ひかり電話の月額通話料金は本当にオトク?固定電話よりも安いの?

ひかり電話の月額通話料金は本当にオトク?固定電話よりも安いの?

公開日:2019/2/25更新日:2020/11/11
facebook
twitter
line

インターネットのフレッツ光を利用していて、固定電話は別契約になっていませんか?フレッツ光にはセット利用できるIP電話サービスのひかり電話があります。契約中のフレッツ光の月額利用料と合わせて、プラス500円から利用可能です。 通話料金は全国一律で、現在ご利用の固定電話よりもお得な場合があります。フレッツ光を契約していない場合は、インターネット回線も見直すチャンスです。スピードが速い光回線は快適にインターネットを楽しめることに定評があります。 そこで今回は、ひかり電話の特長について詳しく解説します。プランごとの月額利用料や、充実した付加サービスについてもご紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

0

ひかり電話と固定電話はどちらが安い?比較してから検討

ひかり電話は、フレッツ光が提供している電話サービスです。一部の機種をのぞいて、現在使っている固定電話の電話機をそのまま利用できるので、新しく買い替える手間がかかりません。

また、電話番号も変えずにそのまま利用できます。一部の電話番号は、対応工事をしたうえで継続可能です。継続利用する場合は、1電話番号につき2,000円の工事費と加入中の電話の利用休止工事費として1,000円がかかります。

フレッツ光を契約している方で、固定電話をあまり使っていないという場合はひかり電話への乗り換えがおすすめです。ひかり電話の導入を迷ったときは、どちらが安いか比較してから検討するようにしましょう。現在よりお得になる可能性があります。

フレッツ光のひかり電話は月額利用料金がいくらかかる?

料金を検討するために、フレッツ光のひかり電話でかかる利用料金をご紹介します。契約中のフレッツ光とプロバイダサービスの月額利用料にプラスして、ひかり電話の月額利用料が必要です。基本プランの月額利用料は500円となっています。

ひかり電話の基本プランを利用した場合の合計金額は次のとおりです。別途、プロバイダの月額利用料がかかります。

プラン名 フレッツ光

月額利用料

ひかり電話

月額利用料

合計金額
フレッツ 光ネクスト

ギガファミリー・スマートタイプ

5,700円 500円 6,200円
フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ【ミニ】

※同一の集合住宅などで、4契約以上見込まれる場合

4,350円 500円 4,850円
フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ【プラン1】

※同一の集合住宅などで、8契約以上見込まれる場合

3,750円 500円 4,250円
フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ【プラン2】

※同一の集合住宅などで、16契約以上見込まれる場合

3,350円 500円 3,850円

フレッツ光のひかり電話は設置料金が必要

ひかり電話の導入には、さまざまな工事費がかかります。基本工事費として、交換機等の工事費や機器工事費が必要です。基本工事で作業員が自宅へ出張して作業をする場合、29,000円を超えるごとに加算額がかかります。
ほかにも利用条件によって、付加サービスに必要な工事費やプロバイダ接続設定のための機器工事費が必要です。それぞれの工事費をまとめました。

区分 内容 料金
基本工事費 交換機等の工事のみ 1,000円
基本工事費

(出張機器工事)

基本額 4,500円
基本工事費

(出張機器工事)

加算額 3,500円
交換機等工事費 基本機能 1,000

テレビ電話・高音質電話・

データコネクトは無料です。

交換機等工事費

(付加サービス)

マイナンバー 700円
交換機等工事費

(付加サービス)

ダブルチャネル 1,000円
交換機等工事費

(付加サービス)

ナンバー・ディスプレイ 1,000円
交換機等工事費

(付加サービス)

ナンバー・リクエスト 1,000円
交換機等工事費

(付加サービス)

キャッチホン 1,000円
交換機等工事費

(付加サービス)

ボイスワープ 1,000円
交換機等工事費

(付加サービス)

迷惑電話おことわりサービス 1,000円
交換機等工事費

(付加サービス)

着信お知らせメール 1,000円
交換機等工事費

(付加サービス)

FAXお知らせメール 1,000円
交換機等工事費

(付加サービス)

ひかり電話ダイヤル 1,000円
交換機等工事費

(付加サービス)

コールセレクト 1,000円
交換機等工事費

(付加サービス)

特定番号通知機能 1,000円
交換機等工事費 同番移行

(同じ電話番号を利用する工事)

2,000円

別途、休止工事費が必要

機器工事費 設置 1,500円
機器工事費 設定 1,000円

月額利用料金はいくら?

ひかり電話を利用する場合、月額利用料金は毎月1日〜末日までの基本料金と通話料が合算されます。ひかり電話・フレッツ光・プロバイダサービスの月額利用料に、付加サービスの月額利用料などを加えた金額が基本料金となります。
ひかり電話のプランは4タイプです。「基本プラン」は月額利用料を抑えたい方に向いています。付加サービスが充実しているのは「ひかり電話A(エース)」です。通話が多い方向けには「安心プラン」や「もっと安心プラン」があります。月額利用料の一例は次のとおりです。

月額利用料 月額利用料に含まれている通話料 超過分の通話料
基本プラン 500円
ひかり電話A 1,500円 480円分 3分8円
安心プラン 1,400円 1,280円分 3分7.2円
もっと安心プラン 3,900円 4,800円分 3分7.2円

ひかり電話とどちらが安い?NTT東日本の料金

現在加入している固定電話がNTT東日本の場合、料金はどれくらい違うのでしょうか。NTT東日本の基本料(回線使用料)は、設備の保守や更改、通話利用度数の調査、料金の請求にかかる費用などが含まれた金額です。また、電話サービス取扱所の級数によって回数使用料が異なります。住宅用加入電話の回線使用料をまとめました。

区分 1級取扱所 2級取扱所 3級取扱所
加入電話

ダイヤル回線用

1,450円 1,550円 1,700円
加入電話

プッシュ回線用

1,600円 1,600円 1,700円
加入電話・ライトプラン

ダイヤル回線用

1,700円 1,800円 1,950円
加入電話・ライトプラン

プッシュ回線用

1,850円 1,850円 1,950円

ひかり電話の通話はオプションサービスが選べる

ひかり電話は付加サービスが豊富にそろっています。お好みに合わせてサービスの申し込みが可能です。どんなサービスがあるかまとめてみました。

サービス名 内容 月額料金
ナンバー・ディスプレイ 相手の電話番号がわかる 400円
ナンバー・リクエスト 非通知電話のメッセージ応答 200円
キャッチホン 通話中の着信に対応 300円
ボイスワープ 外出先で電話を受けられる 500円
迷惑電話おことわりサービス 迷惑電話への自動対応 200円
着信お知らせメール 不在時の着信がわかる 100円/番号
テレビ電話チョイス定額 登録済み番号への

テレビ電話定額サービス

500円
FAXお知らせメール 外出先でFAXを確認 100円/番号
ダブルチャネル 2回線分の電話に同時対応 200円
マイナンバー 最大5つの電話番号が利用可能 100円/番号
フリーアクセス・

ひかりワイド

0800、0120ダイヤルへの

通話料金を着信側で負担

1,000円
ひかり電話ダイヤル #と4桁数字の番号の

ダイヤル着信

全国利用:15,000円

ブロック内:10,000円

コールセレクト 特定の相手からの通信許可 100〜10,000円

(プランによる)

特定番号通知機能 電話をかけるときに0120、0800、0570の番号を通知 100円(1番号ごと)

誰からの電話かわかるサービス

固定電話でも携帯電話のように相手の電話番号が表示されるようにしたい方には、「ナンバー・ディスプレイ」がおすすめです。このサービスでは着信した電話の発信元がわかります。

また不在時などで電話に出られなかったときは、相手の電話番号が電話機に記録されて履歴に残るのもメリットです。留守番電話にメッセージが入っていなくても電話があったことがわかります。

ナンバー・ディスプレイに対応した電話機から、ナンバー・ディスプレイを「ON」にすれば設定完了です。公衆電話や番号非通知、国際電話などからの着信についても、それぞれの内容が表示されます。

非通知電話には自動音声で対応

ナンバー・ディスプレイを契約する方はナンバー・リクエストとのセット利用がおすすめです。電話番号が通知されない着信は出るのを避けたくなりますが、相手が番号非通知の設定に気づいていない場合もあります。

ナンバー・リクエストを使うと、電話番号を非通知でかけてきた相手に音声メッセージで対応可能です。番号非通知の着信があったときは「148」をダイヤルするだけで自動音声が対応してくれます。自動音声では、電話番号の前に「186」をつけて電話番号を通知するようにお願いするメッセージが流れ、電話番号表示でかけ直してもらえるので安心です。

しつこい迷惑電話の対策サービス

固定電話に迷惑電話が何度もかかってくるといやな気分になってしまいます。ひかり電話では迷惑電話対策のサービスが利用可能です。

付加サービスの「迷惑電話おことわりサービス」を利用すると、迷惑電話をかけてきた電話番号を登録して撃退できます。設定方法は迷惑電話を切った直後に「144」をダイヤルしてガイダンスに沿って登録するだけです。同じ電話番号から次に着信があると、自動で電話を受けられないという音声メッセージが対応します。
1契約で30個の電話番号が登録でき、着信拒否回数もわかるので便利です。登録した電話番号の解除もできます。

外出中にも電話を受けられるサービス

家にいないときでも着信を受けたい方には、「ボイスワープ」をおすすめします。事前に電話番号を指定しておくことで、着信があったときに転送されるサービスです。外出時だけでなく、ほかの電話との通話中にも転送されます。

自営業などで固定電話をビジネスで利用している場合は、外回りに出ているときでも受けられるので大切な電話を逃しません。また、不在時に緊急の電話が自宅にかかってきたときでも、転送されるので安心です。

転送を開始するときは「142」をダイヤルし、ガイダンスに従って操作します。停止することも可能です。

固定電話からひかり電話へ乗り換えるときは回線も見直しのチャンス

固定電話をあまり使っていないけれど取り外したくない方は、ひかり電話への乗り換えを検討してみましょう。インターネットのフレッツ光とセットで利用できるので、使っているインターネット回線も見直しがおすすめです。

普段インターネット回線の速度が遅いことに悩んでいませんか?何年も前に契約した回線をそのまま利用している場合は、規格が古い可能性があります。光回線にすると、インターネット速度改善に効果的です。

フレッツ光とひかり電話のセットなら、電話番号が変わらずにそのまま使えてスピードが速い光回線が利用できます。

まとめ:ひかり電話は電話機そのままで乗り換えられる便利なサービス

今回は、ひかり電話についてご紹介しました。使用中の固定電話番号も電話機もそのままで利用できるのが大きなメリットです。フレッツ光とセット利用できて、リーズナブルな料金プランもあります。魅力的な付加サービスがたくさんあるので、必要なものを組み合わせてみるのもおすすめです。また、インターネット回線の契約を見直すことで、インターネット環境がより快適になる可能性があります。ひかり電話とともにインターネット回線の乗り換えも検討してみましょう。

0