@TCOMプロバイダ解約・乗り換え!光テレビ、ひかり電話などオプション解約やルーター返却に注意!解約金も0円に!?

@TCOMプロバイダ解約・乗り換え!光テレビ、ひかり電話などオプション解約やルーター返却に注意!解約金も0円に!?

公開日:2017/1/31更新日:2021/5/13
facebook
twitter
line

これまで光回線を利用する際、基本的には別途プロバイダー契約が必要でした。ただ、2015年、光コラボレーションの登場により、回線とプロバイダーが一つになってさらにお得に使えるものも増えてきており、この光コラボに転用(変更)する方も少なくありません。 こういった光コラボに転用する際は現状利用しているプロバイダーや回線の解約もしくは転用の手続きが必要になります。 今回はプロバイダー「@TCOM」の解約についてしっかりご紹介していきます。

0

@TCOMとは

様々なプロバイダーの種類があるなかで、@TCOMは人気プロバイダーの一つであり、@TCOM自体も「@TCOMヒカリ」という光コラボレーションサービスを提供しています。人気プロバイダーとしての定評があるからこそ、この光コラボレーションに変更する方も多いのではないでしょうか。

今回は光回線のプロバイダーとして@TCOMを利用している場合の解約に関する情報をご紹介していきます。

インターネット回線乗り換えを検討中の方にオススメ!

auスマホユーザならauひかりへの乗り換えを行いませんか?
auスマホユーザにオススメのauひかり、月額2,550円~

愛知、岐阜、三重、静岡にお住まいならコミュファ光
コミュファ光の月額2,558円~

ドコモスマホユーザならドコモ光への乗り換えがオススメ
フレッツ光からドコモ光へのお得な転用はこちらから

解約前の注意点

解約時はモデム(ルーター)の返却が必要

ADSL接続サービスで利用されているモデムはレンタルですので、解約やプラン変更に伴い返却が必要になる場合がありますので、しっかり確認しておきましょう。ADSLモデムのメーカーやご利用中のコースによって返却先の住所が異なりますので、ご注意ください。返却を忘れてしまうと、機器代金相当額を請求される場合もありますので、しっかり返却を行いましょう。
出典元:https://support.t-com.ne.jp/keiyaku/ke_adsl/al_modem_henkyaku

解約月の15日までに解約申請が必要

@TCOMの解約は、電話での解約のみになります。解約月の15日までに申請しましょう。16日以降の解約は翌月分の料金が発生しますのでご注意ください。

解約金が発生しないか確認しておく

@TCOMでは解約までの最低利用期間というものを定めており、その期間内で解約すると契約解除に伴った費用、いわゆる解約金が発生します。解約金の金額や最低利用期間はもちろん、解約金がどうしても発生してしまう場合の対処方法を後ほど詳しく解説いたしますので、しっかり確認しておいてください。

プロバイダーメールが利用できなくなる

@TCOMを単純に解約するとプロバイダーのメールアドレスは利用できなくなります。プロバイダーのメールアドレスがどうしても無くなっては困るという方は、メールアドレスを残す方法を確認しておきましょう。これを機会にGmailなどのフリーメールへ移行することも検討しても良いでしょう。

解約後も有料オプション契約が残ってしまう場合がある

最近よくあるお問い合わせ内容の中に、解約したのに請求があるということが増えています。これは、プロバイダーを解約しても有料オプション契約が残ったままになっているためです。そうならないために、有料オプションは先に解約しておきましょう。

解約方法

プロバイダーの@TCOMはまず、カスタマーセンターに連絡をします。公式ホームページには、フレッツ光コースやauひかりコース、ADSLと、基本的に書面での解約申請が必要になるということが記載されています。

ただ、申請書類のダウンロードや書面受付締め切りの記載の詳細情報はないため、どちらにしてもカスタマーセンターへの電話が必要ということですね。

また、光テレビやひかり電話などのオプションだけを解約したい場合も同じくカスタマーセンターへお電話ください。

@TCOM カスタマーセンター

0120-805633(通話料無料)
受付時間 : 9:00~20:00(メンテナンスの関係上お休みをいただく場合があります)

その際に注意すべき点が、必ずユーザID・契約者氏名が必要となります。ユーザIDはAから始まる10桁の番号です。この番号がないと、問い合わせや解約自体もできません。

ユーザIDを忘れてしまった方に関しては、カスタマーセンターに電話してその旨を伝えます。すると契約時に発行されていたユーザID・パスワードなどの記載された「登録完了のお知らせ」を再発行してもらえます。再発行は電話での口頭やメールでのお知らせではできず、書面にて郵送となっています。自宅に届くまで、1週間ほど時間がかかりますのでご注意くださいね。

以上、解約方法としてはまずはカスタマーセンターへの電話連絡が必要ということです。その際にはユーザIDが必ず必要であり、電話やメールでは開示できません。開示する際は郵送として1週間ほど時間がかかることを念頭においておきましょう。

有料オプション一覧と解約方法

My@T COM(マイアットティーコム)

月額300円

大容量50GBのパーソナルツールです。写真やファイルのアップロード、スケジュール管理、動画編集など様々なサービスがご利用いただけます。

@T COM(アットティーコム)WPS Office

月額300円

Microsoft Officeの「Word/Excel/PowerPoint」と高い互換性のあるオフィスソフトを月額版でご利用いただけるサービスです。

サポートサービス FOR YOU(フォーユー)

月額500円

パソコン関連の様々なご不明点やお困りごとを専門スタッフがお電話やリモートサポート、訪問サポート/レッスンで解決します。

機器補償PLUS

月額500円

個人所有のパソコンやタブレットなどが故障した際の修理を補償します。故障機器からのデータ復旧も同時対応可能!

TOKAI SAFE

月額400円

TOKAI SAFEはPC、スマホ、タブレットなどでご利用いただける総合セキュリティサービスです。1契約で合計6台までご利用いただけます。

シマンテックオンラインサービス

月額490/570円

Nortonのセキュリティサービスが月額版でご利用いただけます。1ライセンスでWindows、Mac、Android端末の合計3台までご利用いただけます。

メールウィルスチェック

月額200円

お客様が送受信するメールがコンピュータウイルスに感染していないかをチェックするサービスです。設定等は不要でご利用いただけます。

有害サイトブロック

月額200円

お子様やご家族に見せたくない有害サイトの表示をブロックしたり、インターネット利用の制限ができるフィルタリングサービスです。

TT-PHONE(NC)

月額1.400~6,680円

NTTコミュニケーションズのIP電話網を使ったIP電話サービスです。

ホームページエリアレンタルサービス

初期費用500円 20MBまで無料 容量追加で月額料金が発生

あなたのホームページが開設できます。1ユーザIDにつき1つのURLと基本容量20MBをご提供いたします。

有料オプション解約方法

@TCOMのオプション解約は、お電話でのお手続きとなります。あらかじめ契約内容が記載された書類を準備してから電話するようにしましょう。

@TCOMカスタマセンター:0120-805-633(通話料無料)
営業時間:10:00~20:00(平日)10:00~18:00(土日祝)

解約金

気になる解約金についてです。@TCOMでも、最低利用期間内での解約には解約金が発生します。各コースによって定められている内容が異なりますので以下をご参考ください。

フレッツ光コース
最低利用期間:24ヶ月
解約金:5,000円

auひかりコース
ホームタイプずっとギガ得プラン
最低利用期間:3年
契約解除料:15,000円

ホームタイプギガ得プラン
最低利用期間:2年
契約解除料:9,500円

ホームタイプ標準プラン
最低利用期間:6ヶ月
解約金:最低利用期間の残月分月額利用料金と機器レンタル料金

マンションタイプ
最低利用期間:6ヶ月
解約金:最低利用期間の残月月額料金と機器レンタル料金

ADSL(T)(e)コース
解約金:2,000円
モデム解約手数料:3,000円(3年以上利用の場合は無料)

その他、キャンペーンなどでの契約により別途定められたものが適用される場合もありますので、問い合わせてしっかり把握することをお勧めします。

解約金を回避・免除してもらう方法

契約後8日以内なら初期契約解除制度を利用する

@TCOMを申込みした方で、通信速度が不十分な場合や十分な説明がされていなかった時などに、契約のキャンセルをすることができます。電気通信事業法の定める初期契約解除制度のもと、契約書面受領日から、その日を含む8日間のうちであれば、契約のキャンセルは可能です。8日間キャンセルであれば、解約金(契約解除料)は発生しません。

更新月に乗り換える

@TCOMはプランごとに違約金が発生する月や金額が異なります。フレッツ光コースの場合は2年ごとの自動更新型サービスに加入しています。従って24ヶ月目の翌月(25ヶ月目)以外の解約の場合は違約金が発生します。@TCOMフレッツ光2年契約の場合、違約金が発生しない月は利用開始から26ヶ月目と27ヶ月目となります。たった1日でも更新月が過ぎてしまったら解約金が発生してしまいます。しかし、更新月での解約ならば解約金がかかりません。解約をするときは、できるだけ契約更新月に解約をするようにしましょう。

移転手続きをする

解約ではありませんが、引越し先でも@TCOMを継続利用する場合、解約金は発生しません。しかしインターネット回線エリアがNTT東日本エリアとNTT西日本エリア間をまたぐ場合には移転手続きは不可能です。この場合は1度解約になりますが、解約金は発生しません。しかし、初期工事費分割払いの残金がある場合、のこりの残金を一括で支払う必要があります。

光コラボレーションへ転用する

フレッツ光から@TCOMヒカリの光コラボレーションに転用する場合には、フレッツ光の割引サービスは終了になりますが、フレッツ光の解約金は発生しません。フレッツ光で利用している「ひかり電話番号」や「お客様ID」もそのまま利用でき、フレッツ光の回線をそのまま利用するので工事の必要もありません。

フレッツ光から@TCOMヒカリの光コラボレーションへの転用は、解約金がかからない事とメールアドレスなどの設定を変更する必要がないメリットがあります。しかしキャッシュバックは受け取れません。他社の光コラボレーションへ変更することで、他の事業者ごとのキャッシュバックキャンペーンが適用されます。せっかくのチャンスですので、乗り換えで多額のキャッシュバックを受け取ってみてはいかがでしょうか?

どうしても解約金が発生してしまう際の解決策

乗り換えキャンペーンを利用する

どうしても今解約してしまうと、必ず解約金がかかってしまうという方、いつの間にか自動更新されてしまい次の更新まで2年間待たされるなど、すぐに乗り換えたいけれど解約金でお困りの方は他社が行っている「乗り換えキャンペーン」を活用しましょう。

特に新生活シーズンや決算期などになると、どのキャリアや代理店でも「乗り換えキャンペーン」として、他社からの乗り換えであれば、乗り換え時に発生する解約金(契約解除料)を乗り換え先が負担してくれます。どうしても解約金が発生してしまうという方は「乗り換えキャンペーン」を行っているキャリアへ乗り換えて、解約金の負担がかからないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はプロバイダー「@TCOM」の解約に関する情報をご紹介していきました。

解約の際にはまずどのコースでもカスタマーセンターに連絡する必要がありますが、その際に必要なユーザIDの準備をお忘れなく!万が一ユーザIDの再発行になった場合、トータルすると解約完了までにかなり時間がかかりそうなので、時間に余裕を持って連絡・申請するようにしましょう。

また、フレッツ光コースの場合はフレッツ光の解約もしくは転用も必要となりますのでそちらもしっかり行いましょう。auひかりの場合は@tcomへの解約連絡だけでauひかりの回線部分も全て解約できますが、解約金や工事費残債がある場合は別途KDDIから請求となります。

参考:フレッツ光の解約&解約を0円にする方法についての記事はこちら!

参考:NTT(東日本・西日本)の転用についての記事はこちら!

こちらのサイトでは様々な解約方法やお役立ち情報をご紹介しています。この他のページもご覧になってぜひ参考にしてみて下さいね。

この記事を読んだ方が読んでいる関連記事

@TCOM光解約できない方必見!【1分解決】連絡先電話番号、解約金まで解説!解約金を回避する方法も!
Pコネクト解約!解約方法から解約金回避方法まで解説!
LIBMOの解約は簡単?9,500円の解約手数料だけには注意!
メガエッグ解約は解約金に注意!?0円にする方法もある!?-MEGA EGG-
エキサイト光の解約!方法・注意点・2万円の解約金免除方法まで解説!

プロバイダのオススメ

BB.exciteコネクト

BB.exciteコネクト

プロバイダ乗換えなら業界最安値のBB.exciteコネクト!即日利用可能!

ZOOT NEXT

ZOOT NEXT

最大2ヶ月無料で試せるフレッツ対応プロバイダー!ZOOT NEXT

HAYABUSA

HAYABUSA

固定IPも可能なインターネットサービスプロバイダー!HAYABUSA

オープンサーキット

オープンサーキット

速度が気になるなら!IPv6対応のインターネットサービスプロバイダー

  • ZOOT NEXT(ISP)
  • HAYABUSAインターネット接続サービス(ISP)
  • 光コラボ比較
0