auひかりの悪い評判を調査!7つのデメリットとリアルな口コミをチェック!

auひかりの悪い評判を調査!7つのデメリットとリアルな口コミをチェック!

公開日:2018/11/29更新日:2020/10/14
facebook
twitter
line

携帯大手3キャリアの中で、唯一独自回線にてインターネットサービスを提供しているauひかり。NTTのフレッツ光から回線を借りてサービスを提供する光コラボレーションとは異なり、ユーザー数が限られているので回線が安定していることで評判ですね。

2018年からは関東圏において世界最速の10ギガプランの提供も始めたことで、ますます注目を集めています。そんなauひかりの評判はどうなのか、気になるところではないでしょうか。今回はauひかりのメリットとデメリットを紹介しつつ、実際に使用したユーザーの口コミも集めてみました!

これからauひかりの契約を考えている人は、ぜひ参考にしてください。またauひかりの対応エリア圏外になってしまった場合も想定して、代わりとなる光回線サービスも紹介しているので、最後まで読んでくださいね。

0

auひかりとは

auひかりはKDDIが提供する光回線のサービスです。フレッツ光の回線を借りてサービスを提供している光コラボとは異なり、auひかりでは独自回線にてサービスを提供しています。特典やオプションサービスが充実しておりメリットが多い反面で、エリアや建物によっては加入できないといったデメリットも存在するようですね。今回はメリットとデメリットを紹介しつつ、実際に使用した人の口コミもご紹介させていただきます。

auひかりのメリット

料金が安い

auひかりのをネットのみで契約する場合、以下のような料金プランになります。NTT東西のフレッツ光と料金の比較をしてみましょう。

建物タイプ auひかり フレッツ光
戸建て 1年目:5,100円/月

2年目:5,000円/月

3年目:4,900円/月

1年目:5,100円/月

2年目:5,200円/月

3年目:5,500円/月

マンション 1年目:3,800円/月

2年目:3,800円/月

3年目:3,800円/月

1年目:3,850円/月

2年目:3,950円/月

3年目:4,150円/月

戸建てプランは「auひかりホーム ずっとギガ得プラン」と、「フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」を比較しました。
1年目こそauひかりのずっとギガ得プランと変わらない料金となっておりますが、1年目限定のマンスリーポイントによる割引や、30ヶ月間適用される「ギガ推し!割引」などが切れると、割高になってしまいます。auひかりが継続して使えば使うほどお得になるのとは対照的ですね。

マンションプランは「auひかりマンションタイプV」と、「フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ プラン1(8契約以上)」を比較しました。同じ建物内で16契約以上ある「タイプ2」であればお得に利用できますが、そうでない限りはauひかりの方が割安なります。

新規・乗り換え限定!無料でご案内新規・乗り換え限定!無料でご案内

auスマートバリューでさらに割引

auのスマホ・ケータイとネット回線をセットにすると、月々のスマホ代が永年割引される割引サービスです。たとえば家族3人がauスマホを利用していて永年1,000円の割引を受ける場合は毎月3,000円、年間で36,000円もお得になりますよ。さらに2,000円割引のプランを利用すれば3人家族で月々6,000円も割引されるので、auひかりの月額料金が実質無料になる計算ですね。

auピタットプランの場合

  • データ利用量:2GBまで
    永年500円/月割引
  • データ利用量:2GB超~
    永年1,000円/月割引

auフラットプランの場合

永年1,000円/月割引

データ定額5/20・LTEフラット・ISフラットの場合

  • 2年間
    1,410円/月割引
  • 3年目以降
    934円/月割引

データ定額30の場合

  • 2年間
    2,000円/月割引
  • 3年目以降
    934円/月割引

キャッシュバックが高い

「auひかり+au one net(プロバイダ)」の「ネット+電話」に新規加入すると、10,000円のキャッシュバックが受け取れます。たとえばフレッツ光個人の場合は通常5,000円ほどがキャッシュバックの金額ですが、比較すると倍近い高額のキャッシュバック金額が設定されています。さらに代理店では数万円のキャッシュバックが設定されている場合もあるので、よりお得に使用したい人は代理店経由で申し込むのもいいですね。

適用条件

  • 下記の「ネット」+「電話」に新規加入する。
    • auひかりホームタイプ<ずっとギガ得プラン>
    • auひかりマンションタイプ<お得プラン/お得プランA>
  • プロバイダを「au one net」で契約する。
  • 受付月を含む4カ月以内にauひかりを利用開始している。

初期費用が抑えられる

auひかりでは「ネット+電話」をセットで申し込むと、月額料金から初期費用相当額が割引されます。

ホームタイプ

プロバイダが「au one net」の場合、最大625円/月の割引が60ヶ月間適用される。トータルで計算すると最大37,500円の割引となり、初期費用の額に相当する。

マンションタイプ

プロバイダが「au one net」の場合、最大1,250円/月の割引が24ヶ月間適用される。トータルで計算すると、こちらは最大30,000円の割引となる。

乗り換えサポートで解約金・違約金の負担を軽減できる

auひかりでは他社サービスからの乗り換え時に、解約・違約金相当額を最大30,000円還元してくれる特典もあります。

適用条件

  • 他社のインターネットサービスから「auひかり ホーム ずっとギガ得プラン」の「ネット+電話+電話オプションパックEX」に新規で加入する。マンションの場合は「auひかり マンション」の「ネット+電話+電話オプションパック」に新規加入する。
  • 36ヶ月以上の継続利用を約束する。

さらにauスマートバリューに新規で申し込み、「2年契約」か「2年契約(自動更新なし)」に加入すると、他社のケータイ・スマホの解約・違約金も1回線につき10,260円還元してくれますよ。

通信速度が速い

NTTの光回線はフレッツ光以外にも多くの光コラボ事業者も利用しているので、ユーザー数が多く回線の安定性や速度に影響が出やすいようですね。しかしauひかりの独自回線ならユーザー数が限られているので、混雑しにくく速度が安定しています。さらにauひかりホームでは関東の一部エリア限定で10ギガ・5ギガのサービスを提供しており、今後はさらに対応エリアを広げることが予想されます。今のうちに乗り換えを考えておくと良いかもしれませんね。

auひかりのデメリット

エリアや建物によっては加入できない

auひかりには対応外になるエリアがあり、エリア外だと加入できないこともあるようですね。また関東圏であっても、auひかりを導入していないマンションでは利用できないケースもあります。

対応エリア・建物の確認は、自分で調べるよりもプロに確認したほうが確実ですよ。

テレビの評判が良くない

auひかりテレビでは、通常の状態では地上波が見られません。地上波を見るにはアンテナを立てる、ケーブルテレビを契約するといった対策を取る必要があります。

そのため、他社のインターネットサービスに乗り換えを検討するユーザーもいるようですね。

auユーザー以外はあまりお得にならない

auユーザーならスマートバリューによって、月々のスマホ代と光回線の料金がトータルで安くなります。しかし逆に言うと、auユーザー以外はあまりお得にはなりません。

※auユーザー以外の対策方法

auひかりに合わせてスマホや携帯電話を一緒に乗り換えることで、auスマートバリューの適用が受けられるようになります。スマートバリューを利用すれば料金削減に繋がるので、auひかりの契約前にはスマホや携帯電話を乗り換えるようにしましょう。

戸建ての場合は長期利用しないと損

auひかりホームタイプを契約する場合、もっとも月額料金が安くなる「ずっとギガ得プラン」は3年単位の自動更新で、更新月以外に解約すると15,000円の契約解除料が発生してしまいます。初期費用の割引特典も、60ヵ月間(5年間)使い続けないと実質無料にはなりませんので、長期利用しないと逆に損することになりかねません。

解約時に撤去費用が必須の場合がある

2018年3月1日以降、auひかりホームの10ギガ・5ギガ・1ギガを申し込む場合、解約時には撤去工事費用として28,800円が必須となります。ただし引っ越しに伴う撤去で、引っ越し先でもauひかりに移行した場合は撤去費用が発生しません。

物件によって速度が遅い可能性もある

マンションタイプの料金や最大速度は物件ごとに異なります。マンションの設備次第なのでユーザー側で選ぶことはできません。中には下り最大速度が100Mbpsしか出ない物件もあり、マンションギガの下り最大速度である1Gbpsに比べると遅く感じてしまうこともあるようですね。100Mbpsの物件では、期待したほそ速度が出ない結果になる可能性もあるので注意が必要です。

マンションタイプ別の速度表

タイプ 下り最大速度 上り最大速度
タイプG G契約:664Mbps

V契約:100Mbps

G契約:166Mbps

V契約:100Mbps

タイプV 100Mbps 35Mbps
都市機構 100Mbps 35Mbps
タイプE 100Mbps 100Mbps
タイプF 100Mbps 100Mbps
ギガ 1Gbps 1Gbps
ミニギガ 1Gbps 1Gbps

代理店選びに失敗するとひどい目に!?

au(KDDI)では、自社のみではなく販売代理店にも販売を委託しています。代理店はauひかりを販売するとauから販売数に応じてお金が貰える仕組みとなっており、その一部を高額キャッシュバックとして還元しています。しかし以下のような悪質な代理店もあるので、注意してください。

  • キャッシュバックの適用条件に高額オプションの加入が必須。
  • 適用条件に友人の紹介が含まれており、適用が難しい。
  • 申請手続きが分かりにくく、受け取れない可能性もある。
  • 勧誘電話を頻繁にかけてくる。

もちろん確実に高額キャッシュバックが受け取れる優良代理店も存在しますが、専門知識がないと見極めるのはなかなか難しいと言えるでしょう。そんな時はプロに相談すれば、確実に高額キャッシュバックが受け取れる優良プロバイダ・代理店を案内してもらえますよ。

代理店からの勧誘電話はイヤ!でも相談したい!

月額料金が安くなったケースやお得な乗り換えになったケースが多数ございます。必ず乗り換え手続きの前にお申し込みくださいね。
お申し込みはこちらから
auひかりに乗り換えたい!」とお伝え下さい。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
新規・乗り換え申し込み無料相談はこちら
※解約手続き申請や契約内容の確認などは公式連絡先にてご確認ください。

auひかりの良い評判・口コミ

auひかりを実際に使用したユーザーの口コミをSNSで集めてみました。

・auひかりにしたら驚くほど速くなった

・だから安定した速度を出すならauひかりのがいい
が、アパートなど非対応な場所も多い
代理店やプロバイダに相談するとフレッツ光もしくは◯◯光等自社回線で引くように勧められる

・auひかり+BIGLOBEはガチ速いからゲーマーの人はおすすめだよ。地域によると思うけどね

・前はOCN光だったんですが、家の場合はauひかりの方が結果的に早かったです(*^^*)
関東の首都圏やその近郊にお住まいならauの光回線の10倍のやつがいいかも(^-^)/

・【光回線】AUひかり さて、肝心の回線速度だが、これは爆速だ。何回か試してみたが、有線接続なら平均で700-800Mbpsといったところで、これまでの3倍近い速度だからまずまず満足できる速度だ。

auひかりの悪い評判・口コミ

あまり良くないという評判では、以下のような意見も見受けられました。

・仮住まいがauひかりに対応していないことで、一旦解約して新居完成後に再契約するハメに。
違約金16000円と撤去費10800円也

・ウチのマンション au電波悪いんだよな
特に1階と5階 auひかり導入マンションだし強制的にauデンキのマンションなのにさ
https://twitter.com/_KenRocK_/status/1059784550132248576

・auひかりを契約したら、ウォーターサーバーやら機種変更やら、いろんな営業電話が来る。代理店の存在忘れて、バナークリックでジェイコミュニーケーションにしてしまった。思うところが多すぎ!やっぱ契約したくなくなった。

・機種変するならついでにネットのプロバイダauひかりに変えようと思ってたんだけどエリア対象外っぽい
エリアってかアパートが対応してない…
https://twitter.com/makumooo/status/1036119627565166593

auひかりの対応エリア

他社サービスと比較しても料金が割安で、10ギガ・5ギガの高速通信サービスも提供しているauひかり。高額キャッシュバックやスマートバリューなど、お得な要素も満載です。そんなauひかりですが、住んでいる建物やエリアによっては対応していない可能性があるかもしれません。申し込み手続きに入る前に、現在住んでいる住所が対応エリアかどうかを調べましょう。

au公式サイト「提供エリアの検索

上記サイトでも対応エリアを調べることはできますが、本サイトに無料相談いただいた方が簡単に正確な情報を得ることが可能です。エリア内ならそのままお得な申し込みができる代理店を無料でご紹介させていただきます。もしもエリア外や対応物件以外だった場合は、代わりの回線を無料でご案内させていただきますので、一度のお問い合わせで複数のお悩みが解決しますよ。

新規・乗り換え限定!無料でご案内新規・乗り換え限定!無料でご案内

auひかりの対応エリア外、物件が対応していない場合

auひかりの契約を考えていたけれど対応エリア外だった場合、他の光回線の契約を考えなければなりません。そこでauひかりの他にもオススメできる光回線を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

対応エリアが広いフレッツ光

安心して快適なインターネットを楽しみたいという方にオススメなのが、フレッツ光です。

NTT東西が提供するフレッツ光は光回線事業者として長年の実績を持ち、信頼度・知名度ともに抜群です。またフレッツ光は、対応エリアが幅広いことでも有名ですね。

高速光ファイバーを使った接続サービスで、サクサク快適な速度でインターネットが利用できます。テレビ、電話、Wi-Fiなどのオプションサービスも充実しており、安心・安全のサポート&セキュリティ体制も整えられていますよ。
<フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプの料金>

年数 1年目 2年目 30ヵ月目~
月額料金 5,100円 5,200円 5,500円

<フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプの月額料金>

プラン 1年目 2年目 30ヵ月目~
プラン2(16契約以上) 3,450円/月 3,550円/月 3,750円/月
プラン1(8契約以上) 3,850円/月 3,950円/月 4,150円/月
ミニ(4契約以上) 4,450円/月 4,550円/月 4,750円/月

ドコモスマホ・携帯ユーザーにおすすめのドコモ光

ドコモが提供する光コラボのドコモ光の最大の特徴は、なんといってもスマホ・ケータイ割にあると言えます。光回線とスマホ・ケータイをドコモでセットにして利用すると月々のスマホ代が割引されるので、ドコモユーザーにオススメですよ。新規申し込み、転用に際してdポイントがプレゼントされるキャンペーンも行っているのも、嬉しいポイントの一つですね。

戸建てプランの月額料金

タイプ 2年契約 契約期間なし
タイプA 5,200円/月 6,700円/月
タイプB 5,400円/月 6,900円/月
単独タイプ 5,000円/月 6,500円/月
ドコモ光ミニ 2,700円~5,700円/月 4,200円~7,200円/月

マンションプランの月額料金

タイプ 2年契約 契約期間なし
タイプA 4,000円/月 5,000円/月
タイプB 4,200円/月 5,200円/月
単独タイプ 3,800円/月 4,800円/月

auスマホ・携帯ユーザーにオススメのSo-net光/BIGLOBE光

auユーザーなら、ソニーネットワークコミュニケーションズ社が提供するSo-net光と、ビッグローブ株式会社が提供するBIGLOBE光もオススメです。

So-netでは、「So-ne光 プラス」と「So-net光電話」をセットで利用しており、auスマホ・ケータイ・タブレットなどの定額サービスに加入していると、auスマートバリューの割引対象となりますよ。

BIGLOBE光も同様で、auスマホ・ケータイ・タブレットなどの定額サービスに加入中の方が「ビッグローブ光」と「ビッグローブ光電話」を同時に契約すると、auスマートバリューの適用対象となります。

auユーザーだけどauひかりの対象エリアから外れてしまった方は、この2社を検討してみるといいですね。

・So-net光の月額料金利用期間

利用期間 戸建て 集合住宅
開通月 3,000円/月 3,000円/月
1~36ヶ月 3,980円/月 2,980円/月
37ヶ月~ 5,580円/月 4,480円/月

・BIGLOBE光の月額料金

戸建て 集合住宅
月額料金 4,980円 3,980円

ソフトバンクスマホ・携帯ユーザーにおすすめのソフトバンク光

ソフトバンクのスマホ・ケータイを利用している人にオススメしたいのが、ソフトバンク光です。ドコモ光と同じく、スマホ・ケータイとネット回線をセットにするとスマホ代が割引されるキャンペーンを行っていますよ。

さらに「ソフトバンクでんき」とスマホ/携帯電話/タブレット/インターネット回線をセットで利用すると、携帯代または対象のネット回線利用料が割引される「おうち割 でんきセット」というサービスもあります。1回線ごとに2年間毎月100円割引、3年目以降は毎月50円の割引が適用されるので、一緒に利用するともっとお得になるでしょう。

簡単な手続きで高速通信が利用できて、オプションサービスも充実しているので、顧客満足度が高いことでも知られています。現在ソフトバンクを利用している人にオススメの光回線です。

プラン 建物タイプ 月額料金
5年自動更新プラン 戸建て 4,700円
2年自動更新プラン

(ファミリー・ライト)

戸建て 3,900円~5,600円
2年自動更新プラン 戸建て 5,200円
集合住宅 3,800円

通信費が1万円を超えている?
スマホ料金が6,000円を超えている?
ネット回線とスマホのキャリアが別?

乗り換えで通信費を削減したい!とお伝え下さい。
サブスクチャーン(解約・乗り換え手続きの達人)無料相談窓口
無料相談はこちら

※解約手続き申請や契約内容の確認などは公式連絡先にてご確認ください。

auひかりの料金プラン

auひかりの詳しい料金プランを、戸建てとマンション別に見ていきましょう。

戸建ての月額料金

プラン 契約期間 1年目 2年目 3年目
auひかりホーム ずっとギガ得プラン 3年 5,100円/月 5,000円/月 4,900円/月
auひかりホーム ギガ得プラン 2年 5,200円/月 5,200円/月 5,200円/月
auひかりホーム ギガ標準プラン 2年 6,300円/月 6,300円/月 6,300円/月

マンションの月額料金

プラン 契約期間 1年目 2年目 3年目
auひかりマンションタイプG

お得プラン

2年 4,300円/月 4,300円/月 4,300円/月
auひかりマンションタイプG

標準プラン

なし 5,400円/月 5,400円/月 5,400円/月
auひかりマンションタイプV 2年 3,800円/月 3,800円/月 3,800円/月
auひかりマンション 都市機構 2年 3,800円/月 3,800円/月 3,800円/月
auひかりマンション タイプE 2年 3,400円/月 3,400円/月 3,400円/月
auひかりマンション タイプF 2年 3,900円/月 3,900円/月 3,900円/月
auひかりマンション ギガ 2年 4,050円/月 5,000円/月 5,000円/月
auひかりマンション ミニギガ 2年 5,000円/月 5,000円/月 5,000円/月

まとめ

回線の安定性や通信速度といった面ではおおむね好評のauひかりですが、対応エリア外となる地域や建物、基地局から遠いエリアなどでは不満の声も見受けられました。また代理店選びも慎重に行わないと、しつこい営業電話や悪質な手口に引っかかってしまうかもしれません。auひかりのサービスそのものは優れているので、不満の声やデメリットが気になるという方はプロにご相談ください。

本サイトにご相談いただければ、すぐにお住まいのエリア・建物がauひかりの対応エリア内かどうかを調べ、信頼できる代理店・プロバイダを紹介させていただきますよ。

勧誘電話が頻繁にかかってくる心配もありません。

固定回線のオススメ

NURO

NURO

回線速度重視ならNUROで決まり!下り最大2Gbpsの超高速!

フレッツ光

フレッツ光

対応エリアが広く、キャンペーンでお得に利用できる!

auひかり

auひかり

auスマホユーザーにおすすめ!スマートバリューでさらにお得!

  • 光コラボ比較
  • フレッツ光
  • NURO光
0