クレジットカードを解約する際に確認すべき6つのこと

クレジットカードを解約する際に確認すべき6つのこと

公開日:2016/10/8更新日:2020/10/21
facebook
twitter
line

クレジットカードを解約したいと考えるとき、手続きが面倒なのではないかと考える方もいらっしゃいますよね。今回は、クレジットカードの解約に関してご紹介していきます。

0

解約自体はとても簡単!?

クレジットカードを解約する際は、そのカード会社のカスタマーセンターに電話をします。
オペレーターに「解約をしたい」旨を伝えてください。基本的にはこれだけで大丈夫です。
中には、理由を聞かれる場合もあるかもしれませんが強く引きとめられることはないのでご安心くださいね。
その後、解約の連絡をした後に大事なことがあります。解約したクレジットカードにハサミを入れるということです。具体的には裏面の磁気テープ部分と表面のICチップ部分にはしっかりとハサミを入れましょう。これらは個人情報がしっかり詰まっていますので、目安として、5~10回ハサミを入れることをお勧めします。これでも不安な方は、切り刻んだカードをそれぞれ別々のゴミ袋に捨てると安心です。

ネットやスマホの見直しは大丈夫?解約や乗り換えで大幅な節約にも!プロに相談!

解約の前に注意すべき点

解約する前に確認しておくべき点を以下にご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

  • 未払いがないかを確認する

    クレジットカードには、分割払いやリボ払い、キャッシングなどの機能があります。これらは支払い残額のある状態で解約すると、解約後に一括請求されますのでご注意ください。お金に余裕があれば問題ないですが、そうでない場合は困ってしまいますよね。そういう方はきちんと分割期間で払い終えてからの解約をお勧めします。

  • 加入後すぐに解約しない

    クレジットカードに入会したけれどすぐに解約したいという方は注意です。クレジットカードに入会する際にキャンペーンなどで商品券などの特典をうけている場合もあります。その上ですぐに解約をしてしまうと、特典目安の入会と思われてしまい、信用情報に関わる恐れがあります。少なくとも入会から半年以内での解約はしないことをお勧めします。

  • 短期間での入会→解約を繰り返しに注意

    上記の内容の補足にもなりますが、短期間で入会と解約を繰り返しおこなっている場合、それはしっかりと個人信用情報機関に記録されているので注意してください。個人信用情報機関には、過去5年間の履歴が残ります。短期間でこれを繰り返していると、特典目当ての入会・解約を繰り返していると思われて金融機関から信用を失ってしまう可能性があります。

  • 貯まったポイント

    クレジットカードには利用額などに応じて、ポイントが付与されています。この、ポイントは商品などに交換できる仕組みになっていますので決して軽視できません。利用年数が長いカードや、金額的に高いものを購入している場合はポイントもその分付与されていますのでご確認ください。中には、商品券と交換できるクレジットカードもあります。貯まっているポイントを対象商品と交換など、消費をしてから、解約するようにしましょう。

  • 支払い先としての登録変更

    公共料金や携帯電話の支払い方法などにクレジットカードを登録している方もいらっしゃいますよね。クレジットカードを解約する前に、これらの支払い方法をきちんと変更するようにしましょう。万が一、解約した直後などに引き落としがかかる予定だった場合、当然引き落としはされません。特に携帯電話の支払いに関して支払いが送れてしまうと、場合によってはブラックリストに載ってしまうこともあるようです。これは携帯電話料金の中に含まれる、端末の分割払いに遅れが出ることで信用情報に傷が付いてしまうことかあらきているそうです。
    解約したいカードで、毎月の支払いをしているものがあるか確認をして、それらはきちんと変更をしましょう。

  • 一体型カード

    クレジットカードだけの機能ではなく、キャッシュカードや電子マネー機能の付いた一体型カードの場合、解約に伴いこれら全ての機能も失ってしまう。便利である反面、解約する際はその便利さを失うことにもなるのでご注意ください。また。電子マネーについては、残額がある状態で解約をしてしまうと、残額分は戻ってこないので残額のない状態で解約手続きすることをお忘れなく!

引っ越しの際はどうするべき?固定回線の解約や移転をプロに相談!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
クレジットカードの解約自体は意外に簡単にできてしまうので心配いりませんが、解約する前に確認すべきことは多くあります。上記の点を参考に、ご自身に該当するものがないかどうか、解約前に是非確認してみてくださいね!

複数のカードをもって、年会費それぞれ支払うより、ワンランク上のカードの年会費を払う方がお得な場合もございます。これを機会にクレジットカードの枚数を見直したり、プラチナやゴールドカードへ変更を検討してみましょう。

こちらのサイトでは様々な解約に関する情報をご紹介しています。是非、他のページもご覧になってくださいね!
スマホやネットの解約で注意すべき点を把握しておこう!

0