Amazonプライムの解約を解説!年会費3,900円が返金される裏技!?

Amazonプライムの解約を解説!年会費3,900円が返金される裏技!?

公開日:2016/12/9更新日:2018/11/19
facebook
twitter
line

ECサイトとして定番のAmazon。こちらにも、お得に使える有料会員サービス「Amazonプライム」があります。非常にお得で便利なサービスではありますが、解約を考える方のために、今回はこの「Amazonプライム」の解約についてしっかりご紹介していきます。

0

ECサイトとして定番のAmazonの有料会員

様々な商品を購入することがきるAmazon。
Amazonには年会費制の会員サービス「Amazonプライム会員」があります。年会費としては3,900円ですが、この会員になることで、お急ぎ便や日時指定便、会員限定先行タイムセールなども無料で利用でき、Amazonの提供するその他の動画配信サービス「プライム・ビデオ」や音楽配信サービス「Prime Music」など、様々なコンテンツが使えるようになる非常に便利な有料会員サービスなのです。
しかも最初の30日間は無料で利用できるようになっているので気軽に試すことができますよね!
けれども、実際に会員になってみたけどあまり使わなかったから解約したいという方や無料会員期間が終了する前に解約したいという方もいらっしゃいますよね。
そんなときのために、今回はこの「Amazonプライム会員」の解約についてご紹介していきます。

スマホを格安SIMに変えたいけど解約金が心配!そんなときはプロに相談!

Amazonプライムの年会費と返金

Amazonプライム会員の無料期間は30日間で、この無料期間を過ぎると有料会員となり通常の年会費3,900円がかかります。
無料会員のうちに解約しておきたい場合や、有料会員だけどあまり利用しないので解約したいという方は、解約手続きが必要ですのでしっかり行いましょう。
ちなみに、無料会員から有料会員には自動的に移行してしまいます。解約を忘れて3,900円が発生してしまった方に関して、もし一度もプライム特典を利用していない場合はご安心下さい。この年会費は返金してもらえるのです!実際にAmazonホームページに明記されています。

amazon_img_01

amazon_img_02

これはかなり嬉しいポイントですよね。無料期間に入会したまま解約を忘れて年会費が発生してしまったという方は是非試してみましょう!
スマホや固定回線の見直し!解約のお困りごとはこちらに相談!

Amazonプライム会員の解約方法

それでは早速Amazonプライムの解約方法についてご説明していきます。

  • 1. Amazonトップページの上部、「ヘルプ」amazon_img_03
  • 2. ヘルプのページのよくある質問の右横「Amazonプライムについて」をクリック
    「よくある質問」にカーソルを合わせると表示されるamazon_img_04
  • 3. Amazonプライムご利用方法の「Amazonプライム会員登録をキャンセルする・返金を受ける」をクリックamazon_img_05
  • 4. お困りですか?のオレンジの四角の中で表示されている「Amazonプライム会員登録をキャンセル」をクリックamazon_img_06
  • 5. 「会員資格が終了します。宜しいですか?」と表示された画面の右下オレンジの四角で表示される「会員資格を終了します」をクリックamazon_img_07
  • 6. Amazonのサインインの画面になるので、登録のメールアドレスやパスワードを登録していればそれらを入力し、「サインイン」をクリック
  • 7. Amazonプライム会員情報の管理画面が表示され、プライム会員資格の期限が表示されます。

以上で無料会員の解約ができます。
Amazonプライム特典一度も利用していない方の年会費の返金はこの解約時に登録のクレジットカードに返金されます。
もちろん返金や有料会員の解約・自動更新の停止なども上記③、④での入り方で手続きできますのでご安心ください。
通信費の見直し!解約の前に確認すべきこと!

おまけ~10個の特典を再確認~

念のため、Amazonプライム会員で受けられる特典を記載しておきます。
以外に知られていないサービスなどもあるので、是非確認して、それでも必要なければ解約に進みましょう。

お急ぎ便・日時指定便が無料

通常360円もしくは514円の料金が発生しますが、Amazonプライム会員なら無料で利用可能!(一部対象外あり)

特別取扱商品の取り扱い手数料無料

サイズの大きな商品など配送時に特別な取り扱いが必要な商品に関して手数料無料で購入可能!
(別途、配送方法やサービスが通常のものとは異なる商品に関しては有料)

家族と一緒に使い放題

会員本人以外に同居の家族2人まで家族会員として登録可能!
(別途、「Amazonプライム家族会員」を登録)

プライム会員限定先行タイムセール

Amazonのタイムセール商品を、通常より30分早く注文可能!

Amazonパントリー

食品・日用品を中心とした低価格の商品を1箱あたり290円の手数料で1点からでも購入可能!

Amazon定期おトク便のおまとめ割引

対象商品を割引価格で定期的にお届けする定期おトク便を同一住所に3件以上ある場合、おまとめ割引が適用!

プライム・ビデオ

プライム・ビデオ対象となる映画やTV番組をお使いのデバイスからいつでも視聴可能!

Prime Music

追加料金なく100万曲以上の楽曲を広告の表示なしで利用可能!

プライム・フォト

Amazon Driveに写真を容量無制限で保存可能!
携帯やカメラで撮った写真を何枚でも保存できるほか、写真意外のファイル保存先として5GBの無料ストレージも使用可能

kindleオーナーライブラリーの利用

対象の中から、1ヶ月に1冊、無料で読むことができるkindleオーナーライブラリーが利用可能!
(利用の際はkindleが必要)

改めて確認すると、こんなにもたくさんの特典があるということで、メリットとしては盛りだくさん!これらの特典を気兼ねなく使いたい方やAmazonを頻繁に利用する方はよく考えてからの方がいいかもしれません。動画配信や音楽配信などをそれぞれ別途契約している場合は、作品数の違いはありますがこのプライム会員の特典でも同様のサービスが利用できるのでこちらにまとめるのもアリです!
ぜひ、ご自身の利用状況などを考えて検討してみてください!
ネットやスマホの解約金が高い!達人に相談してみる!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
Amazonプライムの解約はホームページ上から行うかたちで、基本的には難しいことはなく簡単に手続きできるということがわかりましたね。
ただし、このプライム会員にはお得な特典がたくさんありますのでよく検討の上、判断してください!冒頭でもお伝えしたとおり、指定配送も無料で利用できるほか、家族会員としても無料登録、動画配信サービスや音楽配信サービスまでも追加料金なしで利用できてしまいます。解約するのは簡単ですが、もし動画配信サービスや音楽配信サービスを別途有料で契約している場合はAmazonプライムの特典で利用できるもので統一させたらより一層お得にこのプライム会員特典が利用できます。
検討のうえ解約する場合は是非この記事の解約方法を参考にしてみてくださいね。
スマホの料金を抑えたい!他社への乗り換えの前にこちらで無料相談!

0