【2019年最新版】フレッツ光の引っ越し・移転時の手続きとは? 解約・乗り換えの方がお得?

【2019年最新版】フレッツ光の引っ越し・移転時の手続きとは? 解約・乗り換えの方がお得?

公開日:2018/1/25更新日:2020/10/16
facebook
twitter
line

引っ越しをするにあたって、フレッツ光の手続きをどうするかお悩みではありませんか? 手続きをするには、移転や解約、乗り換えの選択があります。一体どれがお得なのでしょうか。今回は、フレッツ光の移転、解約、乗り換え手続きについて解説していきます!

0

移転の手続き方法

移転とは、解約せずに引っ越し先でも同じフレッツ光を利用する場合の手続きを指します。方法は、現在契約しているNTTへインターネットか電話連絡にて移転手続きをします。NTT東日本とNTT西日本では手続き先が異なります。

NTT東日本か西日本どちらのエリアかを確認しておこう

まず今住んでいる地域と引っ越し先がNTT東日本かNTT西日本のどちらのエリアなのかを確認しておく必要があります。「東と西? 同じNTTなのだから、引っ越しても問題ないのでは」と思われがちですが、実は異なる会社であるため、エリアをまたいでの引越しの場合には解約する必要があるのです。

NTT東日本のサービス名は「FLET’S光」、NTT西日本のサービス名は「フレッツ光」と表記すると違いがわかるように、実はアルファベットとカタカナ表記になっています。同じ読み方でも別のサービスになっているというわけです。NTT東日本エリアは新潟県・長野県・山梨県・神奈川より東、NTT西日本エリアは富山県・岐阜県・静岡県から西と分けられているので、コチラで現住所と転居先のエリアがどちらになるか事前に確認しておきましょう。

本人確認のために必要なお客様IDと光電話番号の用意

フレッツ光の解約手続きは、電話口で本人確認が必要です。本人確認がとれない場合には、手続きを進めることはできません。「生年月日や住所でも本人確認できるのでは?」と思って電話しても解約できない場合があります。それは、NTTが、お客様IDとひかり電話の電話番号の2つで本人情報の確認を行うからです。解約の連絡をする前に用意しておきましょう。

ひかり電話は、普段電話で利用している番号なので覚えている方も多いでしょう。お客様IDは、回線開通時にNTTより送付される「お申込み内容のご案内」にて確認できます。「CAF」で始まる英数13桁の番号がお客様IDとなります。お客様IDが不明の場合には、下記の番号に連絡し再発行してもらいましょう。

  • NTT東日本:0120-116116[受付時間:午前9時〜午後5時 土日・祝日も営業(年末年始を除く)]
  • NTT西日本:0800-2002116[受付時間:午前9時〜午後5時 土日・祝日も営業(年末年始を除く)]

返却すべきモデム・周辺機器の確認

「ホームゲートウェイ(モデム)」などをNTTからレンタルしている方は、返却が必要になります。解約すると決まった時点で、紛失しているものがないかを確認しておいてください。また、解約手続きの電話口でレンタルしている機器の有無と返却方法を確認しておきましょう。

返却方法は、解約手続き終了後にが梱包キットが送られてきますので、そちらに必要な機器を入れて返送するだけでOKです。

契約しているプロバイダーの確認

NTTの解約手続き準備ができれば、契約しているプロバイダーの確認と解約の準備をしましょう。現在どのプロバイダを契約しているのかについては、2つの方法で確認ができます。1つ目はインターネット契約書類を確認すること、2つ目は「確認君+」というWebサイトにアクセスすることです。「確認君+」を利用するときは、プロバイダのインターネット回線が接続されているパソコンなどから確認するようにしましょう。各プロバイダーの解約方法に関しては、コチラこちらをご覧ください。

NTT東日本の移転手続き先

NTT東日本は、北海道、東北、関東に住んでいる方が対象のエリアとなります。
・インターネットでの手続き
https://flets.com/first/move/iten.html
24時間申し込めます。

・電話での手続き
0120-116116
受付時間は9時〜17時で土日祝も営業しています。

NTT西日本の移転手続き先

NTT西日本のエリアは、東海、北陸、近畿、中国、九州、沖縄が対象となります。
・インターネットでの手続き
https://flets-w.com/user/move/
24時間申し込めます。

・電話での手続き
0800-2002116
受付時間は9時〜17時 で土日祝日も営業しています。

移転の流れ

手続きの流れや連絡のタイミングを解説していきます。

一連の流れ

  • 引っ越し日が決まったらNTTとプロバイダに移転手続きをする
  • レンタル機器の返信用封筒が届いたら、モデムや周辺機器を入れて返信する
  • 新住所で開通工事をする
  • 完了

連絡のタイミング

NTTやプロバイダへの連絡は、引っ越し予定日の1ヶ月以上前にしておくとよいでしょう。特に2〜4月は繁忙期のため、早めの連絡をオススメします。手続きは、引っ越し先住所が決まってからするようにしてくださいね。

移転にかかる費用は?

引っ越しに伴う経費はできるだけ抑えておきたいものですよね。移転時は、移転工事費が必要になります。撤去工事費や解約金は発生しません。

NTT東日本の移転工事費

工事費は、住居によって異なります。
・戸建てへの引っ越し
費用:9000円
※一括払いか、月額300円×30回の分割払いが可能

・集合住宅への引っ越し
費用:7,500円
※一括払いか、月額250円×30回の分割払いが可能

土日に工事をする場合には上記の料金に3,000円が上乗せされ、年末年始は別途費用が必要となります。ひかり電話などのオプションサービスを利用している方は、工事費が上乗せになることがあります。

NTT西日本の移転工事費

NTT西日本では、移転工事費の割引サービスを実施しています。対象サービスによって工事費が異なります。また、サービスによっては工事費が別途上乗せになる場合があります。

対象サービス 工事費(割引後価格)
・フレッツ 光ネクスト

・ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼

・ファミリー・ハイスピードタイプ

・ファミリータイプ

・フレッツ 光ライト

・ファミリータイプ

9,000円
【ひかり配電方式】

・フレッツ 光ネクスト

・マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼

・マンション・ハイスピードタイプ

・マンションタイプ

・フレッツ 光ライト

・マンションタイプ

【VDSL方式】

・フレッツ 光ネクスト

・マンションタイプ

・フレッツ・光プレミアム

・マンションタイプ

7,500円
【LAN方式】

・フレッツ 光ネクスト

・マンションタイプ

・フレッツ・光プレミアム

・マンションタイプ

6,500円

移転のメリット

移転の手続きをするメリットを6つご紹介します。

移転工事費が安い

通常、新規契約時の工事費は、戸建てタイプで18,000円がかかります。ですが、移転工事費ならその半額の9,000円で済みます。(新規契約時の工事費が割引やキャンペーンの特典がある場合を除く)半額になるのは大きなメリットですよね。

解約金が不要

通常、解約金や違約金は1,500円〜30,000円かかります。しかし、移転の場合は解約金が発生しません。引っ越しにかかる費用を抑えられます。

手続きが簡単

移転の手続きは、事業者への連絡、機器の返送、開通工事のみとなります。新たにプロバイダの契約先を探したり、お客様情報や支払い情報を登録したりという手続きがないため煩わしくありません。

インターネットが期間を空けずに使える

引っ越しのときに困るのが「インターネットを使えない期間ができてしまって困る」ということですよね。移転の場合は、手続きと開通工事がスムーズなので、早めに連絡をすればインターネットを利用できない期間がなくなるよう調節してもらえます。

オプションなどの継続が可能

フレッツウイルスクリアやリモートサポート、各種オプションサービスが引っ越し先でも継続して利用できます。

同じ電話番号を継続できる

同じ市区町村への引っ越しであれば、電話番号を継続できます。新規契約の場合は電話番号が引き継げないので、電話番号を変えたくないときには移転手続きをするとよいでしょう。

気になる解約新規

解約新規(再契約)は、契約を一度解約し、契約し直すことです。「契約し直してキャッシュバックや割引などを受けたい」と期待される方もいらっしゃるのではないでしょうか。果たしてフレッツ光は再契約できるのでしょうか? また、そのときにキャッシュバックや割引などのお得なサービスは利用できるのでしょうか?

「解約新規」ってどうなの?

残念ながら、基本的にNTTでは解約新規を認めていません。ですので、同住所、同名義での解約新規(再契約)は、キャンペーンや割引などが使用できない可能性があります。しかし、以前契約していた住所と異なる住所で契約する場合は、新規契約とみなされ、キャンペーンや各種割引が使用できます。

フレッツ光の再契約の方法

再契約の方法は、新規契約と同じです。それぞれの地域を管轄するNTTに、電話かインターネットで申し込みできます。手続きは、引っ越しが完了してからする必要があるで注意しましょう。

移転と解約新規はどちらがいいの?

解約新規(再契約)の場合は、解約金や違約金が発生しますし、引っ越し先で開通するまでに時間がかかります。また、再契約はキャンペーンや割引を利用することがメリットですが、移転手続きでもクーポンやキャンペーンを利用できる場合があります。ですので、解約や契約時にかかるコストや開通するまでの時間を考えると、解約新規はデメリットの方が多いといえるでしょう。

解約のタイミング

解約金は、NTTのインターネット回線とプロバイダの2つ別々で請求されます。ここでは、解約のタイミングについて解説していきます。

NTT東日本フレッツ光の解約タイミング

「にねん割」に加入している場合、途中解約時の解約金と、初期工事費の分割払いの残債が発生します。解約金は、戸建てタイプ9,500円、集合住宅(マンション)タイプ1,500円となります。初期工事費の残債は、利用してから30ヶ月以内の解約の場合、残り月数分の残金が発生します。解約金が発生しないようにするためには、更新月に解約する必要があります。

更新月に解約できない!解約金が発生してしまう!解約金を回避したい!という方は、本サイトの無料相談をご利用ください。乗り換えなら解約金を実質0円にすることも可能です。これまで多数の方が解約金を実質0円にしていますので、ぜひ、ご活用くださいね。
無料相談はこちらから『乗り換えで解約金を0円にしたい!』とお伝え下さいね。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
メールでの無料相談はこちら
無料相談はこちら

NTT西日本フレッツ光の解約タイミング

「光もっともっと割」に加入している場合、解約金と、初期工事費の分割払いの残債が必要になります。解約金は、利用年数によって額が異なるので注意しましょう。

利用年数 解約金
1年目 10,000円
2年目 5,000円
3年目 30,000円
4年目 20,000円
5年目 10,000円
6年目 30,000円
7年目 20,000円
8年目 10,000円
9年目以降 10,000円

解約金を発生させないためには、契約満了月や更新月(契約満了から2ヶ月間)に解約しましょう。契約満了月を確認する方法としては、請求書や契約満了2ヶ月までのお知らせハガキ、CLUB NTT-West会員サイトか会員メールがあります。

解約金を実質0円にする方法を相談したい方はこちらから
無料相談はこちらから『解約金を0円にしたい!』とお伝え下さいね。
メールでの無料相談はこちら

プロバイダの解約

新住居で同じプロバイダを利用したい場合は移転手続きになりますが、別のプロバイダをー契約したい場合は解約の手続きをする必要があります。

フレッツ光と同様、更新月以外の解約は、解約金や違約金が発生します。プロバイダによって料金が異なりますので、ご自身が登録している事業者のウェブサイトで確認してみてくださいね。

乗り換えをするには

「光コラボレーション」はご存知ですか? これは、NTTが提供している光回線「フレッツ光」を各事業者が借りて、サービス展開しているものです。NTTとプロバイダの2者を契約する必要がなく、契約やサポートが一体になるのが特徴です。NTTのフレッツ光よりも料金が安く、独自のサービスが利用できるので、乗り換える方が多くなっています。

NTTのフレッツ光から、光コラボレーションに乗り換える場合は、解約ではなく転用扱いとなります。なぜなら、フレッツ光の設備をそのまま利用するためです。ですので解約金などは必要ありません。

光コラボレーションは全部で548社の事業者があります。大手携帯キャリア系やプロバイダ系、ライフライン系、不動産系などさまざまです。事業者は以下のようなものがあります。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • auひかり
  • So-net光コラボレーション
  • ビッグローブ光
  • eo光
  • DTI光
  • Nifty光
  • AsahiNet光
  • エキサイト光
  • U-NEXT光コレボレーション
  • DMM光
  • 楽天コミュニケーションズ光
  • USEN光
  • 日本海ガス光
  • スマートハイム光
  • ヘーベル光
お得な光コラボレーションへの乗り換えもご検討くださいね。「事業者が多すぎて自分に何が合うかわからない……」と思われる方は、本サイトの無料相談をご利用ください。光コラボレーションも熟知したプロに無料でご相談いただけますので、ぜひ、ご活用くださいね。
無料相談はこちらから『光コラボに乗り換えたい!』とお伝え下さいね。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
メールでの無料相談はこちら
無料相談はこちら

まとめ

フレッツ光の移転、解約、乗り換えについてご紹介してきました。手続きを簡単に済ませたいなら移転で、引っ越しを機に月々料金の見直しを考えているなら乗り換えをオススメします。

インターネットの解約・乗換えに関する悩みや不明点があれば、解約の達人へご相談ください。お得な解約方法から、負担のかからない乗換え方法まで、詳しいスタッフがお客様にあったお得情報をご案内します。相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

固定回線のオススメ

NURO

NURO

回線速度重視ならNUROで決まり!下り最大2Gbpsの超高速!

フレッツ光

フレッツ光

対応エリアが広く、キャンペーンでお得に利用できる!

auひかり

auひかり

auスマホユーザーにおすすめ!スマートバリューでさらにお得!

  • 光コラボ比較
  • フレッツ光
  • NURO光
0