ドコモ新料金プランへの切り替えタイミングは?変更方法や解約金について解説!

ドコモ新料金プランへの切り替えタイミングは?変更方法や解約金について解説!

公開日:2019/9/2更新日:2020/11/11
facebook
twitter
line

NTTドコモが2019年6月より新料金プラン【ギガホ/ギガライト】を開始しました!今回の記事は、ドコモの新料金プランの詳細はもちろん、切り替えタイミングや解約金がかかるケースについても解説。損せずお得に使える方法を伝授します!

0

ドコモの新料金プランとは?

NTTdocomo(ドコモ)は、料金体系の煩雑さの解消を目指して、2019年6月1日より基本料金や通信費などをひとつにまとめる新料金プランを開始しました。いったい、新料金プランとはどんなものなのでしょうか。新プランの種類や旧プランの今後についてお伝えします。

新料金プランの種類

主な新料金プランは「ギガホ」・「ギガライト」の2種類になります。
従来のプランは、端末代金もひとまとめにして、月々の料金から端末代金の値引きをする一体型のプランでした。
一方で新料金プランは、端末代金の値引きなどせず、通話・メール・定額通信のみをひとつのパックにすることで、料金がよりシンプルになりました。もちろん端末代金の残債がある人はプラスで支払う必要がありますので、端末代を完済している人は新料金にしたほうがお得になるケースが多いようです。
新プランの料金表は下記のとおりです。

旧プランは今後どうなる?現在、旧プランを利用している人は、2019年6月以降も引き続き利用継続することができます。そのため、機種変更やプラン変更をしない限りそのままということになります。ただし旧プランの新規受付は、2019年5月31日で終了しているので、今後新規でケータイを契約する人は新料金プランでの加入となります。

プラン ギガホ ギガライト
データ容量 ~30GB ~7GB ~5GB ~3GB ~1GB
1回線料金 6,980円 5,980円 4,980円 3,980円 2,980円
料金 家族以外20円/30秒

家族間通話のみ無料

5分以内 どちらか選択 700円
かけ放題 1,700円
同ファミリー2回線 どちらか選択 △500円
同ファミリー3回線 △1,000円
光セット割 △1,000円 △500円
端末代金 別料金

スポンサーリンク

ドコモの料金プランの確認について

新プランに変更するまえに、自分の契約が、現在どのような料金プランになっているのかを知る必要があります。ここでは、現在利用している料金プランの確認方法をいくつかご紹介します。ご自身に合った方法で確認してみてくださいね。

電話で確認する

一つめの方法として、電話で料金プランを確認することができます。ドコモのインフォメーションセンター「151」にダイヤルすると繋がります。
音声ガイダンスに従い契約内容を確認してください。その際に必要となるものが「電話番号」と「契約時の4桁の暗証番号」なので、覚えていない方は事前確認をしておきましょう。

Mydocomoで確認

つづいて、最近主流となってきているのが「Mydocomo」から確認する方法です。こちらだと、電話で待ち時間を気にする必要がなく、いつでもスムーズに確認することができます。
確認手順は下記のとおりです。

【確認手順】
dメニューから「Mydocomo(お客様サポート)」へログイン

「契約内容・手続き」

「料金プラン・パケットパック」に料金プランが表示される

新料金プランシミュレーターで簡単試算

現在の料金プランを確認後、実際に新料金プランと比較しても、料金が安くなるのかいまいち判らないという方も多いと思います。その場合は、簡単試算のできる「新料金シミュレーター」を使うのがおススメです。
これはドコモが公式に提供しているオンライン料金計算ツールなので、現在の利用状況を入力するだけで、簡単に新料金プランの金額を知ることができます。気になる方は一度使ってみるといいでしょう。

ドコモの料金プランを変更する方法

料金プランの確認を終え、新料金プランのほうが合っていると思えたら、さっそく料金プランの変更の手続きを行ってください。以下ではそれぞれの変更方法をお伝えします。

ショップ・電話から料金プランを変更する方法

スマホの操作な苦手な人は、ドコモショップや「ドコモインフォメーションセンター」に電話して、料金プランを変更することをおススメします。

受付窓口:ドコモのインフォメーションセンター

・ドコモのケータイから電話する際は「151」に発信してください。

・一般電話などからの場合「0120-800-000」に発信してください。

Mydocomoから料金プランを変更する方法

なかなか電話をかける時間がないという方は、スマホで簡単に料金プランを変更できる「Mydocomo」がおススメです。変更手順は下記の通りです。

【変更手順】
dメニューから「Mydocomo(お客様サポート)」へログイン

「契約内容・手続き」へ

「料金プラン・パケットパック」の項目内「料金プランを変更する」をタップ

新料金プランのうち変更したいプランを選択

注意事項確認後、手続きを進める

手続き完了

ドコモの新料金に変更するときに解約金がかかるタイミングは?

新プランの詳細や、プラン変更方法などについてお伝えしてきました。ここからは、料金プランを変更する際に気になる解約金が発生するケースや、解約金がかかるタイミングを確認する方法などについてお伝えします。

定期契約or定期契約なしのどちらを選ぶか重要

旧プランから新プランへ変更する際に気になるのが、プラン変更による解約金が発生するかだと思います。通常、現在のプランから新プランに切り替わる場合、いまの定期契約(2年縛り)の期間を引き継ぐかたちとなります。そのため、現在の定期契約が更新月以外であっても新プランへの移行が定期契約であれば解約金はかかりません。

ただし注意が必要なのは、新プランを定期契約なしの「自動更新なし」で利用する場合です。現在、定期契約のプランを契約している場合、その定期契約の更新月以外のタイミングで、定期契約なしの新プランに変更してしまうと、解約金が発生してしまいます。さらに定期契約時よりも、月々の料金が1,500円も高くなってしまいます。今後もドコモを使い続ける予定の方は、そのまま定期契約を結ぶことをオススメします。

解約金のかからない月を調べる方法

現在定期契約に入っている人が、解約金をかけず新プラン・定期契約なしに変更したい場合は、契約更新月(契約満了月当月・翌月・翌々月)のタイミングで変更するといいでしょう。
解約金のかからない月を調べる方法は、「Mydocomo」からであれば簡単に確認することができます。

【確認手順】
dメニューから「Mydocomo(お客様サポート)」へログイン

「契約内容・手続き」へ

「料金プラン・パケットパック」項目内「料金プランを変更する」

「ご契約内容の確認」項目内「現在ご契約中の料金プラン」

契約満了月記載「例:契約満了月は2020年1月です」

ドコモの新料金プランへ変更する際の注意点

新料金プランへ変更する際には、いくつか抑えておくべき注意点があります。
お客さまの利用状況によっては、プランを変更することで料金が高くなってしまうこともあります。料金プランを変更する際は、しっかりと注意点を踏まえたうえで手続きを進めましょう。ここでは、いくつか気を付けるべき点をお伝えします。

スマホを端末購入サポートを利用して買った人は注意

現在ドコモで利用しているスマホ・ケータイ・タブレットを購入した際、「端末購入サポート」という割引を利用して一括割引をした人は、注意が必要です。なぜなら安易に新料金プランに変更してしまうと、最大6万円の請求をされる場合があります。
「端末購入サポート」とは、12か月継続契約を条件として、現状のスマホの金額から一部を割引してくれるものです。継続契約には対象プランの指定があり、今回の新料金プランは対象外となっています。
「端末購入サポート」の解約金がかかる期間に新料金プランへ変更した場合は、購入した機種や時期によって解約金が発生します。

端末購入サポートの解約料発生期間は「購入日または開通日の翌月1日から起算して12ヶ月」です。分かりやすく例を挙げます。

例1:2018年7月1日に端末購入サポートを適用して申し込んだ場合
→2019年8月1日以降に新プランへ変更すると解約金0円

例2:2018年10月2日に端末購入サポートを適用して申し込んだ場合
→2019年10月31日までの間に新プランへ変更すると解約金発生

まだスマホを購入して1年未満の人などは十分注意してくださいね。

月々サポート割引が残っている人は注意

ドコモのケータイを購入した際に、最大24ヶ月割引をしてくれる「月々サポート」を適用した人も注意が必要です。
上述した「端末購入サポート」を使わず、最新のスマホを購入したほとんどの人は、おそらくこの「月々サポート」に入っていることでしょう。
新料金プランのギガホ・ギガライトは、月々サポートの対象外です。そのため、現在のプランで割引適用中に新料金プランにすると、解約金は発生しませんが割引は廃止となります。
本来適用されるはずの端末購入補助を受け取ることができなくなり、結果的に負担が大きくなってしまっては元も子もありません。お得に使うのであれば、月々サポート適用期間内は、新料金プランへ移行するタイミングではないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ドコモの新料金プランへの変更方法や、プラン変更時に解約金のかかるタイミング、注意点などについて解説しました。
お客さまの利用状況やタイミングによっては、料金が高くなってしまうケースも発生してしまいます。プラン変更を行う際は、安易に変更せず現状の利用状況をしっかり確認した上でご自身に合ったプランを選択してくださいね。
ドコモ光とのセットでさらに割引!詳細はこちら!

スマホのオススメ

docomo

docomo

いまのスマホそのままで料金はお得!ドコモユーザーにおすすめ!

UQmobile

UQmobile

auユーザーやご家族での乗り換えにおすすめ!UQモバイル

ソフトバンクスマホ

ソフトバンクスマホ

ソフトバンクへのスマホ乗り換えにおすすめ!

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

エンタメフリーオプションもあり!ドコモ・au回線から選択できるBIGLOBEモバイル

楽天モバイル

楽天モバイル

1年月額料金が無料!楽天経済圏ユーザーに最適な楽天モバイル!

  • エラスタモ
  • UQモバイル(スマホ)
  • 楽天モバイル(スマホ)
  • ソフトバンクスマホ
0