ドコモ光のおすすめプロバイダーの特徴を比較! 速くて安い会社3選

ドコモ光のおすすめプロバイダーの特徴を比較! 速くて安い会社3選

公開日:2019/2/6更新日:2020/10/13
facebook
twitter
line

ドコモ光を使っている人や検討中の人に欠かせないのがプロバイダーです。プロバイダーとは、ドコモ光の通信回線をインターネットにつなげてくれる事業者のことを指します。ドコモ光でPCやスマホを回線につなげるには、ドコモ光との契約とは別に、プロバイダーへの契約が必要です。プロバイダーと契約していないと、インターネット回線につなげられません。 ドコモ光に対応しているプロバイダーは全部で26種類ありますが、選ぶ基準がよくわからない人も多いのではないでしょうか。今回は、ドコモ光に対応するプロバイダーの種類や特徴、契約途中のプロバイダー変更や、おすすめのプロバイダーについて比較紹介していきます。

0

ドコモ光に対応しているプロバイダーの種類

ドコモ光に対応しているプロバイダーは、全部で26種類あり、料金で大きく分類するとタイプAとタイプBにわかれます。月額料金はタイプAが4,000円、タイプBが4,200円と、タイプAの方が月額料金は200円安いです。しかし、提供しているサービスに大きな違いはありません。この料金にはプロバイダー料金とドコモ光のインターネット料金が含まれています。

さらにドコモ光電話やドコモ光テレビオプションなどを有料オプションとして提供していて、オプションで何を加えるのかによって料金が異なります。

また、ドコモのスマホを持っていると、すべてのプロバイダーでドコモ光セット割が適用になり、お得に利用可能です。

プロバイダーによって、持てるメールアドレスの数やセキュリティソフトの無料期間、Wi-Fiルーターレンタル可能かどうか、提供エリアなどが異なります。

タイプAは全20種類

月額料金4,000円、ドコモ光タイプAのプロバイダーは次の20種類です。ドコモnet、ぷらら、GMOとくとくBB、So-net、DTI、@nifty、ic-net、Tigers-net.com、andline、BIGLOBE、エディオンネット、スピーディアインターネットサービス、シナプス、BBエキサイト、hi-ho、楽天ブロードバンド、TikiTiki、@ネスク、01光コアラ、U-Pa!(2019年3月31日サービス終了)。

メールアドレスをたくさん持ちたいならGMOとくとくBBやic-net、セキュリティソフトをずっと無料で使いたいならTigers-net.comやスピーディアインターネットサービスなど、求める内容によって選ぶべきプロバイダーが異なります。

タイプAのプロバイダーは、基本的に全国展開しているので、日本中で利用可能です。

タイプBは全6種類で月額料金が200円高い

月額料金4,200円、タイプBのドコモ光対応プロバイダーは、次の6種類です。OCN、@T COM、TNC、WAKWAK、ASAHIネット、@ちゃんぷるネット。

静岡県限定のTNC、沖縄県限定の@ちゃんぷるネットなど、地域限定のプロバイダーもあります。タイプBでWi-Fiルーターレンタルに対応しているのはOCNのみです。総合セキュリティソフトの無料期間も12カ月間のみ、あるいは完全有料です。

ただしどのプロバイダーも親権者の同意があれば未成年でも申込できます。年齢制限がない点はタイプBのメリットです。

新規・乗り換え限定!無料でご案内新規・乗り換え限定!無料でご案内

通信速度を重視するならIPv6対応プロバイダーがおすすめ

ドコモ光対応プロバイダーを選ぶとき、接続方式は重要なポイントです。現在普及しているPPPoE方式のIPv4よりも、次世代ネットワークであるIPoE方式でIPアドレスの数が多くつながりやすいIPv6対応のプロバイダーを選ぶと、混雑しにくくなります。

通信速度自体には大きな違いはありません。しかし、使用可能なIPアドレスの数が膨大なことから、スマホやPC以外に家電などもつながりやすいIPv6対応プロバイダーをおすすめします。

ドコモ光対応プロバイダーでIPv6に対応していないのは、楽天ブロードバンドのみです。

プロバイダーがIPv6対応であっても、プロバイダーや契約内容によっては別途機器のレンタルや購入が必要になる点も押さえておきましょう。

ドコモ光は途中でプロバイダーの変更は可能?

現在ドコモ光を使っているものの、別のプロバイダーにも興味がある人が知りたいのが、プロバイダーを途中で変更できるかどうかです。月額料金が同じなら、より満足できるサービスを提供しているプロバイダーへの変更を考える人も多いでしょう。

ドコモ光では、提携プロバイダーの変更が可能です。変更するには手数料と、所定の手続きが必要です。詳しく見ていきましょう。

ドコモ光のプロバイダー変更に必要な料金

ドコモ光のプロバイダーを変更する場合、事務手数料3,000円(税抜)が発生します。変更前・変更後のプロバイダーがタイプA・タイプBにかかわらず、同一料金です。

ただし、プロバイダーや契約期間によっては、別途違約金が発生する場合もあります。ほとんどのプロバイダーでは違約金は発生しませんが、解約の際に窓口で確認しておくことをおすすめします。

また、ドコモ光対象のプロバイダーの中には、解約すると自動的に有料サービスプランに変更となるものがあります。対象のプロバイダーは下記の2つです。
・hi-ho(ちょこっとコース216円(税込))
・TikiTiki(メールアドレスコース350円(税抜))
以前のメールアドレスが不要になる場合には、プロバイダーに連絡して解約を忘れないようにしましょう。

ドコモ光のプロバイダー変更方法

ドコモ光のプロバイダーは、電話またはドコモショップで手続きできます。
・電話:9:00~20:00
・ドコモショップ:各店舗の営業時間内
手続きには、ドコモの携帯電話契約内容の口頭での確認が必要です。本人確認書類は原則として必要ありません。

ただし、プロバイダーの基本サービス以外のオプションは自動解約されない場合がありますので、プロバイダーに解約手続きを申請しておきましょう。

タイプAからタイプBへ、タイプBからタイプAへの変更で月額料金が変わる場合、料金が切り替わるのは、新プロバイダーの利用開始日です。新しいプロバイダーが利用可能となった日以降に、以前のプロバイダーが廃止されます。

ドコモ光をお得に使うプロバイダに悩んでいる方!
当サイトにご相談ください!一番お得なドコモ光のプロバイダの紹介や、乗り換え方法など、
無料で相談を行っているので、気になる方はぜひお問い合わせください。
無料相談はこちら

※解約手続き申請や契約内容の確認などは公式連絡先にてご確認ください。

ドコモ光のプロバイダーならどこがいい?おすすめプロバイダーのご紹介

ドコモ光に対応しているプロバイダーの中から、通信速度が速く快適につながる、おすすめのプロバイダーをピックアップしました。プロバイダーごとの特徴を順番に見ていきましょう。

おすすめプロバイダー①ぷらら

ぷららは、NTT系列のプロバイダーです。ドコモ光のタイプAなので料金を抑えながら快適な通信でネットを楽しめます。

おもなサービスは以下のとおりです。
・メールアドレス7個まで保有可能
・総合セキュリティソフトマカフィーfor plalaが24カ月無料
・リモートサポートあり、訪問サポート初回無料
・IPv6対応
・Wi-Fiルーター契約期間中無償
・法人契約可能
・毎月1,200円(税抜)分のフリーチケット

サポートやウイルス対策が充実していて、設定が苦手な人でもストレスなく利用できるプロバイダーです。Wi-Fiルーターも無料レンタルできるので、機器の購入代金も抑えられます。機械の苦手な人や設定の初心者にもおすすめのプロバイダーといえるでしょう。 

おすすめプロバイダー②so-net

so-netは、ソニー系列のプロバイダーです。こちらもドコモ光のタイプAなので料金を抑えて快適なネット環境を実現できるのが特徴です。

おもなサービスは下記のとおりです。
・メールアドレス4個まで保有可能、メールBOX容量無制限
・総合セキュリティソフトカスペルスキー12カ月無料
・リモートサポート初回無料(6カ月以内)
・訪問サポート初回無料(12カ月以内)
・IPv6対応
・Wi-Fiルーター契約期間中は無償(訪問サポートかルーターかどちらか選択)
・18歳以上の個人のみ契約可能
・ホームページ10MBまで対応

セキュリティソフトの無料期間は12カ月のみですが、メールBOXの容量が大きいためホームページを作るときにも別途サーバーを借りる必要がありません。メールでの画像送受信やホームページ作成などでサーバーをたくさん使う予定のある人におすすめです。

おすすめプロバイダー③ic-net

ic-netは、山形県発祥のプロバイダーです。プロバイダー事業は1996年から始まっている、プロバイダーの中では歴史のある会社で、こちらもドコモ光タイプAのプロバイダーです。

おもなサービスは下記のとおりです。
・メールアドレス15個まで保有可能、メールBOX容量無制限
・総合セキュリティソフトIC-NET安心セキュリティ36カ月無料
・リモートサポートあり(36カ月)、訪問サポート初回無料(36カ月以内)
・IPv6対応
・ホームページ5GBまで作成可能、ブログ50MB作成可能
・Wi-Fiルーター契約期間中は無償
・法人も契約可能

メールアドレスの保有可能個数やセキュリティソフトの無料期間、ホームページ対応など、他のプロバイダーより優れている特徴が多いプロバイダー。機能面を追求したい人におすすめです。

ドコモ光のプロバイダーで1番納得するのはGMOとくとくBB

ドコモ光のプロバイダーの中では、タイプAのGMOとくとくBBが一番のおすすめです。IT企業であるGMOインターネット株式会社が運営しているプロバイダーで、サーバー事業も展開しています。複数のホームページを設置可能など、サーバー関連にとても強いのが大きな特徴といえるでしょう。

おもなサービスは下記のとおりです。
・メールアドレス15個まで保有可能、メールBOX容量無制限
・総合セキュリティソフトインターネット安心セキュリティ12カ月無料
・訪問サポート初回無料(12カ月以内)
・IPv6対応
・ホームページ350MBまで、最大15個
・Wi-Fiルーター契約期間中は無償
・法人も契約可能

料金が安いタイプAにも関わらず、メールアドレスやホームページをたくさん使用できるなど、サービスが充実しています。家族で別々にメールアドレスやホームページを作りたい場合でも、別途契約する必要がありません。また、法人でも契約できるので、複数の事業サイトを運営したい場合にも基本料金内で対応できます。

IPv6対応で通信速度が速いうえに、無料レンタル可能なルーターは、他社より速い通信速度での通信ができる点が最大のメリットです。

とにかく速度にこだわりたい人、複数のホームページを作りたい人にもぴったりの、ドコモ光対応プロバイダーで一番のおすすめプロバイダーです。

まとめ:ドコモ光対応プロバイダーは通信速度が速いGMOとくとくBBがおすすめ

ドコモ光対応のプロバイダーは、全部で26社。料金プランはタイプAとタイプBにわかれ、タイプAの方が月額200円安くなっています。料金による機能の違いはありませんが、せっかくの光回線だからこそ、通信速度にはこだわりたいところです。通信速度の速さなら、IPv6対応プロバイダーにするのはもちろんのこと、レンタル可能なルーターの性能にも注目しましょう。

各プロバイダーの中でも、IPv6対応でレンタル可能なルーターの性能がいい、GMOとくとくBBがとくにおすすめです。これからドコモ光への入会を検討している人や、プロバイダーの乗り換えを考えている人はぜひ検討してみてください。

新規・乗り換え限定!無料でご案内新規・乗り換え限定!無料でご案内

固定回線のオススメ

NURO

NURO

回線速度重視ならNUROで決まり!下り最大2Gbpsの超高速!

フレッツ光

フレッツ光

対応エリアが広く、キャンペーンでお得に利用できる!

auひかり

auひかり

auスマホユーザーにおすすめ!スマートバリューでさらにお得!

  • 光コラボ比較
  • フレッツ光
  • NURO光
0