ドコモ光を損せず解約する方法とは!?解約金や工事費、注意点まとめ

ドコモ光を損せず解約する方法とは!?解約金や工事費、注意点まとめ

公開日:2016/4/8更新日:2019/12/3
facebook
twitter
line

今回はドコモ(docomo)光の解約方法をまとめてみました。
その他の株式会社NTTドコモが提供するサービスについて確認したい方は、こちら
株式会社NTTドコモの記事一覧

0

ドコモ光の解約

月の途中で解約したら日割りになる?

ドコモ光を解約する場合、多くは月末での解約を行うかと思います。しかし中には、その月の途中で解約を希望する方も多いでしょう。しかしドコモ光の解約は、月の途中で解約しようが、月末で解約しようが、ひと月分の利用料金は発生します。日割計算はされませんので、物理的な問題などなければ、月末までの利用で解約することをオススメします。

解約するなら更新月を見逃すな!

ドコモ光の解約で、一番引っかかるのが違約金ではないでしょうか。ドコモ光の契約は2年間の自動更新になっています。2年経過すると、お客様の申告がなければそのまま2年間の契約が継続されます。しかし2年の契約満了となる月の翌月と翌々月であれば、ドコモ光の更新月となるため、解約しても違約金が発生しないのです。

そろそろ2年ぐらいになるなと思ったら、事前に更新月がいつか確認しておくと良いでしょう。

ドコモ光とは

ドコモ光は、フレッツ光の回線を使ってインターネットを提供する、光コラボレーションサービスの1つです。回線とプロバイダが一体型となったシステムで、NTT回線とプロバイダを別々で契約するよりも、安価で利用できるため利用者が増えているサービスです。さらにドコモのスマホを利用している方は、ドコモ光とのセット割も可能なので、通信費をグッと抑えることができます。他にも光電話が利用できるほか、テレビなどの映像サービスやさまざまなオプションコンテンツも充実しています。

通信費削減の無料相談はこちらから
お電話での相談はこちらから
※「通信費を削減したい」とお伝え下さいね。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

解約時の本人確認について

  • ドコモの携帯電話を契約されている方は、契約内容の確認がございますので、ネットワーク暗証番号の確認がございます。
  • ドコモの携帯電話の契約がない方、または「ドコモ光」のペア回線を設定されていない方は、契約ID(お客さまID)等の本人確認がございます。
通信費が高くて乗り換えを検討中ではありませんか?そんな方は、通信費の見直しを回線を熟知したプロに相談してみませんか?実際に、月額料金が数千円お安くなった事例もございます。
メールでの通信費削減無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから『通信費を安くしたい!』とお伝え下さいね。

お電話での解約方法

下記サポートセンターにお電話にて解約手続きを行いましょう!

ドコモインフォメーションセンター

  • ドコモの携帯電話からの場合(局番なし)151(無料)
    ※一般電話などからはご利用できません。
  • 一般電話などからの場合0120-800-000(携帯電話・PHS OK)

受付時間
午前9時~午後8時(年中無休)

接続後、流れるガイダンスにしたがって、解約手続きを進めましょう!

乗り換えする手順でもっとお得な方法をご存知ですか?どういった手順で乗り換えれば最もお得になるかわからないという方に無料で乗り換えて順をご案内致します。さらに、お得な乗り換え先のご紹介も可能です。乗り換え先に申し込む前にぜひ一度、通信回線を熟知したプロにご相談ください。
メールで気軽に無料相談はこちらから
お電話での相談はこちらから
※「お得な乗り換えて手順を無料で教えてください」とお伝え下さいね。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

解約金について

定期契約プランは、2年間同一の「ドコモ光」契約を継続して利用することが条件となり、解約(定期契約のない料金プランへの変更含む)のお申出がない場合は自動更新となります。

更新後を含む契約期間内(契約満了月の翌月を除く)での解約時(定期契約のない料金プランへの変更含む)には、戸建てタイプ13,000円、マンションタイプ8,000円の解約金がかかります。

「ドコモ光」の契約期間と携帯電話回線の契約期間は別々に取り扱われます。それぞれの契約期間満了時以外の解約の場合、解約金が発生いたします。

ドコモ光を解約した際の工事費

ドコモ光の開通にかかる工事費用は、戸建て19,440円(税込)・マンション16,200円(税込)。ドコモ光に契約したら、この費用を最大60回までの分割払いで支払っています。キャンペーンによっては、この工事費用を毎月割引することはありますが、基本的には月額料金に工事費用の分割分が上乗せされて請求されます。

もしドコモ光を解約した際に、分割支払い期間がまだ残っていた場合、これから支払うはずだった残債分が一括で請求されます。解約したタイミングが、違約金発生期間であれば、10,000円前後の違約金に加え、工事費の残債も同じぐらいかかってくることになります。

解約費用はできるだけ払いたくないですよね?そんな方は解約費用を実質0円にするための無料相談窓口を是非ご活用くださいね。解約金以外にも撤去工事費も実質0円になった事例も多数ございます。
メールで気軽に無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから
「解約費用を実質0円にできるか無料診断してください」とお伝え下さい。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

回線そのままでプロバイダの変更も可能!

ドコモnet

もし他の会社のプロバイダを使っているなら、このドコモのプロバイダに変更するのも良いかもしれません。ドコモnetは比較的新しく登場したプロバイダですが、一番のメリットは光回線もスマホもすべてドコモで完結することができます。

同じドコモ光であっても、プロバイダが管轄する部分では、別途各プロバイダへ連絡が必要となりますので、すべてが同じ問い合わせ先ですむ「ドコモnet」はおトクです。ただしまだ新しいプロバイダではあるので、サービス内容やサポートが他に比べて広くない部分もあるので、すべて一緒のところがいいという方にはおススメです。

GMOとくとくBB

毎月安く使えるタイプAに属する「GMOとくとくBB」は、他のプロバイダと違って速度保障、高速通信を掲げています。混雑するポイントの少ない「v6プラス」という接続方法を使うため、同じプロバイダが一斉に使った時の混雑による速度低下も軽減します。さらに無線ルーター無料レンタルキャンペーンや、人気のオプションが無料で利用できるキャンペーンなどがあるほか、新規申込みでのキャッシュバックといったキャンペーンが豊富なのも人気の秘密といえます。

So-net

フレッツ光のプロバイダとして長らく愛されている「So-net」は、ドコモ光でも人気のプロバイダの1つです。料金の安いタイプAに入っており、キャンペーン特典なども豊富なプロバイダです。IPv6接続により、速度も速く快適に使えるうえ、初期工事費無料キャンペーンも定期的に行っていておトクに申込みができます。有料提供が多いセキュリティサービスも無料で使うことができ、万全のサポート体制の中で利用することができます。

ぷらら

So-net同様に、フレッツ光でも人気のプロバイダである「plala(ぷらら)」。料金も安くて、知名度も高いプロバイダで、多くの方が利用しています。ぷららの特長の1つが、毎月1,200円分の割引クーポンです。ホームページ作成やメールアドレス追加など、ぷららの7つのオプションが、毎月1,200円分無料で使えるというもの。該当のサービスを使いたかった方には、非常に嬉しい特典といえますね。

OCN

日本のプロバイダでも1、2を争うプロバイダである「OCN」、利用者の中にはOCN以外に変えたくないという人もいるほどです。サービスプランもタイプBに属しているため、月額料金が200円ほど割高になります。元々あまり特典のないプロバイダでしたが、現在は新規で申込みをする場合、工事費無料キャンペーンや、転用・新規に関わらずdポイント付与キャンペーンが展開されているなど、お得なポイントも増えてきています。

乗り換え無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから
「解約費用を実質0円にできるか無料診断してください」とお伝え下さい。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

プロバイダだけでなく回線ごと乗り換えるなら

Softbank光

ドコモ光同様に、フレッツ光回線を利用したインターネットサービスである「Softbank光」は、他社からの乗り換えや新規で申込みする際のキャンペーンが多いのが特徴です。月額料金から24ヶ月間1,000円割引もしくは、24,000円のキャッシュバックが選べるのも嬉しいですね。季節やイベントごとに、さまざまなキャンペーンが展開されているので、お客様にあった申込み方法が選べます。

またSoftbankスマホとのセット割もあるので、家族全員のスマホ代が利用している間はずっと割引が可能になります。ネット回線・スマホの両方をおトクに使うなら、Softbank光へ乗り換えを検討してみてはいかがでしょう。

auひかり

KDDIが提供する光回線サービス「auひかり」は、ドコモ光と違いフレッツ光回線を使わないインターネットサービスです。インターネット創世記から第一線にいるKDDIだからこその、安心できるサポート体制やサービス内容が盛りだくさん。

近年ではCMで人気のauスマホの需要も増え、ネットと電話のセット割引にしておトクに利用する人も増加。2018年からは、世界最速の「auひかり ホーム10ギガ」というサービスも登場し、ますます人気を集めるサービスとなっています。

NURO光

プロバイダのSo-netが運営する高速インターネット「NURO光」。まだ全国展開されていないサービスではありますが、下り最大2Gbpsの超高速光回線と、無線LANやセキュリティサービスがついて約4,700円で利用できる安さが人気です。現在は関東・東海・関西エリアのみの提供となっていますが、その地域にいれば申込みたいという方もいるほど。

さらにソフトバンクスマホユーザーであれば、ネットとスマホのセット割も適用することができておトクです。

So-net光

フレッツのプロバイダとしても有名なSo-netの提供する光コラボレーションサービスも、回線の乗り換え先として人気の1つです。多くの事業者が新規申込みキャンペーンを打ち出している中、So-net光ではフレッツ回線を既に引いている転用ユーザーにも割引キャンペーンを展開しているなど、キャンペーンや特典が多いのも特徴。auスマートバリューという、auスマホとのセット割も適用できるため、ネットもスマホもまとめて通信費を抑えることができます。

J:COM

ケーブルテレビサービスなどを提供しているJCOMでも、インターネット回線サービスを提供しています。ネットだけでなく、CSなどのテレビサービスも重視したいという方は、テレビとインターネットがセットで利用できるプランが豊富な、JCOMへの乗り換えもオススメ。電話や電力なども一緒に提供しているため、ご自宅での暮らし全般をサポートしてくれます。またauスマートバリューも適用できるため、auスマホをご利用であれば、家族全員のスマホ利用料金が一気に抑えられます。

まとめ

ドコモ光の解約方法、注意事項についてご紹介しました。もちろんドコモのスマホを利用しているのであれば、そのまま継続していても良いですが、実は一人だけしかスマホを持っていなければ逆に利用料金が高くなることもあります。契約内容や利用用途にあわせて、しっかりと見極めることが大切です。

更新月タイミングや引越しなど、インターネット回線の見直しを考える機会が多いかと思います。面倒だと思うかもしれませんが、一番おトクなタイミングで切り替えられるのがベストだと思いますので、少しでも気になったらまずは無料相談してみましょう。

解約費用はできるだけ払いたくないですよね?そんな方は解約費用を実質0円にするための無料相談窓口を是非ご活用くださいね。解約金以外にも撤去工事費も実質0円になった事例も多数ございます。
メールで気軽に無料相談はこちらから
お電話での無料相談はこちらから
「解約費用を実質0円にできるか無料診断してください」とお伝え下さい。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

インターネット回線乗り換えを検討中の方にオススメ!

auスマホユーザならauひかりへの乗り換えを行いませんか?
auスマホユーザにオススメのauひかり、月額2,550円~

愛知、岐阜、三重、静岡にお住まいならコミュファ光
コミュファ光の月額2,558円~

やっぱりフレッツ光が良かった?ドコモ光を解約してフレッツ光にしたい!
フレッツ光で最大192,000円割引実施中!

光コラボのオススメ

ビッグローブ光

ビッグローブ光

auスマホユーザーにおすすめ!スマートバリューでスマホ代がお得に!

ソフトバンク光

ソフトバンク光

ソフトバンクスマホユーザーならソフトバンク光!

ドコモ光

ドコモ光

ドコモスマホユーザーやDカードユーザーにおすすめ!

  • 光コラボ比較
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光
  • ビッグローブ光
0