っていて、スマホやタブレット端末を使う場合に必須となるものです。そして、SIMフリー端末とは、各キャリアのSIMロックがかかっていない端末のことをいいます。

格安SIM・SIMフリー端末を賢く活用しよう

MVNOを活用するメリットはなんといっても、通信料金の安さ。先にご紹介したように、独自の通信回線を持たないMVNOは、大手通信会社から回線を借りています。それに加えて、提供するサービスを厳選することでかかるコストを抑えているため、ユーザーに安い料金でサービスを提供できるのです。MVNOが提供する格安SIMやSIMフリー端末を上手に活用して、通信費の節約につなげてはいかがでしょうか。

通信費の節約ならおまかせ!月額料金が数千円お安くなったケースが多数!まずは、無料相談から

まとめ

お得にiPhoneに乗り換える方法についてさまざまな面から検証してきました。他社製のスマホからiPhoneに乗り換えたいという方や、iPhoneの機種変更を検討している方は、情報を集めることでよりお得にiPhoneに乗り換えることが可能です。特に、各キャリアが行っているキャンペーンについては、自分に当てはまるものがないかこまめにチェックしておくことをおすすめします。あらゆる情報と知識を駆使して、iPhoneへの乗り換えを行いましょう。

iPhoneの契約・機種変更に関する悩みや不明点があれば、当サイトへご相談ください。お得な解約方法から、負担のかからない乗換え方法まで、詳しいスタッフがお客様にあったお得情報をご案内します。ご相談はもちろん無料なので、お気軽にご連絡ください。

サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

スマホのオススメ

docomo

docomo

いまのスマホそのままで料金はお得!ドコモユーザーにおすすめ!

UQmobile

UQmobile

auユーザーやご家族での乗り換えにおすすめ!UQモバイル

ソフトバンクスマホ

ソフトバンクスマホ

ソフトバンクへのスマホ乗り換えにおすすめ!

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

エンタメフリーオプションもあり!ドコモ・au回線から選択できるBIGLOBEモバイル

楽天モバイル

楽天モバイル

1年月額料金が無料!楽天経済圏ユーザーに最適な楽天モバイル!

  • エラスタモ
  • UQモバイル(スマホ)
  • 楽天モバイル(スマホ)
  • ソフトバンクスマホ
0