auひかりマンションタイプを徹底解説!速度や対応マンションなども紹介

auひかりマンションタイプを徹底解説!速度や対応マンションなども紹介

公開日:2018/12/5更新日:2020/12/4
facebook
twitter
line

KDDIが提供している光通信サービスが「auひかり」です。

通信速度が早い!と評価されることも多い人気の光回線のひとつです。速度が安定していると言われる大きな理由は、auひかりが提供している光回線に秘密があります。

実はauひかりの光回線は、近年よく見かけるNTTの光回線を利用した光コラボレーションサービスとは違い、KDDI独自の光回線を利用したサービスなんです。

auひかりの安定した通信速度に魅力を感じでいる人の中には、マンションに住んでいるという人もいることでしょう。

今回は、auひかりが提供するマンション向けの料金プランについて詳しくご紹介します。

マンションプランの速度や、auひかり対応のマンションを調べる方法についても解説しますので、インターネット回線申し込みの参考にしてくださいね。

0

auひかりのマンションタイプとは

auひかりのマンションタイプとは、auひかり設備をすでに導入している集合住宅向けに提供されている料金プランです。つまり、マンションにauひかりの設備が導入されていないと、auひかりマンションタイプに申し込むことはできません。

対応マンションの確認方法については後述しますので、まず始めにマンションタイプの各料金や通信速度の違いについて見てみましょう。

新生活をおトクに♪最大121,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】


auひかりのマンションタイプの料金・速度

auひかりが提供しているマンションタイプの料金プランは、現在7種類です。

こんなに料金タイプがあると、どのプランを選べば良いのか分からず悩んでしまうという人もいるのではないでしょうか?

でもご心配いりません!マンションタイプの料金プランは、契約者がプランを選んで契約するわけではありません。

どの料金プランでの契約になるのかは、契約者が住んでいるマンションに導入されているauひかり設備や、マンション内の契約者数によって決まります。そのため住んでいるマンションによって、申し込めるプランが異なってくるのです。

参考までに、auひかりが提供する通信サービスは「ベストエフォート型サービス」です。なお、ベストエフォートとは、簡単に説明すると「理論値の通信速度やサービスの質を提供できるよう、最大限努力します」という意味です。

インターネットの通信速度は、通信環境や回線の状況、使用している機器によって大きく影響を受けるため、提示している通信速度を必ず保証するというのは難しい面があります。

そのため「ベストエフォート型」と表記することによって、最も良い条件がそろった場合に最大〇〇Mbpsの速度が出ますといった契約内容であることを示しています。

そのため、提示されている通信速度はあくまで参考値として考えておくと良いでしょう。

新生活をおトクに♪最大121,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】


マンションプランの各料金や通信速度、プランの特徴は下記のとおりです。

1.マンションタイプV

特徴

マンションタイプVは、建物共用部まで光ファイバーが引き込まれたマンションを対象とした料金プランです。またこのプランの光回線はVDSL方式で提供されます。

「VDSL」とは部屋まで光回線を繋ぐ配線方法のひとつで、建物共用部までは光ファイバーを使い、共用部から各部屋までは既存の電話回線を使って光回線をつなげる配線方法です。

月額料金

16契約以上対応のマンションに住んでいる場合は月額3,800円、8契約以上の場合は月額4,100円です。

※上記の金額はau one netの「口座振替・クレジットカード割引」を適用した場合の料金です。

速度

下り速度は最大100Mbps、上り速度は最大35Mbpsです。
※通信速度はベストエフォート型で、規格理論上の最大値です。

2.マンション都市機構

特徴

マンション都市機構タイプは、UR都市機構が管理している賃貸マンション向けに提供されているプランです。マンションタイプVと同様に「VDSL方式」で提供される光回線で、既存の電話回線を使って各部屋まで光回線を届けます。

月額料金

マンション都市機構タイプの月額料金は、3,800円です。

※上記の金額はau one netの「口座振替・クレジットカード割引」を適用した場合の料金です。

速度

マンション都市機構タイプの下り速度は最大100Mbps、上り速度は最大35Mbpsです。

※通信速度はベストエフォート型で、規格理論上の最大値です。

3.マンションタイプG

特徴

マンションタイプGは、2018年11月1日から提供をスタートした新プランです。既存の電話回線を利用した「VDSL方式」で光回線が提供されるプランなのですが、新たな通信規格である「G.fast」を採用しているという点で注目を集めています。

アナログ回線を使用するVDSL方式は、デジタル信号でデータを送受信する光ファイバー方式に比べ、通信速度の点で大きな壁があるというのがこれまでの常識でした。

しかしこの度G.fast対応モデムを導入したことで、下り最大664Mbpsという通信速度の提供が可能になりました。規格理論上G.fastは最大1Gbpsの通信も可能と言われているので、今後さらに、速度向上が期待されている通信規格です。

月額料金

マンションタイプGの月額料金は、16契約以上対応のマンションに住んでいる場合は月額3,800円、8契約以上の場合は月額4,100円です。

※上記の金額は二年契約の「お得プラン」に加入し、かつau one netの「口座振替・クレジットカード割引」を適用した場合の料金です。契約期間に縛りのない「標準プラン」に申し込んだ場合には、上記の金額に1,100円が加算されます。

速度

マンションタイプGの通信速度は契約により異なります。

G契約の下り速度は最大664Mbps、上り速度は最大166Mbpsです。V契約の速度は下り・上り共に最大100Mbpsです。

4.マンションタイプE

特徴

マンションタイプEは「イーサ方式」で光回線が提供されるプランです。

イーサ方式とは、建物共用部までは光ファイバーを使い、建物共用部から各部屋へは棟内LAN(イーサネット)を使って光回線をつなげる配線方法です。そのため「LAN配線方式」とも呼ばれています。

既存の電話回線を利用して光回線を繋ぐVDSL方式に比べ、安定した速度でインターネットを利用できるといった特徴があります。

月額料金

マンションタイプEの月額料金は、:16契約以上対応のマンションに住んでいる場合は月額3,400円、8契約以上対応の場合は月額3,700円です。

※上記の金額は、au one netの「口座振替・クレジットカード割引」を適用した場合の料金です。

速度

マンションタイプEの速度は上り・下り共に最大100Mbpsです。

※通信速度はベストエフォート型で、規格理論上の最大値です。

5.マンションタイプF

特徴

マンションタイプFは「光ファイバー方式」によって光回線が提供されるプランです。このプランが適用されるマンションは、各部屋まで光ファイバーが敷設されていることが条件です。

光ファイバー方式とは、マンションの建物共用部分まで光ファイバーを繋ぎ、さらに建物共用部分から各部屋までも棟内の光配線を活用して、光回線に接続させる配線方法のひとつです。

各部屋まで敷設された光ファイバーを用いる配線方法のため、VDSL方式やイーサ方式に比べ、より安定した速度でインターネットへの接続が可能です。

月額料金

マンションタイプFの月額料金は、3,900円です。

※上記の金額はau one netの「口座振替・クレジットカード割引」を適用した場合の料金です。

速度

マンションタイプFの速度は上り・下り共に最大100Mbpsです。

※通信速度はベストエフォート型で、規格理論上の最大値です。

6.マンションギガ

特徴

マンションギガは「光ファイバー方式」で提供されるプランです。

前の見出しで解説したマンションタイプFとの大きな違いは、通信速度1Gbps対応の光ファイバーをマンションの建物共用部まで引き込み、さらに各部屋まで配線するという点。そのため他プランよりも高速通信で光回線のインターネットが利用できます。

月額料金

マンションギガタイプの月額料金は、月額4,050円です。

※上記の金額はau one netの「口座振替・クレジットカード割引」を適用した場合の料金です。

速度

マンションギガタイプの速度は、上り・下り共に最大1Gbpsです。

※通信速度はベストエフォート型で、規格理論上の最大値です。

7.マンションミ二ギガ

特徴

マンションミニギガは、「光ファイバー方式」で光回線が提供されるプランで、三階建て以下の建物で、かつ総戸数が8戸以上のマンションや集合住宅が対象です。

マンションギガプランとの違いは、建物共用部を介さずに直接各部屋まで光ファイバーを引き込むという点です。通信速度1Gbps対応の光ファイバーで回線へ接続するので、安定した高速通信を保つことができます。

月額料金

マンションミニギガタイプの月額料金は、月額5,000円です。

※上記の金額はau one netの「口座振替・クレジットカード割引」を適用した場合の料金です。

速度

マンションミニギガタイプの速度は上り・下り共に最大1Gbpsです。

※通信速度はベストエフォート型で、規格理論上の最大値です。

新生活をおトクに♪最大121,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】


auひかりの提供エリア・対応マンションの確認方法

auひかりを利用するためには、今住んでいるマンションにauひかりの設備が導入されている必要があります。

契約前にauひかりのこちらのサイトから対応マンションかどうかを確認しておきましょう。

未対応マンションでauひかりを使うには?

auひかり対象外のマンションに住んでいるけれど、どうしてもauひかりを使いたい!」という人のために、未対応マンションでもauひかりを使う方法をご紹介します。

それは、戸建て向けプランの「auひかりホーム」を契約するという方法です。

仮に戸建て住宅でauひかりを利用する場合、新たに光ファイバーを住宅まで引き込む工事が必要ですが、集合住宅にも同じように光ファイバーを引き込んでauひかりを導入できるのです。

もちろんマンションなので、光ファイバー引き込み工事を行う前に、管理会社等に許可を得ることをお忘れなく!

1世帯で1本の光ファイバーを独占する戸建てタイプは、1本の光ファイバーを他世帯と共有するマンションタイプに比べ、月額料金が割高になります。

しかし逆に考えると、1本の光ファイバーを1世帯で独占できるので、マンションタイプよりも安定した通信速度や回線品質が期待できるでしょう。

ちなみに光ファイバーを部屋まで引き込む工事は、階層が高くなるほど難しくなるため、お住まいの階によっては引き込み工事すらできないケースもあります。

その場合には、残念ながらauひかりを諦めて他のインターネット接続サービスを探すか、管理会社へ交渉してマンションプラン対応のauひかり設備を導入してもらう方法を検討しましょう。

新生活をおトクに♪最大121,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】


auひかり以外のインターネット回線でおススメなのが、フレッツ光回線の「BIGLOBE光」や「So-net光」です。

なぜならBIGLOBE光とSo-net光は、auスマートバリューが適用されるんです!auスマートバリューでお得に光回線を使いたいという人は、ぜひ上記のプロバイダーも検討してみてはいかがでしょうか?



まとめ:申し込み窓口を自由に選んでお得に契約!

auひかりマンションタイプを申し込めるのは、公式ホームページやauショップだけではありません。NEXTやアシタエクリエイトといった代理店や、So-netやDTIなどの他社プロバイダを含め、申し込み窓口を自由に選ぶことができます。

申し込み窓口によって、開催しているキャンペーンは様々です。キャッシュバックや月額割引などを含めた上で、1ヶ月あたりに支払う実質料金を窓口ごとに比較するなら、一番お得な契約窓口が見えてきますよ。

新生活をおトクに♪最大121,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】


固定回線のオススメ

NURO

NURO

回線速度重視ならNUROで決まり!下り最大2Gbpsの超高速!

フレッツ光

フレッツ光

対応エリアが広く、キャンペーンでお得に利用できる!

auひかり

auひかり

auスマホユーザーにおすすめ!スマートバリューでさらにお得!

  • 光コラボ比較
  • フレッツ光
  • NURO光
0