DTI(プロバイダ)解約・退会!手続きや違約金・最低利用期間まで解説!違約金0円に!?

DTI(プロバイダ)解約・退会!手続きや違約金・最低利用期間まで解説!違約金0円に!?

公開日:2016/4/15更新日:2020/11/10
facebook
twitter
line

今回はインターネット回線のプロバイダーDTIの解約方法をまとめてみました。退会・解約手続きはもちろん、違約金や最低利用期間など気になる情報も解説。さらに、違約金が発生する方必見の0円にする方法を解説しますので、しっかり確認しておきましょう。

0

DTIとは

株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが提供しているDTIは、1995年に設立された大手老舗インターネットプロバイダーです。光回線とプロバイダーがセットになったDTI光は、最低利用期間が2年や3年と設定されている、利用期間内の解約には解約金が発生するインターネットサビスの中、そのどちらも発生しないというサービスを展開しています

ひかり電話との同時申込みであれば、工事費用も実質無料になります。本来発生するはずのない費用がかからないのが、DTI光の魅力でもあります。

スポンサーリンク

解約の前に確認したい注意点

「退会」と「解約」がある

DTI光は、「退会」と「解約」があります。DTI光サービス全ての終了は「退会」で、一部サービスの解約は「解約」になります。詳しくは以下の記事で詳しく紹介していますので確認してくださいね。

プロバイダーメールが利用できなくなる

DTIを解約すると同時にDTIのプロバイダーメールアドレスは利用できなくなります。プロバイダーのメールアドレスがどうしても無くなっては困るという方は、解約時に「Ubicプラン」(月額200円)に加入しましょう。

またこれを機会にGmailなどのフリーメールへ移行することも検討しても良いでしょう。

解約後も有料オプション契約が残ってしまう場合がある

最近よくあるお問い合わせ内容の中に、解約したのに請求があるということが増えています。これは、プロバイダーを解約しても有料オプション契約が残ったままになっているためです。そうならないために、有料オプションは先に解約しておきましょう。

解約金が発生しないか確認しておく

DTIでは解約までの最低利用期間というものを定めており、その期間内で解約すると契約解除に伴った費用、いわゆる解約金が発生します。解約金の金額や最低利用期間はもちろん、解約金がどうしても発生してしまう場合の対処方法を後ほど詳しく解説いたしますので、しっかり確認しておいてください。

DTIの解約方法

DTIの解約には、お電話での解約とメールでの解約があります。どちらとも解約には「DTIのお客様ID/パスワード」または「連絡先メールアカウント/メールパスワード」が必要になります。こちらが記載された「DTIご入会のご案内」等をあらかじめ用意しておきましょう。

お電話での解約方法

カスタマーサービスにご連絡し、オペレーターに解約希望と伝えましょう!

カスタマーセンター
0120-830-501
携帯電話・PHSの方は
03-5749-8091(有料)
受付時間10:00〜17:00(平日)

※また、コールバック予約フォームにご希望時間を入力するとDTIよりコールバックのお電話がきます。

メールでの解約方法

MyDTI ログイン後の「各種お問い合わせ」よりご連絡いたしましょう。

またMyDTI へログインできないお客様はこちらよりご連絡ください。

インターネット回線乗り換えを検討中の方にオススメ!

auスマホユーザならauひかりへの乗り換えを行いませんか?
auスマホユーザにオススメのauひかり、月額2,550円~

愛知、岐阜、三重、静岡にお住まいならコミュファ光
コミュファ光の月額2,558円~

ドコモスマホユーザならドコモ光への乗り換えがオススメ
フレッツ光からドコモ光へのお得な転用はこちらから

スポンサーリンク

解約金について

DTIのプランによっては解約時に違約金が発生する場合があります。これは契約内容や入会した時のキャンペーンなどによって異なりますので、解約前にチェックしましょう。

例えば、最低利用期間中に解約した場合は残余の期間(残りの最低利用期間月分)の月額料金がかかる場合や残余の期間にかかわらず、一定額の解約解除料がかかるといった具合です。

ですので詳しくはこちらから確認しておきましょう。

解約金を回避、免除してもらう方法

契約後8日以内なら初期契約解除制度を利用する

DTIを申込みした方で、通信速度が不十分な場合や十分な説明がされていなかった時などに、契約のキャンセルをすることができます。電気通信事業法の定める初期契約解除制度のもと、契約書面受領日から、その日を含む8日間のうちであれば、契約のキャンセルは可能です。8日間キャンセルであれば、解約金(契約解除料)は発生しません。

更新月に乗り換える

DTIを申し込むと、1年、2年ごとの自動更新型サービスに加入しています。従って2年契約であれば、24ヶ月目の翌月(25ヶ月目)以外の解約の場合は10,000円の違約金が発生します。DTIの2年契約で違約金が発生しない月は、利用開始から25ヶ月目と26ヶ月目・49ヶ月目と50カ月目・73ヶ月目と74ヶ月目…となります。

たった1日でも更新月が過ぎてしまったら解約金が発生してしまいます。しかし、更新月での解約ならば解約金がかかりません。解約をするときは、できるだけ契約更新月に解約をするようにしましょう。

移転手続きをする

こちらは解約ではありませんが、引越し先でもDTIを継続利用する場合、解約金は発生しません。しかしインターネット回線エリアがNTT東日本エリアとNTT西日本エリア間をまたぐ場合には移転手続きは不可能です。この場合は1度解約になりますが、解約金は発生しません。しかし、DTIの初期工事費分割払いの残金がある場合、のこりの残金を一括で支払う必要があります。

光コラボレーションへ転用する

DTIフレッツ光から【DTI光+auセット割】などのセット割に転用する場合には、フレッツ光の割引サービスは終了になりますが、フレッツ光の解約金は発生しません。フレッツ光で利用している「ひかり電話番号」や「お客様ID」もそのまま利用でき、フレッツ光の回線をそのまま利用するので工事の必要もありません。

DTIフレッツ光からDTIを含んだセット割引への転用は、解約金がかからない事とメールアドレスなどの設定を変更する必要がないメリットがあります。しかしキャッシュバックは受け取れません。他社の光コラボレーションへ変更することで、他の事業者ごとのキャッシュバックキャンペーンが適用されます。せっかくのチャンスですので、乗り換えで多額のキャッシュバックを受け取ってみてはいかがでしょうか?

どうしても解約金が発生してしまう際の解決策!

乗り換えキャンペーンを利用する

どうしても今解約してしまうと、必ず解約金がかかってしまうという方、いつの間にか自動更新されてしまい次の更新まで2年間待たされるなど、すぐに乗り換えたいけれど解約金でお困りの方は他社が行っている「乗り換えキャンペーン」を活用しましょう。

特に新生活シーズンや決算期などになると、どのキャリアや代理店でも「乗り換えキャンペーン」として、他社からの乗り換えであれば、乗り換え時に発生する解約金(契約解除料)を乗り換え先が負担してくれます。どうしても解約金が発生してしまうという方は「乗り換えキャンペーン」を行っているキャリアへ乗り換えて、解約金の負担がかからないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回はDTIを解約する際の注意点をご紹介しました。「DTI光 with シンプル」の解約は残余月の支払いがあるので注意してください。解約金は、解約や乗り換え時に必ずしも発生するわけではなく、更新月に解約金は発生しません。自身の契約内容やタイミングによって費用をかけることなく解約ができます。

おトクな解約・乗り換え方法を知らずに解約金や違約金を払ってしまった経験がある方、他のサービスも入会前に解約方法を知っておく事が大切なことです。事前におトクな方法をチェックしておきましょう。

プロバイダのオススメ

BB.exciteコネクト

BB.exciteコネクト

プロバイダ乗換えなら業界最安値のBB.exciteコネクト!即日利用可能!

ZOOT NEXT

ZOOT NEXT

最大2ヶ月無料で試せるフレッツ対応プロバイダー!ZOOT NEXT

HAYABUSA

HAYABUSA

固定IPも可能なインターネットサービスプロバイダー!HAYABUSA

オープンサーキット

オープンサーキット

速度が気になるなら!IPv6対応のインターネットサービスプロバイダー

  • ZOOT NEXT(ISP)
  • HAYABUSAインターネット接続サービス(ISP)
  • 光コラボ比較
0