auひかり電話の解約方法とは?解約の失敗事例やお得に解約する方法をご紹介!

auひかり電話の解約方法とは?解約の失敗事例やお得に解約する方法をご紹介!

公開日:2016/8/25更新日:2020/11/10
facebook
twitter
line

「auひかり」は通信速度の速さやスマートバリューの割引で人気の光回線です。 本記事では、引っ越しや料金見直しなどでau光の解約を検討している方に向けて、具体的な解約手順や失敗事例、お得に解約する方法などをご紹介します。 何も知らずに解約すると思わぬ損をしたり、トラブルが発生する場合もあるので、解約検討中の方はぜひ記事を参考にしてください!
また、wifiの乗り換えを検討している方は、解約金全額負担をご利用ください!

0

auひかりの解約方法

1.プロバイダに解約の電話を入れる

まずは契約しているプロバイダに解約の電話をします。プロバイダによっては違約金が発生する場合があるので注意してください。

プロバイダ名 電話番号 オペレーター対応時間 違約金
au one net 0077-7068
(無料)
9:00~20:00 なし
@nifty 0570-03-2210
(有料)
03-6625-3232
(有料)
10:00~19:00(365日) なし
@TCOM 0120-805-633
(無料)
10:00~20:00(平日)
10:00~18:00 (土日祝)
ホーム標準プラン、マンションタイプのみ。6か月以内の解約で、残月分の月額利用料及び機器レンタル料金。
ASAHIネット 0120-577-108
(無料)
03-6631-0856
(有料)
10:00~17:00(平日) ホーム標準プラン、マンションタイプのみ。6か月以内の解約で、残月分の月額利用料及び機器レンタル料金。
BIGLOBE 0120-86-0962
(無料)
03-6385-0962
(有料)
9:00~18:00(365日) マンションタイプのみ。2年以内の解約で2,000円。
DTI 0570-00-4740
(有料)
10:00~17:00(平日) ホーム標準プラン、マンションタイプのみ。6か月以内の解約で、残月分の月額利用料及び機器レンタル料金。
So-net 0120-80-7761
(無料)
9:00~18:00 1月1日、2日および料金関連は日曜を除く) なし

電話口で希望の解約日を言えばその日にサービスを停止してくれます。
料金は日割り計算にあるので、月額で無駄なお金がかかるということもありません。

2.借りている機器を返却する

電話で問い合わせた後、10日前後で「着払い伝票」が届きます。

着払い伝票を受けとった後の手順は以下の通りです。

1.伝票を確認する

着払い伝票の下部に、返却する機器名称と「製造番号またはシリアル番号」が記載されています。
伝票に記載された内容と手持ちの機器が合っていることを確認しましょう。

2.返却機器のを用意する

伝票には返却すべき機器のチェック欄があるので、見落としのないようしっかり確認してください。

3.梱包する

開通時の箱があれば、その箱を使用すればOKです。
ない場合は、手持ちの段ボールや厚手の袋で代用します。

4.発送する

伝票と梱包した機器を郵便局またはコンビニから発送して終了です。

注意点として、機器の返却は着払い伝票が届いてから行ってください。
電話連絡なしに機器を返却した場合、契約継続の扱いになり料金が発生してしまいます。
逆に解約手続きをしたのに機器を返却しなかった場合は、後から機器の代金が請求されるので、注意してください。

3.撤去工事を行う

解約に伴って発生するのが撤去工事で、その額は28,800円と結構な金額です。
マンションタイプは任意ですが、ホームタイプは工事が義務化されたので避けては通れません。
しかし、以下の2点に該当する場合は、例外として撤去工事の義務はありません。

・2018年3月1日以前にauひかりに申し込みをしている
・高速サービスを使っていない

工事費用の回避策としては他社の乗り換えキャンペーンを活用しましょう!
会社によっては10万円近いキャッシュバックや、解約金額を全額負担してくれるところもあるので、ぜひ活用してくださいね!

auひかりを解約する際にかかる費用は
・違約金(ずっとギガ得プラン):15,000円
・工事費残額:0~37,500円
・撤去工事費:28,800円
となり、すべて合計しても約81,300円なので、上記の方法で解約のリスクを十分回避できますね!

スポンサーリンク

auひかりの解約で起こってしまった失敗事例

1. スマートバリューの適用がなくなってしまった

auひかりとau携帯とのセットで契約している方に適用される「auスマートバリュー」。1台あたり最大1,000円/月が割り引かれるので、家族5人au携帯であれば年間割引総額が6万円になるお得なサービスです。

気を付けてほしいのは、スマートバリューの存在を忘れて安くなるからとほかのインターネット回線に変更したけど、結果的に高くついてしまったというケース。

そうした事態にならないためにも、auスマートバリューを適用できる回線に乗り換えるのもおすすめです。(auひかり以外にもスマートバリューが適用できる回線はあります。)

2. 固定電話の番号が変わってしまった

auひかりの解約で気になるのが固定電話を引き継げるかどうかです。

結論、固定電話を引き継げるかは、電話番号の発行をNTTかauひかりのどちらでしているかで変わってきます。

auひかりの電話サービスで新規発行した場合

auひかりで新規に電話番号を持った方は、電話番号の引継ぎはできません。
あくまで、auひかり電話のサービス上で発行・所有されている電話番号なので他社への移転ができないからです。

しかし、KDDIグループで電話番号を持つ場合のみ、引き継ぎができます。

具体的には、KDDIホームプラス・KDDIケーブルプラスを利用する場合、電話番号の継続利用の申請が可能です。
この継続利用申請をもって、契約中のプロバイダでのひかり電話は自動解除されるため、解約手続きは必要ありません。

NTTの番号を利用している場合

使っている電話番号がNTT加入電話を契約した際に発行されているものであれば引継ぎができます。
番号が変わらずに引継ぎができるのは、NTTから電話番号の権利を購入し「加入権」を持っている状態だからです。

この加入権を持っていなければ、auひかり電話に限らず回線変更すると電話番号が変わってしまうので注意してください。

NTTの番号を引き継ぐためには、au ひかりを解約する前に再開申請を行う必要があります。申請に関しては以下に連絡してください。

【固定電話から】
申請先電話番号:局番なしの「116」
受付時間:9:00~17:00(年末年始の12/29~1/3を除く)
【固定電話以外から】
NTT東日本はこちら
NTT西日本はこちら

3. 解約金が高い!更新月以外で解約してしまった!

auひかりの契約プランは戸建てタイプとマンションタイプがあり、それぞれ解約金がことなります。
以下にプランごとの解約金をまとめてみました。

上記の通り、契約期間は2年か3年の縛りがあります。期間満了まで使い続けた場合、戸建てプランの3年契約が最もお得ですが、その分解約金が高いです。

ずっとギガ得プランはキャンペーンが豊富ので、契約している方も多いです。解約の時は自分がどんなプランに加入しているかしっかり確認するようにしましょう。

auひかり解約金
auひかりプラン名 契約期間 解約料金
ホーム

(戸建てプラン)

ずっとギガ得プラン 3年契約

(自動更新)

15,000円
ギガ得プラン 2年契約(自動更新) 9,500円
標準プラン 契約期間なし なし
マンション

(集合住宅プラン)

お得プランA 2年契約

(自動更新)

7,000円
標準プラン 契約期間なし なし

4. 開通工事費の残債が発生してしまった

次に気を付けるべきは、開通工事費の残債です。
auひかりの開通工事費は分割されて毎月の月額料金に追加されていますが、
この分割払い期間内に途中解約をすると、開通工事費の残債を一括払いしなければいけません。

NTTのフレッツ光やSoftBank光でも同じことが言えるのですが、auひかりの初期工事費は少し高めに設定されているので注意が必要です。

ちなみに、開通工事費は、

・戸建てタイプの場合:37,500円を分割(初回以外1,250円×30回)払い
・マンションタイプの場合:30,000円を分割(初回以外1,252円×24回)払い

となっています。どうしても解約しなければいけない場合を除いて、分割代金が多く残っている場合は乗り換えしない方がベストかもしれません。

工事費の残債を確認せず解約すると大きな出費が発生する可能性があるので、回線変更や解約をする際にしっかり確認しましょう!

インターネット回線乗り換えを検討中の方にオススメ!

愛知、岐阜、三重、静岡にお住まいならコミュファ光
コミュファ光の月額2,558円~

対応エリアが広いく、信頼のフレッツ光。
対応エリアが広く、信頼あるフレッツ光月額2,200円~

ドコモスマホユーザならドコモ光への乗り換えがオススメ
フレッツ光からドコモ光へのお得な転用はこちらから

auひかりをお得に解約する方法とは?

更新月に解約して違約金を0にする

auひかりは自動更新が終了した後の2か月間が更新月になります。
下の表の通り、契約期間が3年の場合は、4年目の1,2か月目に。2年契約の場合は、3年目の1,2か月目に解約すれば、高い違約金を支払わずに解約できます。

【ずっとギガ得プラン】

参考:auひかり ずっとギガ得プラン

【ギガ得プラン】

参考:auひかり ギガ得プラン

キャッシュバックのある回線に乗り換える

どうしても解約しなければいけない、更新月を待たずに解約したいといった方などは、キャッシュバックありの乗り換えキャンペーンを利用しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はauひかりの解約方法や失敗事例、お得に解約する方法などをご紹介しました。

本サイトでは、フレッツ光やSoftBank光などその他のインターネット回線や携帯の解約に関して記事を書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

固定回線のオススメ

NURO

NURO

回線速度重視ならNUROで決まり!下り最大2Gbpsの超高速!

フレッツ光

フレッツ光

対応エリアが広く、キャンペーンでお得に利用できる!

auひかり

auひかり

auスマホユーザーにおすすめ!スマートバリューでさらにお得!

  • 光コラボ比較
  • フレッツ光
  • NURO光
0